2016年02月05日

激動の年、2016

 ベッキー騒動やSMAP騒動に明け暮れた2016年1月がようやく終わり、相撲界で日本人力士の10年ぶりの優勝で明るいスポーツ1面が戻ってきたかと思われたのだが。
 月が変わり2月。なんと驚きのニュースが飛び込んできた。
 元プロ野球選手の清原和博氏が覚せい剤所持で逮捕と。
 テレビでもネットでも深夜に速報が流れたくらいに、日本列島に衝撃が走った。
 深夜ということもあって、翌日3日の朝刊にはデイリーとスポーツ報知は間に合わなかったようだ…。どうなんだろう、もしかしたら、あえてだったのかもしれない。元々大阪PL学園出身の清原選手、そして巨人軍にも在籍していたことのある清原選手を、この2紙は親心として信じたかったのかもしれない。まだ、容疑者だ、ということで。
 だがしかし、事実は残酷だった。
 4日の朝刊に出たのは、逮捕時の状況。片手に注射器、机に覚せい剤という…。 
 4日の朝刊は、悲しいかな、1面ジャックしてしまったのである。

 1月はSMAP存続で1面ジャック、2月は清原の逮捕で1面ジャック。
 2015年、なかなか出なかった1面ジャックが、2016年は立て続けにこの短期間ででてしまった。しかもあまり国民が笑顔になれる話題ではなく…。SMAPのことも、そもそも解散騒動から始まってのことなので、歓迎されるネタではなかったはずだ。

 確かに、社会的に影響の大きい彼らだからこその、マイナスネタでも1面ジャックなのだろう。ただ、そこに国民の幸せと笑顔はない気がする…。

 もうすぐ3月。4月になればこのブログもなんと7年目に突入する。
 なんだか、これほど激動の年明けは初めての気がする(大震災の年も、3月11日までは平凡なキャンプ記事ばかりだったので)。
 だが、喜ばしくはない。
 もっと明るい1面ジャックが日本列島を駆け巡ることを期待したいと思う。




posted by 調査担当 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。