2016年05月27日

1面の苦悩

 産経新聞のオピニオン面に「編集日誌」というものがある。
 東京本紙は東京の、大阪本紙は大阪の編集者がそれぞれ書いているようなのだが。先日5月23日付の産経大阪の編集日誌では、トップに載せる記事についての悩みが書かれていた。

 ニュースの価値としては低かったり、他紙の後追いだったりすると、1面トップに持ってくる記事としてはどうかと思い悩むらしい。この方は、新聞記者の習性として「追っかけ記事」には乗り気がしないということを明言されている。

 全国紙でそうなのだから、スポーツ紙もおそらくそうなんであろう。いや、寧ろそういった気持ちはスポーツ紙記者のほうが強いだろう。
 そういう意味で言えば、デイリースポーツや東京中日、スポーツ報知は「鉄板ネタ」がはっきりしているから編集者もやりやすいだろうな、と思ってしまう。

 今週、実際のところ「これこそ1面に‼」というような話題が少なかったのだ。
 ゆえにデイリーや東京中日、スポーツ報知は平日は各推し団で1面を、土日はGIレースの予想で単調になっていた。
 他紙はがんばってはみるものの…「はあ」という感想を持つくらいだ。
 しいて言えば、42歳という年齢ながら3戦連続ヒットで10安打を記録した「まだまだ若手に負けないぞ」オーラを発しているイチローをスポーツニッポンと日刊スポーツが25日の朝刊で1面に取り上げていたのが、まあスポーツ紙の1面として話題性もあり、華もあり、売り上げに貢献しそうという点では王道パターンだったのではないかと思われる。

 あまりに話題性が乏しかったのか、日刊スポーツはあえて見出しに自ら「スクープ‼」といれて1面にしてきたのが「日本ハム新球場」。スクープというかなんというか。
 「スクープ‼」といれるほどの話なんだろうか、と思ったのは私だけではあるまい。しかもよくよく中身をみてみると、8年後の完成を目指して検討中、らしい。日刊スポーツの記者がそばにいたら「検討中かいッ!」とツッコミをいれたくなっただろう。

 まあ、つまりはスクープほどの話題もなく、1面にする記事に迷走した結果なのではないだろうかと思ってしまったのだ。
 全国紙の記者も、スポーツ紙の記者も、やはり1面は重要な位置づけであり、それなりに1面に何をもってくるかに日々苦慮しているということがこれでおわかりであろう。
 陰ながら、こうして1面を調査して考察している人間もここにいるということをお伝えしておきたいと思う。これからもいいネタをよろしくお願いしたい。




posted by 調査担当 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。