2015年12月25日

騎手とかけ、今年の顔ととく…その心は、ウマにのるでしょう‼

 毎年、この時期は何を書こうか迷った挙句にその年の総括になっている。
 まあ、仕方ない。何せ毎日のように有馬記念の予想オンパレードだからだ。今年は北島三郎氏の馬が勝ったこともあって、有馬記念予想の1面でもサブちゃんが顔を出している。
 紅白引退を発表した年くらいしか1面でみることのなかったサブちゃんが、馬主としてなら1面にこんなにも載るんだ…としみじみ感じてしまった。
 ウマの力は偉大なり。そういえばアメトークでも先月あたり、馬大好き芸人特集もやっていたし。今年の有馬予想の1面で芸人も予想していたな。思えば、この1面で予想するのって、毎年その年の「顔」になった芸人さんやアスリートばかりだ。ただし、ウマ大好き芸人に出演していた芸人さんたちは有馬予想には出られず。何故なら、旬を過ぎた芸人さんたちだから。辛いものだ。
 その意味で言えば、有馬記念の予想タレント(アスリート)も、その年の総括でもあるのかもしれない。
 今年は「とにかく明るい安村」や、「トレンディエンジェル」が予想タレントで1面にドでかく出ている。M−1に優勝しても、流行語にノミネートされても1面獲りにまでは手が届かなかった彼らも、ウマの力を借りれば何のその。1面を簡単に獲れてしまうのである。
 そして今年大きな話題となったのは何といってもラグビー日本代表。あれほどスポーツ紙に冷遇され続けた彼らも、なんと有馬予想で1面に食らいついたのだ。
 さすがに競馬に興味ない選手を予想に引っ張りこむのは難しかったらしいが、「五郎丸じゃない…」と枕詞をつけながらも日本代表選手に予想させて1面に載せるという、スポーツ紙記者も姑息な手を使ってきた。まあ、五郎丸選手の陰に隠れていた代表選手にも光があたるわけだし、これぞWIN―WINの関係というものだろうか。
 と、毎年「ああ、今年も有馬記念の予想か」と思ってきてはいたのだが、それなりにスポーツ紙記者も手を抜いてのことではなく、総括として「今年の顔」をウマの力を借りて1面に出していたのではないかと、思い至ったのである。
 そう考えれば、1面調査隊と同じく、年末のスポーツ紙は競馬ばかりでつまらんとため息をついている読者の方々にも、これからは別の見方を提供できるのではないかと思えるのだ。
 まあ、この有馬予想でも流行語でも、8.6秒バズーカはとにかく明るい安村に負けたんだな、と余計なお世話ながら思ってしまった。
 どちらも一発屋にならずに、長い芸能生活を送れるよう、健闘を祈る。

 最後になりましたが、今年もこのブログとジャパン通信社をご愛顧いただき、ありがとうございました。引き続き、来年もよろしくお願いいたします。




posted by 調査担当 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。