2016年01月29日

ナショナリズムへのあえての苦言

 1面ジャックなるか、と思った琴奨菊の日本人力士として10年ぶりの優勝というおめでたい話題は、どうやらスポーツ紙記者の心を打ったようである。
 優勝した翌日の25日、スポーツ紙1面は琴奨菊の大見出しでいっぱいだった。内助の功で琴奨菊を助けてきた奥様と一緒に、デカデカとアップの写真だ。のみならず、24日当日は号外まで配られたのである。
 年明け早々、芸能ネタでのゴシップと、ビッグカップルの結婚発表などでスポーツ紙なのにスポーツネタが追いやられていた2016年だが、ようやくアスリートが1面をしめることになった。ただし、この琴奨菊の優勝も、デイリースポーツだけは我関せずだった。
 1面ジャックとならなかったのは、もしかしたら、この優勝が東京・両国国技館での優勝だったからかもしれない。大阪であれば、デイリースポーツも地元の熱狂をうけて1面にしていたかもしれない。

 うん、まあ、スポーツ紙記者が1面に琴奨菊を飾りたいのはいいとしよう。10年ぶりの日本人力士の優勝だし、3横綱を破っての堂々とした優勝だったのだから。

 ただ、モンゴル力士は敵ではない、とだけ苦言を呈したい。不甲斐ない相撲を今までとってきたのが日本人力士だったのではないか、とも思う。
 なぜこの後の横綱審議会において、3場所続けて優勝を逃している白鵬について「あれは何だ」とのイチャモンがついたそうだ。
 最初にいっておくが、私は特に白鵬のファンではない。相撲に関して深い知識があるわけでもない。だが、3人現状では横綱がいるなかで、3場所優勝取れないことだって、そりゃあるだろう。今まで白鵬が連勝を重ねていた時、他の2横綱に対して、審議会はイチャモンをつけていたのだろうか。猫だましの技を使ったときもそうだが、朝青龍関がぬけてからの日本の相撲を守ってきてくれた人に対して、何だか厳しすぎやしないだろうか。

 重ねて言っておくが、特に白鵬のファンではないし、琴奨菊関のファンでもない。
 だが、そういう第3者から見ても、これは依怙贔屓に値するのではないかと思う扱いに感じてしまうのだ。

 全然ナショナリズムを感じないスポーツになってしまっているではないか。全然「お・も・て・な・し」ではないではないか。あらゆる国に出向いて相撲の世界にスカウトしてきているのは、我々日本人ではないのか?
 異国の慣れない文化のなかで頑張っているスポーツ選手を、なぜ敵のように扱うのだろうか…と、今週一週間のスポーツ紙・スポーツニュースをみて感じてしまった。同じ思いをしている日本人もいるらしく、全国紙などの投書欄にも同一内容のことが書かれてあったものもある。
 もう少し、インターナショナルな気持ちでいろんなスポーツを見守ってあげていただきたい、とそう思わせられた。


posted by 調査担当 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

年始早々1面ジャック‼

 さすがの国民的アイドルSMAP‼
 スポーツ紙6紙の1面をごっそりと掻っ攫っていった。お見事、としか言いようがない。生放送での去就に対する言及、しかもゴールデンタイムのレギュラー番組。翌朝の1面に、まだまだ間に合いますぜ、的な時間での会見。前もって番組内容を変更しての会見があることも知らせてあった。最近視聴率が低迷していたスマスマも、この日ばかりは瞬間最高視聴率37.2%だった。ちなみに、この時間、ツイッターもパンクした。スゴイ。
 1面は空けとけよオーラが半端ないやり口である。
 
だが、アジア圏のみならず世界中のメディアでもこのSMAP解散危機に関しては報道されていたくらいだから、1面を獲るチカラは十分にあったであろう。デイリースポーツやトーチュウを攻略できるか否かの問題だっただけで。

 それでもやはり、SMAPのメンバーを見ない日はないくらいに、芸能界では当たり前のように存在していた彼らが、ピン活動がここ最近は増えていたと言えども、「SMAP」の一員であるということを再認識させられた事件であった。…まあ、それと同時に彼らをひざまずかせるジャニーズ事務所の力ってどんなに強大なんだろうと思ってしまう。
 最近ではEXILE系も業界を席巻しており、ジャニーズを脅かしているとも思っていたのだが、いやいや、まだまだなんだろう。
 恐るべし、ジャニーさん。恐るべし、メリー副社長。ちなみに、メリーさんはジャニーさんのお姉さんである。84歳ジャニーと89歳メリー。芸能界のドンである。

 この事件の真っただ中、北野武やさんまやタモリなど、それこそ今考えられる重鎮らもコメントを求められていたが、はっきりとは口出しできない感じだったからなあ。やはりジャニーズ事務所のパワーは相当なモノなんだろう。

 もし、解散となってこれほど社会現象になるようなグループといえば、今やAKB48くらいなのではないだろうか。
 ただ、秋元さんもそれほど「ドン」ぷりを発揮していないから、円満解散なんだろうな。アキバに集う輩の反応がスポーツ紙1面を飾るのは間違いないだろう。

 そのxデーはいつになるのか。くるのかこないのか。
 その時、1面ジャックはなるのだろうか。国民的か否か、そこで決するのであろう。


posted by 調査担当 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

2016年年始から芸能界は波乱の予感

 明けましておめでとうございます。
 今年もジャパン通信社とこのブログをどうぞご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 では。早速。
 年末年始。…のことが、すっかり忘れ去られてしまうくらい、年始のスクープ合戦で芸能界に激震が走っているのだが。

 まずは記憶と記録に残してあげたいという思いから。日本女子サッカー代表の澤穂希選手が、年末に引退発表していたのだが、その最後の試合となる皇后杯決勝でなんと決勝弾を決めて、ここぞというときの勝負強さを見せつけて有終の美を飾ったのである。
 まあ、彼女が所属するINAK神戸は関西のチームだし、ここはさすがにデイリースポーツも澤選手を1面にしていたのである。これは1面ジャックでこちらも有終の美だろうと思っていたのだが、今度はトーチュウの地元愛がさく裂した。
 女子フィギュア浅田真央選手の世界切符が1面。レジェンドと呼ばれた澤選手も、トーチュウの熱い地元愛の前には力を発揮できなかったようで、残念ならがデイリーを攻略したものの、5紙1面で選手生活を終えたのである。

 年明けて、毎年恒例の箱根駅伝。青山学院大学が一度もトップの座を譲らずに完全優勝を成し遂げた。
 とはいえ。やはり関西のデイリーは箱根駅伝にはこれっぽっちも興味がない。統計を取り始めて5年くらいたつが、一度も往路・復路どちらか一方でも1面をとったことはない。デイリーのVS関東への対抗心だろうか…。この際、同志社大とか立命館大とかも参加させてしまえばよいものを。山梨学院大学までは出場できるのに…。甲信越もどこまでなのだろう。
 結局青山学院大学のこの完全優勝の1面もデイリーに阻まれ5紙止まり。

 とスポーツで不完全燃焼だった年末年始の1面だが、突如年始からスクープ合戦がはじまったのである。笑うもの、泣くもの。それぞれにドラマあり。
 まず元旦からスクープを1面に持ってきたスポーツニッポン。テレビの情報番組「スッキリ」の司会ふたりが熱愛との報道。これに対してブチ切れ会見をこの当事者たちが開いたのだが、何とスポーツニッポンは取材拒否されたのである。せっかくスクープと思ったら手痛いしっぺ返しを年明け早々くらったようだ。
 泣いたのはスポーツ紙記者だけではない。あの明るく元気なイメージを売りにしているタレントのベッキーが不倫騒動。初スキャンダルで、かなりのダメージである。会見を開いた様子が3紙1面になっていたが、まだまだ尾は引きそうな感じである。
 …と思っていたら、ベッキーに救世主。北川景子とDAIGOがついに入籍したのである。記者会見を見ていてもこちらもつい笑顔になってしまうくらい幸せそうな二人だった。こちらも大々的に「ザ・結婚発表」という感じ(報告と、指輪をみせるやつ)で、ガッチリと2紙1面。

 さあこれで芸能界にも幸せムードが漂うか…と思いきや。
 国民的アイドルSMAPの解散報道‼スクープで13日付朝刊で2紙1面。14日付続報で4紙1面。まさに芸能界に激震が走ったのである。

 年明け早々、スポーツ紙の芸能デスクは大忙しに違いない。
 だが、本当に解散になったとき、これ以上の忙しさは覚悟しておいたほうがいいだろう。
 …それでも、SMAPをもってしても、北川景子・DAIGOをもってしても、ベッキーをもってしても、1面はなかなか獲れないようだ。
 2016年、最初の1面ジャックは誰の手に渡るのだろうか。


posted by 調査担当 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする