2017年08月21日

ヒデキ=野獣?

 男子ゴルフの松山選手が、世界中から期待されていた優勝のかかった全米プロの試合で、一時はトップに躍り出たものの、最終的には5位に終わって悔し涙を流した。

 何故だかこの優勝を逃した翌日、優勝を逃したことではなく、実は結婚していたことが見出しにされていた。しかも子供もできていた、と。デイリーを除く5紙が松山選手を1面にしていたのだが、そのうちの4紙は松山選手がパパだったということを見出しにしている。東京中日だけが「悔し涙」と優勝を逃した結果を見出しにした。
 ただ、このパパになっていた事実については、海外メディアもビックリしており、更に驚いていたのは、日本のメディアも把握していなかったということ。
 ここ最近の松山選手の注目度の高さなら、そんじょそこらのゲス不倫で騒がれているB級タレントよりもよっぽど話題性があると思うのだが。全くマークされずに結婚生活を送っていたんだな、と彼のポーカーフェイスぶりに私も驚きである。

 7月ごろには、ニューヨーク・タイムズ電子版で「マツヤマをみてはいけない。マツヤマは自身に対する一番厳しい批評家だ」という論調を載せている。
 ショットを打った後に厳しい顔つきで首を傾げたりするので、どんな変な方向に飛んでいってしまったのだと思ったら、実際はピンそばやフェアウェイの真ん中につけていたりする、と。
 ああ、確かに。と頷く場面も多い。少しでもベストショットの感覚と打った時がズレていると厳しい顔をしてしまうのであろう。25歳にして喜怒哀楽の喜を滅多に出さないプレイヤーも珍しいもんである。
 そう、彼はまだ25歳なのである。イメージ的に老成した感じで、もっと年上でも納得できる。そして25歳にして一児のパパとは。決断力も早い。

 まあ、そんな海外メディアからの注目も高い松山英樹選手の、海外でのニックネームは「ビースト(野獣)」らしい。先日のブリヂストン招待での優勝後に、「怪物」から「野獣」に変更になったようだ。

 それにしても「ヒデキ」という日本人、海外では人間扱いを受けないのだな、と思ってしまう。松井秀喜も「ゴジラ」だった。まあ、これは日本にいたころからの愛称だが。松山選手なんかは怪物→野獣、ってどっちもどっちだな、と。せめて、「超人」とか。そんな名称にしていただけないだろうか、海外メディアの方々。


posted by 調査担当 at 07:20| Comment(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

勝った側より負けた側の怪

 この夏は、清宮君で始まった。そして、清宮君で終わるものと思っていた。
 甲子園に出て、108号、109号ホームランを打って、記録を塗り立てて…、観客動員数も桁外れな数字をたたき出して。というような。
 スポーツ紙1面記者もそれを肌で感じ取っていたに違いない。

 しかし、西東京地区決勝で、まさかの敗退。
 衝撃的だったし、翌日31日のスポーツ紙1面でも3紙が1面で清宮君敗退を取り上げていた。目を真っ赤に腫らした清宮君のアップの写真は、スポーツ紙記者の万感の思いも感じ取れる。かくして、8月いっぱい、甲子園での清宮君の勇姿が1面を飾ることは無くなったわけである。
 
 それにしても、だ。
 東海大菅生は、決勝でこの清宮君率いる早実を破った高校なのだが、甲子園決めたにも関わらず、エースの投げ切った写真もトップに載せてもらえないというのは、少し可哀想ではないだろうか。確かにみんな、清宮君を見たかったし、新記録樹立も期待していたが、やはり相当の練習を積み重ねて勝利した側の努力も認めてあげるべきだと思うのだ。

 同じ理由で、少し前の、プロデビュー公式戦連勝記録を塗り替えた14歳藤井君の記録を止めた佐々木勇気四段も、何だか勝ってはいけないようなメディアの雰囲気を恐らく感じ取っていたには違いない。その中で勝利したのだから、精神面もかなり強いと見受けられる。

 どうしても人間は肩入れする側と相対する側の心情を見過ごしがちだが、そちら側にも色々な努力や心情があるわけで。映画「卒業」の、結婚式で逃げられた新郎ではないが。

 なんだか相対する側にも、もう少しスポットを与えてあげるようなレアな新聞もあってもよいのではないだろうか。


posted by 調査担当 at 17:13| Comment(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「日本人」であることは、そこまで重要か

 常々思うことがある。
 日本は島国精神が根強い。
 特に、古くからの由緒あるスポーツを見ているとそう思う。ここ最近では、大相撲がその筆頭だろう。まあ、御前試合なんかで帝の御前で取り組みをしたり、神聖なスポーツだったわけで。今も日本人だって女性は土俵を踏めないという、かなり時代に即していないスポーツなわけだ。

 今回、大相撲名古屋場所12日目にして、1047勝をあげた横綱白鵬。つい先日、怪我のため大きな期待を寄せられていた稀勢の里が戦線離脱したところだった。久々の日本人力士だったため、連日稀勢の里報道ばかりだったのだが、白鵬の最多勝利記録更新もかかっている重要な意味を持つ場所だったのである。
 そして、木曜の名古屋場所12日目、とうとう現浅香山親方(魁皇)の記録に並ぶ1047勝をあげたのである。
 本日、金曜日のスポーツ紙1面は4紙が白鵬だった。まあ、デイリーはともかく。4紙白鵬で、少し安堵できた。今までこれでもかというくらい「日本人力士」である稀勢の里一辺倒だったので、そこまで排他的にならなくても…と思っていたのだが。無事に4紙1面で飾ってくれて、調査隊としては良かったと思っている。
 以前からこのブログ、白鵬に肩入れし過ぎなんじゃないかと思われている人もいるかもしれないが、朝青龍関とか、問題を起こしたり、はたまた横綱になっても結果を残せない力士が続出したり、八百長問題、部屋でのパワハラ問題などが勃発して、一時期相撲人気が低迷していたところを、白鵬がひとりで頑張って相撲界を支えてくれたと、私は感じているので、味方になってあげたいというのが、本音である。

 実際はそこまで相撲が好きなわけでも、必死に結果を追い続けているわけでもなく。逆にみなさんのほうが日本人力士に肩入れし過ぎなのでは?と思っているだけのことで。

 そして、恐らく今日か明日か、どちらにせよ近い将来、最多勝記録を更新することは間違いないだろう。
 その時、スポーツ紙はどういう扱いをするのか。
 また、大相撲の世界では、今でも日本国籍を持つものしか親方になれないという規則が残っているのだ。最多勝記録を樹立しても、10年も前に日本人女性と結婚している白鵬でも、日本国籍ではないと親方になれないのだ。
 これほど相撲界に貢献しており、強さも実証済なのだから、そういう凝り固まった日本特有の考え方を改めてはいかがだろうか。きっと、スポーツ紙記者の方々のなかにもそういう考えの方はおられることだろう。
 最多勝記録を樹立した際に1面にするときは、是非、この問題について、大きく取り上げていただきたいと思う。…とはいえ、本日の1面でも結構触れられていたのだが。
 でなければ、なぜ世界各国に出向いてまで、相撲界に勧誘してくるのだろう。大体、引退後に親方になるという道すら阻まれているのだったら、海外から勧誘してくるのはたんなる自己都合にすぎないではないかと、少しばかり苦言を呈したい。

 逆に、今回のこの親方問題は、相撲を世界的なスポーツにできる千載一遇のチャンスかもしれない…と思うのは私だけだろうか。


posted by 調査担当 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

少し中だるみなスポーツ紙1面の時期

 甲子園の時期がやってきた。
 あの観客動員数が半端ないスーパー高校生清宮君の、最後の夏がやってきた。

 今年の宣誓は清宮君だったのだが、前日のリハーサルは、混乱をきたすであろうという理由から、代理人が出席したとのこと。宣誓ごときでそんなに大騒ぎされるかね、と思うのだが、それなりに注目されていたようで。しかも、先日多くの人に勇気を与えつつも亡くなられた小林麻央さんのブログの言葉を引用しての宣誓は、とても心に響くものだった。
 彼は、人に伝えることもうまい。彼の言葉で、今まで感動させられたことは何度もある。
 上級生が引退する夏、結果は敗戦で終わったのだが、「生まれ変わってもまた、(今の上級生たちと)一緒にプレーしたい」とか。それらは「清宮語録」と巷ではよばれるほどである。…少なからず、上下関係の厳しい部活動で、また一緒にやりたいなんてと驚いた人もいるだろうが、やはり清宮君クラスになると、上級生もぐうの音も出ないのかもしれない。

 で、今年の宣誓だが。「野球を愛してます」というところから始まり。「野球の神様に愛されるように」と続く。麻央さんの言葉が心に残って…と後になって言っているので、海老蔵氏もブログで「感激した」とコメントしている。
 この本番の宣誓翌日、3紙が1面だった。ホームランを打ったわけでもなく。打点を伸ばしたわけでもなく。ただの宣誓で1面を3紙とれるとは。やはりリハーサルでの混乱を回避されるだけのことはある。

 ここ最近は特に1面の大きなネタがなかったからかもしれない。
 ほぼプロ野球のネタばかりが毎日続く。名古屋場所が始まって、稀勢の里が注目されていたが、活躍していたらもしかしたら5紙稀勢の里、などはあり得たと思う。が、どうにも不調でというより、痛めた左腕が完治していないらしい。で、1面になるのは、「休場せよ」という話ばかり。
 せっかくの空前の相撲ブームでも、1面の波に乗り切れない。
 なんだか、スポーツ界全体がモチベーション下がっている感がある。

 だからだろうか。1面調査隊の調査対象に入っていない唯一のスポーツ紙東京スポーツの1面が、1週間以上松居一代VS船越英一郎なのは…。
 そろそろ、飽きてきたのだが…。
 甲子園で新たな高校球児ヒーローが出てこないだろうか。日本列島を明るくするような。
 この夏の暑さを吹き飛ばすような、爽やかな活躍で、1面を彩っていただきたい。


posted by 調査担当 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

「負けました」

 3週目に突入。藤井君。14歳でここまで世間を騒がせたのは、かなり珍しいだろう。
 浅田真央選手が年齢の関係で五輪に出られるか出られないかの時もかなりフィーバーした気もするが…、それでも「大志」と書かれた扇が売り切れになったり、昼に頼んだ出前のメニューまで事細かに報じられたりなどというのは、前代未聞である。何てったって14歳の中学生だ。ポテトチップスを買い食いするようなお年頃である。麺が好きで出前も麺類ばかりだが、わたくし個人としては、「好きなモノ、頼んでるだけじゃん」と思うのだが、子供を秀才にしたい親御さんたちはこれから日々、麺類を食卓に並べるのかもしれない。

 「負けました」。そう、藤井君に、30戦目にして黒星がついてしまったのである。14歳であっても、「負けました」は屈辱的だろうなと思う。勝負の世界に生きている人間は、少なからず言いたくない台詞だ。きっと彼の心に、この日の対戦はいつまでも残ることだろう。そして負けてしまったのは、対戦相手の佐々木五段にだけではなかったのだ。デイリースポーツにも負けてしまったのだ。
 結局この黒星がついた対戦の翌日、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、東京中日スポーツまで、揃って「負けました」の1面だったのだが、デイリースポーツだけは阪神タイガースだったのだ。結局、1面ジャックは1度もとれなかったことになる。28勝目の1位タイ記録の際はサンケイスポーツに阻まれたが、29勝目、30戦目はデイリースポーツに阻まれたのだから、結果デイリーの壁の前に敗れ去ったと同じことだろう。
 そして6日木曜日の黒星後初の対戦では、苦戦しながらも勝利をあげて言ったセリフが「今まで通りとは思っていましたけど、前回負けてしまっているので、以前より若干勝敗にこだわる感じにはなったかもしれません」とのこと。14歳でこんなことを…と大人びた藤井君に青春を楽しめばいいのにと思ってしまうのは、昭和の人間だからだろうか。
 大人である自分よりずっと精神年齢高そうな藤井君に「負けました」。



posted by 調査担当 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

藤井君フィーバー

 ご存知かと思うが…。乳がんで闘病生活を送っていた、歌舞伎俳優市川海老蔵氏の愛妻、小林麻央さんが先週、亡くなられた。非常に心に響くブログで「生きる」意味をもう一度考えさせられた人も多いだろう。
 海老蔵氏の印象は、実は昔はよくなかった(麻布のBARでの暴行事件は、このブログでも取り上げたこともある)。だが、この麻央さんの乳がん発表後からの献身的な夫婦愛を見ていたら、本当に温かい家庭を築いて、かなりご自身、変わられたんだなと思わせられた。憔悴しきって、涙も隠さず麻央さんの死去を会見で話す海老蔵氏の姿は、日本中の心を打ったことであろう。
 それは、デイリースポーツですら例外ではなかった。
 そう、1面ジャックしたのである。ただ、これらは追悼の意を表して、という意味で、この場を借りて、1面調査隊からも心よりご冥福をお祈りしたい。残された小さなお子様二人も、健やかに育っていっていただきたいと思う。

 今週は、もう一つ大きな出来事があった。こちらは喜ばしいことである。
 史上最年少、前人未到、公式戦29連勝を果たした藤井四段棋士。
 今や時の人である。聡太といったら藤井だろう。
 大きなお世話だが、東京スポーツには、俳優の福士蒼汰の陰が薄くなり、改名の危機に陥っているとか何とかまで書いてあった。いやいや、ないない。と突っ込みながらも、今年産まれた男の子に「そうた」と名付ける親がいたら、きっと迷わず「聡太」にするんだろうなとも思う。
 そしてこの29連勝を果たして歴代1位となった翌日、1面ジャックはなったのか。

 なんと‼…デイリースポーツがその道を阻んだのである。前回の28連勝1位タイ記録の際はサンケイスポーツに阻まれたのだが、新記録を樹立したにも関わらず、1面ジャックにならないとは…。トーチュウはというと、何せ藤井君の出身地が愛知県瀬戸市だから、地元愛から、彼を外すことはまずないだろう。このまま連勝し続けて、中日ドラゴンズも天のいたずらでリーグ優勝したとして、その二つが被ってしまった翌日であれば、もしかしたらドラゴンズに軍配があがるかもしれない。

 それにしても、今の藤井君フィーバーで一番悔しい思いをしているのは、「週刊将棋」の編集長かもしれない。この週刊将棋、将棋人気の陰りをうけて、2016年3月に惜しまれつつも休刊になってしまったのである。まあ、ほとんどの人が「そんな媒体、あったんだ」くらいにしか思わないだろうけど。しかも、新聞ということすら知らないだろう。
 1年後の藤井君出現を予測できたなら(1年前も藤井君、将棋指してはいたが、これほどの強さではなかった)、まだ発刊していたんだろうなと思うと、編集長の悔しさは、察するに余りある。いや、また発刊しようと今、水面下で動いているのかもしれない。
 発刊するなら、今でしょ‼(林修先生風に)


posted by 調査担当 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

恐るべし、14歳。

 21日は、まさかまさかの将棋界の歴史を塗り替えた日になった。公式戦連勝記録を最年少棋士にして歴代最多タイに並んだ。
 そう。藤井聡太四段。まだ中学三年生。将棋を始めたのは6歳という。

 28連勝を記録し、今では連勝記録をどこまで伸ばせるか、常にメディアの注目の的になっている。対戦相手も非常にやりにくいことこの上ないだろう。なんといってもスポーツの世界でも、仕事でもそうだが、どれだけ平常心で臨めるかが、いいパフォーマンスに繋がると思うのだ。将棋ともなれば、雑念がどれほど集中力を切らしてしまうか。
 私自身はかじる程度にしか将棋をたしなまないが、相当脳味噌をフル回転させていることと思う。

 このタイ記録に並んだ対戦の翌日22日の朝刊、なんとデイリースポーツもトーチュウも、1面で藤井棋士だったのだ。
 これは1面ジャックか‼と思いきや、思わぬ伏兵、サンケイスポーツが。
 なんと単なる競馬予想。
 将棋はスポーツ・芸能とは一線を画したいのか、サンケイスポーツ。いやいや。今までも政治ネタが1面になったことだってあるだろう。スポーツ紙に限らず、1面は世間の注目度の高さを推し量るものだ。どう考えても、ここは藤井四段だろう‼とツッコミたくなったのは、私だけではあるまい。デイリー、トーチュウなら「あ、やっぱりね」と思えるものを…。

 それにしても、彼が対戦の時に必ず持っている「大志」と書かれた扇、ものすごい売れ行きらしい。今年産まれた男の子の名前ランキングに「聡太」が急浮上するのも、間違いないだろう。日本中の将棋教室がパンク寸前になるくらいに生徒が殺到するのも間違いないだろう。
 14歳にして、社会に与える影響の大きさは計り知れない。恐るべし、14歳。

 ちなみに彼は、新聞を1面から社会面まで毎日じっくり読むのが日課らしい。
 …我々、毎日何紙も何紙も1面から社会面まで読んでますが…、将棋は強くなれるんでしょうか(笑)。
 26日から始まる竜王戦で、新たな歴史的1ページとして記録を打ち立ててくれるのだろうか。その時は、サンケイスポーツも1面から外すということはないだろう。1面ジャックはすぐそこまできている…‼


posted by 調査担当 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

小さな巨人・・・?

 先週、13連敗という不本意な記録更新をしてしまったジャイアンツだが。
 このブログだけではあるまい、メディアでも相当叩かれていたようだ。さすがの巨人も奮起したようで、13連敗で記録を止めた。
 翌日の6月10日付はトーチュウ・デイリー除く4紙が1面。普通に1勝しただけなんだが…。「笑った‼止めた‼由伸監督」の見出しばかり。ただ、冷静に考えてみれば16日ぶりに勝ち星って…。その1勝、1面にするほどでもない、フツーの1勝では?と思ってしまうのは、私だけではあるまい。

 この若き監督を更迭も何もできないのか、巨人は別の動きを見せた。
 それがGM交代。堤氏が辞任し、鹿取元ヘッドコーチがGMに就任。小さいな、巨人。GMが交代したところで、選手のモチベーションは上がらないと思うし、結果に表れるとは思えないのだが。まあ、由伸監督を更迭したところで「結果を出せない俺らのせいだ」ともならないだろう。
 もともと大金をはたいて選手を集めているから、おカネでモチベーションというわけにもいかないだろうし。
 ただ、この上部刷新が、なんと3紙も1面を獲得した。どうやら注目度は高いらしい。色々な意味で注目を浴びている巨人。注目を浴びることで、逆に選手を奮起させるつもりなんだろうか。それに応えられる選手たちであればよいのだが。WBCなどをみていても、日本の選手はメディアに注目を浴びれば浴びるほどプレッシャーでいい仕事ができないタイプが多いのではないかという懸念もある。

 どうすべきか迷走している巨人を見ていて、見出しが頭に浮かんだ。今期、とりあえず連続ドラマで視聴率1位を獲得しているTBSの「小さな巨人」。全然別の意味の「巨人」だが。ああ…変なところで番宣をしてしまった。ちなみに、今週末最終回。半沢直樹の警察版。
 小さな巨人。9月には大きな巨人(巨人だから大きくて当たり前か)になってもどってくるのだろうか。がんばれ、巨人。


posted by 調査担当 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

とうとう更新!

 更新ときいて、グッドニュースと思うなかれ。
 バッドニュースもあるのだ。

 タイガースファンからしてみればグッドニュースかもしれないが。ここ数日、スポーツ紙1面を賑わせている記録更新。
 なんと、あの読売巨人軍が、木曜日のナイターで記録更新し、13連敗爆走中。いや、迷走中なのである。
 これまでは長嶋巨人だった時代につくった12連敗だったのが、長嶋さんの黒歴史を塗り替えてくれたのだ。巨人の1軍選手の年俸、恐らく他球団の倍以上のはずだが。それでも勝てない今年の巨人。
 ここ最近では永遠のライバル(と、虎ファンは思っているだろう)タイガースの調子もとても良いこともあり、ライバルとすら思われていないだろう。

 ただただ、日々○〇連敗中という見出しが1面を飾っている。監督・コーチの若返りをはかったのが、裏目に出てしまったのか。
 そもそも思うのだが、選手として能力が高い人=監督として能力が高いというのは間違いなのである。サッカーのオシム監督や岡田監督だって、選手だったときはパッとしなかった(と、思われる)。きっと成功までの道筋をカラダではなく、考えることに長けている人だったのだろう。まあ、イコールで結べる人もいるだろうけど。チャンピオンズリーグで先日優勝を果たしたF.C.バルセロナのジダン監督は、選手としても名を挙げた。原監督も連覇していたし。ただ、バルセロナも巨人も、相当選手集めにお金をつぎ込んでいる。原前監督が指揮していた以前から、高年俸の選手ばかり集めているので、勝てて当たり前のような球団である。それでこの13連敗はいただけないであろう。

 この連敗記録が続く限り、1面はどこかしらのスポーツ紙で飾ることができるだろう。このまま20連敗とかしてしまった日には、1面ジャックも夢ではない。不本意だろうが。

 由伸監督に、そんな黒歴史(あ、でも記録更新した時点で既に黒歴史か)を作らせないように、ジャイアンツの選手よ、奮起して差し上げようではないか。


posted by 調査担当 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

引退宣言

 今週の衝撃的出来事といえば、宮里藍選手の引退発表だろう。
 情報ニュースでも何度も記者会見の様子も流れていたし、スポーツ紙のみならず、全国紙でも大きく取りざたされた。
 宮里藍選手は、当時の最年少アマチュア優勝記録を打ち立て、渡米し、アメリカ女子ツアー参戦の今の若い子たちのパイオニアとなった存在だった。
 あまりに若い時から活躍していたので、まだ31歳だったというのが、不思議である。
 その引退理由も、「モチベーション」というから、切ない。幼いころからゴルフクラブを握ってきたその生活を、すっぱりと断つといういうのは、相当な覚悟がいることであっただろう。
 フィギュアスケートの浅田真央選手の時ほどではなかったが、今までの苦労をねぎらうかのように、彼女の笑顔とともにスポーツ紙各紙1面でも引退発表を取り上げていた。結局、デイリースポーツやトーチュウには阻まれたが(トーチュウは、インディカーレースで佐藤琢磨選手が優勝したので、致し方ないとするが)。
 高齢になっても続けられるスポーツのひとつだと思っていたゴルフで、31歳の若さで引退というのは、今現役で続けている人たちにとっても衝撃が大きかったことと思う。ここ最近、その業界をずっと引っ張ってきた人たちの引退宣言が続いており、少しばかり寂しい気持ちになる。

 さてさて。引退繋がりと言えば、弊社でも引退に関わる大きな出来事が。
 35歳の若手管理職だったOさんが、5月31日をもって、退職したのだ。転職ではなく。物書きになりたいということで。
 これは事実上の引退宣言にも捉えられるではないか。
 だが、彼の新しい人生への一歩へ向けて、ここでも一言、エールを送らせていただきたい。
 今まで、色々有難う。Oさんらしい生き方を見つけてください。彩り豊かな、実りある人生になりますよう、祈っています。


posted by 調査担当 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする