2016年04月28日

チャリティー精神

 前回のブログで、九州出身のアスリートの活躍やそれを扱ったスポーツ紙1面をここで取り上げていきたいと書いた。
 が、今週に入ってその勢いは下火傾向になりつつある。

 そんな中、一人気を吐いたアスリートがいた。とはいえ、1面で扱ってくれたのはサンケイスポーツ1紙のみ。しかも、その活躍した試合が産経系列主催のフジサンケイクラシックなのだから、まあ、1面になるべくしてなったか。
 ただ、この日の試合では、「我こそが」と力を発揮していたのは大山選手だけではない。
 優勝した大山志保選手は、高校生活3年間のあと、下積み時代を含めると、7年間熊本で過ごした、被災地にとても縁のある選手である。そして、トップと1打差で2位に終わった笠りつ子選手も、熊本出身。彼女も「熊本に元気を届けたい」と息巻いていた。
 どちらが勝っても熊本県民に勇気と元気をあげられたのは間違いない。

 そして優勝した大山選手、何と優勝賞金1440万円を全額熊本に寄付したのである。
 実は彼女、熊本出身だからと今回だけ寄付しているわけではないのである。今回はもちろん思い入れも強く、大会前から全額寄付することは決めていたようだが、2011年の東日本大震災の折も500万円の寄付、2015年のヨネックスレディスの優勝賞金は、開催地新潟が2007年の新潟県中越沖地震の被災地だったため、この時も全額寄付という、ものすごくボランティア精神に溢れた粋な方なのである。
 もちろん、過去に年間の賞金女王になっているくらいだから、ある程度の稼ぎはあるのだろう。だが、全額寄付を2度もできるって、相当のチャリティー精神がないとできないことだと思う。今までの寄付金額、今回のを含めると、5000万を超えるというからスゴイ。自分が熊本出身だったら、きっとこんなに故郷を想ってくれる人の存在を、本当にありがたく思っていただろう。
 できれば、もっともっと1面で扱ってもらいたかったな、というのが1面調査隊の想いでもある。何故なら、サンケイスポーツ系列は基本的に東京・大阪・北海道が中心だからだ。九州でも出回っているスポーツ紙でもっと取り上げてもらえたら、きっともっと多くの被災地の人の目に触れたに違いないと思うのだ…。
 当の大山選手のメールには、被災地の友人から「ガッツポーズ見たよ。元気になる‼」などのコメントが寄せられたそうなので、恐らくフジ系列のTVは流されていたのであろう。

 大山選手が不運だったのは、海を越えた大陸で、ルーキーイヤーとなるマエケンが、史上最高の新人と言われるほどの活躍をしてしまったことだろうか(いや、日本人としては嬉しいことなのだが)。こちらも2紙のみだったとはいえ、やはり大リーグでの活躍はめざましく、大々的にテレビのニュースでも取り上げられていた。多分、こんな時期じゃなければ、マエケンをこのブログでも取り上げていたんだろうなと思う。

 だが、先週ここで約束をかわした通り、九州出身アスリートの活躍を優先でしばらくいきたいと思うので、少しでも被災地の方々に彼らの思いが届くことを願っている。


posted by 調査担当 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

我々にできること

 まずは今回、甚大な被害に見舞われた被災地の方々には、謹んでお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
 また、被災地にて懸命な救助活動に参加されている関係者の方々にも、謝意と敬意を表します。

 弊社にとっても大切な存在である、既に定年退職している前々社長(弊社ブログが立ち上がった際、猫好き社長のブログとして評判だった、あの方です)が、実は現在、熊本在住です。
 そのS氏から、先日無事だったとのメールが届き、本当に安堵いたしました。未だに続く余震もあり、土砂災害などの2次災害も増えているので、まだまだ安心はできませんが、「不死身です」と最後にあったのが、こちらとしても心強かったです。励まさねばならない私たちが、逆にその言葉で勇気をもらったような気がします。



 我々にできることってなんだろうと、考えました。

 17日付のネット上で話題になっていた愛媛新聞のスポーツ面、ご覧になった方、いますか。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/17/news019.html

何て粋なことをするんだろう!と、私も感動しました。
 この見出しを考えたのは、40代の整理部男性だそうです。「被災地のために、新聞記者として何かできないか」と思い、その思いが詰まったスポーツ面になったわけです。

 また、東北地方の20日付のテレビのタイムテーブル欄。午後6時55分からのプロ野球楽天戦で、タテ読みしてみると、「今度は支える番」と。こちらは河北新報をはじめとする、東北放送が放映される地域のテレビ欄ならご覧になれるかと思います。

ネットではこうですね。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/20/tohoku-housou-message-kahoku-shinpou_n_9736012.html

 新聞記者ではない私は、とりあえず週末に、銀座にある熊本のアンテナショップを訪れました。
 つい先日、大通りを挟んだ向かいに東急プラザ銀座がオープンしたばかりで、そちらのお客さんも、熊本館を発見して熊本のために何かしようと思うのでしょう、今までみたことないくらいに熊本館の前には行列が出来ていました。私が土曜日の15時くらいに並んだときは、入場制限もしており、30人から40人くらい、外に並んでいたように思います。
 みなさん、熊本館で何かしら買って帰ったり、中にも設置されている義援金箱に寄付したり、自分たちが今できることをやろうとされていました。

 たまたま、並んでいる横を、「こんなん、熊本の一企業のちょっとの売り上げにしかならん。ただの自己満足やろ」とわざわざ口に出して通り過ぎて行った人がいました。
 自己満足、確かにそうなのかもしれません。それでも、何かしたい、何かやろうと思って動く人と、動かずに批判だけする人は、やはり違うと思います。

 日本もまだまだ捨てたものではない、と感じられました。
 ネットで情報が錯そうしたり、ネット上でライオンが逃げたなどのデマを流す不届き者も中にはいますが、日本も、周りの国々も、みな被災地を心から応援しています。

 その中で、スポーツ紙の記者たちは、自分たちができることとして、1面見出しにとりあげることを優先にしてくれたようです。
 ソフトバンクホークスの活躍、熊本出身の選手の活躍、九州出身の選手の活躍を、わざわざ出身地を見出しにあげて1面にしていました。
 震災後から、ほとんどの1面がそれらの選手で埋め尽くされています。
 選手は自分たちができることを考え、被災地の人が少しでも元気がでるよう、活躍することだと思い、スポーツ紙記者はそれら選手の活躍を、うまく拾い上げて被災地に向けて発信していくという、無言の連携が出来ていたわけです。一種の絆だと思いますね。

 ですから、我々1面調査隊は、その1面の扱いを、きちんとブログで発信していく、ということが重要だと思いました。

 1面調査隊として、できるだけ彼らの行動を、言葉に表して、ここで伝えていきたいと思っています。

 心温まる記事を最後に。
 熊本県の江南中学校の校庭に、16日白線で「のみ水ください」と書かれてありました。17日の夜には、全国から続々と水をはじめとする救援物資が届いたそうです。
 それをうけて、生徒たちが再び白線で校庭にお礼を書いてくれました。
 こちらがそれです。

http://fundo.jp/65976

「のみ水ありがとう がんばるけん」

 辛い状況の中、それでもお礼を書いてくれたのです。全く知らない子供たちですが、本当に心から応援したくなります。

 今は辛いかもしれませんが、彼らや、被災して避難所生活を送られている方々が、数年後は笑顔で「それでも、やっぱり日本に生まれてよかった。」と言ってくれるような、そんな国であってほしいと願います。そう思えるような、勇気を与えられる情報を、少しずつでもここで開示していけたら、と思います。


P.S. 1面調査隊のブログの文体がいつもと違うと思われるかもしれませんが、いつも通り、Henryです。


posted by 調査担当 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

プロの世界

 今週は何を書こうか、一覧を見ていて思ったのは、やはり黒い疑惑があっても何だかんだで野球はスポーツ紙において絶対的地位にあるのだな、ということだ。

 9日朝刊、男子水泳平泳ぎの北島康介選手が引退発表をした見出しが、3紙の1面に掲載された。

 果たして、それは妥当な数字なのか。

水泳において2大会連続個人平泳ぎでの金メダル、及びロンドン五輪では団体にてメダルを獲得。自分の競技生活内以外のところでも、小学生たちに水泳教室を開いたり、公私ともに水泳界を牽引してきた第一人者が、引退したのである。あれほど「なんも言えねえ」とか「超気持ちいい」などと言った彼ならではの発言をフューチャーしてレジェンド扱いしていた割に、引退に関しては「3紙かよ」とツッコミをいれたくなるくらい拍子抜けの結果だった。

野球に続いてバドミントンでも違法賭博が問題になっており、薬(薬物以外にもドーピングも)やら反社会的勢力とのつながりとか、スポーツ界全体があまりよろしくない話題であふれている今、彼のような、周囲から信頼・尊敬される選手にもう少し敬意を払ってもよかったのではないだろうか。
スポーツ紙1面だけじゃなく、News23に北島康介が出演した際のインタビュアーの失礼な質問にも腹がたつ。
「決勝は気が抜けて力が出せなかったですか」「やっぱり北島さんも人間だったということですねえ」みたいなことを連発していた。これでもプロなんだろうか、と思ったのは、私だけではないだろう。北島康介のほうがどんな失礼なことを言われても笑って答えていたのが、大人に見えた。

 プロ。その道のプロの仕事を垣間見るというのが、結構好きだ。
 そのため、お仕事小説にはかなり惹かれて色々読み漁ってきた。本だけでなく、ドラマ・漫画にしても。
 今クール、漫画雑誌の編集者が主人公の「重版出来(じゅうはんしゅったい)」という漫画が原作のドラマが注目を浴びている(第一回はすでに放送済)。そして、主演は今ノリに乗っている黒木華。
 元女子柔道のオリンピック候補だったが、怪我でその道を断念し、人生において様々な場面で力と勇気をくれたマンガの世界でお手伝いをする編集の道を志した女の子の話である。第一話を見たが、それなりに面白かった。原作のファンの人に意見は聞いていないが、
それなりにいい出来栄えじゃないかと思う。しかも、黒木華の柔道背負い投げの場面が何度か出てくるが、それなりにサマになっていた。(柔道界のみなさま、「YAWARA‼」以来の、柔道注目シーズンが到来かもしれません‼もちろん、ドラマでも日本女子体育大学なので、暑苦しい男子部員はでておりませんが…今こそ柔道の魅力を前面に出していきましょう!)
 かくいう私は、軽量級の柔道は投げ技が多く、スピードもあって、かなり好きである。このブログ上では1面をとれないことをネタにはしているが、それなりに頑張ってほしいと思っている一人ではあるのだ。
 漫画家の仕事っぷりも色々見せてもらえるし、出版社の営業の話題、書店とのつながりも含め、我々の業界としてはかなり興味をそそられるドラマである。

 同じようなドラマ・漫画として、「働きマン」(安野モヨコ著)という漫画があったのをご存じだろうか。こちらは週刊誌(それこそ、今をときめくセンテンススプリング側)の作り手の内情を深く掘り下げていて、とても好きだった。ちなみに菅野美穂主演でドラマ化もされているが(Huluでも配信中)、どうもドラマのほうは必要以上に恋愛を絡めすぎていて、お仕事ドラマというより、恋愛ドラマに絡めたお仕事になっている感じだったので、ドラマのほうがおススメである。
 同じ週刊誌の記者を題材にしたものだと、リストラ請負人を主人公にした「借金取りの王子」(垣根涼介著)の続編にあたる「張り込み姫」というものがあり、売り上げが落ちている週刊誌の社員のうちのひとりの女性にスポットをあてている。このリストラ請負人のシリーズは、色々な仕事の実情が見えて、大変面白い。ちなみにNHKで坂口憲二主演でドラマ化されたこともある(ただし、「張り込み姫」の話はその中になかったかと思う)。

 また、地方紙の記者を主人公にした横山秀夫著「クライマーズ・ハイ」、小説は秀逸である。ドラマ・映画化もされたが、NHKのドラマよりは、堤真一出演の映画のほうをお勧めしたい。御巣鷹山に墜落した日航機をめぐる地方紙記者の奮闘を描いたものである。こうやって取材に命をかけているのか、とも思い、日々、仕事で扱う地方紙にもより一層の愛着がわいてしまった。

 全国紙の記者を題材としたものだと、最近の小説だが、仙川環著「吠えろ! 坂巻記者」とその続編がある。読みやすさからすると、上のクライマーズ・ハイよりも読みやすいだろう。こちらは全国紙の生活情報を扱う部署に配属になった女性記者の話。とんでもない上司(題名にある坂巻記者が、その上司)のもと、色々なことを学んで成長していくという、主人公の成長ストーリー王道パターンである。

 まだまだ他にも業界に関わるお仕事ドラマ・本・漫画・映画を紹介したいのだが、たくさんありすぎて、ブログにしては長くなってしまいそうなので、今日はこれくらいにしておきたい。
 で、こんなに話題がそれて何を言いたかったかと言えば、スポーツ紙記者を主人公にした本やドラマがあまりない、ということだ。スポーツ紙編集室でのある日の出来事、みたいなものをこのブログ上で書くことはあったけれども。(前出の「YAWARA‼」では、松田記者がスポーツ紙記者として準主役的なポジションだったっけ。あと、夕刊紙の記者を主人公にした「タブロイド」というドラマもあったなあ。常盤貴子と真田広之主演だったかな。でも冤罪を主軸にした硬派な話題で、ちょっとスポーツ紙の記者のような笑いもとれそうな方向には結びつかなかった。)
 スポーツ紙記者はドラマにしにくいのだろうか。是非とも、本なりドラマなりにしてもらえたら…と思う。
 そうすれば、もっともっとスポーツ紙の1面の役割とか、そこにかける記者たちの記者魂を理解してもらえるのかなあと思うのだ。

 スポーツ紙業界をもっと盛り上げていくために、我々1面調査隊も全面的に協力したいと思っている次第である。で、できれば、そのスポーツ紙記者の小説だかドラマだか、漫画が出来たら、クリッピング会社も取り上げてくれたら嬉しい…。
 いや。寧ろクリッピング会社を小説にしたらどうだろう。うん。物凄く熱いドラマチックなものにして。知名度もグッとアップするに違いない。それなら、全国紙もスポーツ紙記者も雑誌編集者もうまく題材に取り込めるから、いろんな意味でWINWINの関係の小説が誕生するだろう。いかがだろうか。


posted by 調査担当 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

センテンス・スプリングのおこぼれに乗っかるな

 この1週間、本当に野球ばかりだった。
 
 今日にいたっては、朝のテレビのトップニュースでも、全国紙の1面をも飾っていた、バドミントン男子日本代表選手の違法カジノ疑惑が、何故かスポーツ紙では1紙も1面を飾っていないという…。もちろん、それを差し置いて1面を飾っていたのは、プロ野球。

 バドミントンじゃあ、地味なのかと思っていたら、同じラケット競技、卓球女子が1紙だけ1面を飾っていた。野球や相撲の違法賭博ではあんなに1面で大騒ぎしていたのに、バドミントンになると、そんなにトーンダウンしてしまうのか…と別の意味で可哀想になってしまったのは、私だけだろうか。

 その卓球女子だが、あの福原愛選手である。未だに泣きながらラケットを振る映像がたびたび使われるくらい、少女時代から卓球少女として注目を浴びてきた。彼女もそして今は27歳という微妙なお年頃。確か早稲田大学在籍中、同じラケット繋がりか、錦織圭選手と手つなぎデートを1面でスクープされていたこともあった。
 もちろん、このブログでも書かせていただいた。

 そして、今回、そもそものスクープはまたしてもセンテンススプリング‼きっとこのワード、今年の流行語大賞を獲るに違いない。
 センテンススプリングのスクープをうけて、ホームページで愛ちゃんが自ら交際宣言を載せており、それを受けての本日7日日刊スポーツの朝刊1面なのである。
 日刊スポーツのスクープ部隊はとりあえず、何も動いていない様子である。

 こうなると、俄然スポーツ紙の記者も芸能人を張るのをやめてしまうのではないだろうか。センテンススプリングの記者にくっついていれば、何かスクープが獲れるんじゃないかという、安易な発想に走られると、スポーツ紙が本当にシーズン中は野球一筋になってしまって、つまらなくなってしまう。
 芸能ネタにも、もう少し力を注いで、センテンススプリングに負けないくらいのドでかいスクープをモノにしてくれないかなあと思ってしまう1面調査隊なのである。

 何故なら、週刊誌の1面(表紙)見比べは、していないから!


posted by 調査担当 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

やはり野球は強かった。

 早いもので、3月も残すところあとわずか。
 ということは…そう、プロ野球開幕の季節なのだ。
 スポーツ紙の1面は、先週まであれほど歪んだプロ野球の黒い部分を1面で叩いていた割に、今週開幕した途端、しかも渦中の巨人が開幕早々、3タテで勝利しているのを、1面で称えている。
 不思議だ。
 本当に何もなかったのごとく、である。
 ちなみに、開幕戦での勝利に関しては、トーチュウとデイリーがそれぞれドラゴンズとタイガースを扱っている以外、他4紙は由伸監督一本である。巨人に関しては、見出しから「独占手記 由伸監督」である。
 スポーツ紙記者も平然と巨人の勝利を称えているのもスゴイが、あれほどメディアに叩かれ、内部調査など行われて心身ともに疲労困憊しているのではないかと思われた巨人も、開幕3連勝しているのを見ると、相当鉄の心臓を持っているのだなと思ってしまう。
 ちょっとやそっとで折れてしまうくらいではやはり大舞台で活躍はできないのであろう。

 まあ、そんなこんなで、今週は開幕戦の話題が1面を掻っ攫っていたのだが、もう少し取り上げてあげてもよかったのではないかランキングを、勝手に作らせていただいた。
B 藤原紀香と片岡愛之助の結婚発表(30日朝刊の松竹発表及び31日朝刊の当事者の発表会見、ともに1面結果ゼロ)
  いや、だって一応交際発表の時は1紙は1面にしていたわけだし、それなりに芸能界  にネタをもたらしてくれたわけだし。ちょっとしたお礼ってことで30日か31日かどちらか1紙くらいは。しかし、やはり厳しかった。30日朝刊も31日朝刊も、発表翌日ゼロであった。
A 白鵬、4場所ぶりの優勝(1面結果日刊スポーツ1紙のみ)
  琴奨菊の先場所の優勝の折は、優勝から遠ざかっている横綱勢がふがいないだのと書かれていたし、今場所の千秋楽での白鵬の勝ち方が横綱らしくないとの批判が相次いだわけで、結構白鵬は何をしても今悪役になってしまって、新聞を読んでいると同情してしまうのである。しかも、横綱白鵬対下位番付の者ではなく、横綱同士の試合なのだから、体をかわして(変化というらしい)勝利をおさめようと、勝負は勝負だと思うのだが。八角理事長も弁護していた。相手の日馬富士が足を怪我していたから、正面からぶつかるのをあえてさけてあげたのかもしれない、と。そういう考えでよくないか?で、問題は4場所ぶりで罵声を浴びての涙の優勝なのだから、もう1紙くらいは1面にしてあげまいか。
@ W杯ロシア大会2次予選兼アジア予選でのハリルジャパンの快勝(1面結果、スポニチと日刊スポーツの2紙のみ)
あれほど得点力がないと言われ続けたサッカー日本代表が、香川がすべて絡んでの5得点で勝利してのである。一応、もう少し「やったぜ」くらいの意味合い込めて、もう2紙くらい、1面にしてあげればよいのに…と思ってしまった。
プロ野球の試合なんて、これから毎日のように秋まで続くのだから、こういう時こそサッカーを取り上げるべきだろう。しかも、女子がこの前予選敗退してしまうアクシデントがあったのだから、サッカーファンを納得させるためにも、この快勝結果は1面にすべきだったと思うのだ。

と、ここまで勝手にランキングをつけてしまったが、如何だっただろう。まあ、納得していただける部分と、そうかね?と疑問を持たれる方も両方おられると思うが、要は、スポーツ紙1面が毎日みなさまにもっともっと興味をもっていただきたいという思いをこめてのランキングである。

 なので、4月以降も、このブログを読みながら、日々1面を作り出しているアスリートとスポーツ紙記者に思いをはせていただけると、調査隊としてもうれしい限りである。


posted by 調査担当 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする