2016年04月08日

センテンス・スプリングのおこぼれに乗っかるな

 この1週間、本当に野球ばかりだった。
 
 今日にいたっては、朝のテレビのトップニュースでも、全国紙の1面をも飾っていた、バドミントン男子日本代表選手の違法カジノ疑惑が、何故かスポーツ紙では1紙も1面を飾っていないという…。もちろん、それを差し置いて1面を飾っていたのは、プロ野球。

 バドミントンじゃあ、地味なのかと思っていたら、同じラケット競技、卓球女子が1紙だけ1面を飾っていた。野球や相撲の違法賭博ではあんなに1面で大騒ぎしていたのに、バドミントンになると、そんなにトーンダウンしてしまうのか…と別の意味で可哀想になってしまったのは、私だけだろうか。

 その卓球女子だが、あの福原愛選手である。未だに泣きながらラケットを振る映像がたびたび使われるくらい、少女時代から卓球少女として注目を浴びてきた。彼女もそして今は27歳という微妙なお年頃。確か早稲田大学在籍中、同じラケット繋がりか、錦織圭選手と手つなぎデートを1面でスクープされていたこともあった。
 もちろん、このブログでも書かせていただいた。

 そして、今回、そもそものスクープはまたしてもセンテンススプリング‼きっとこのワード、今年の流行語大賞を獲るに違いない。
 センテンススプリングのスクープをうけて、ホームページで愛ちゃんが自ら交際宣言を載せており、それを受けての本日7日日刊スポーツの朝刊1面なのである。
 日刊スポーツのスクープ部隊はとりあえず、何も動いていない様子である。

 こうなると、俄然スポーツ紙の記者も芸能人を張るのをやめてしまうのではないだろうか。センテンススプリングの記者にくっついていれば、何かスクープが獲れるんじゃないかという、安易な発想に走られると、スポーツ紙が本当にシーズン中は野球一筋になってしまって、つまらなくなってしまう。
 芸能ネタにも、もう少し力を注いで、センテンススプリングに負けないくらいのドでかいスクープをモノにしてくれないかなあと思ってしまう1面調査隊なのである。

 何故なら、週刊誌の1面(表紙)見比べは、していないから!




posted by 調査担当 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。