2016年07月29日

日米通算200勝じゃけぇ

 …冒頭のタイトル、決して広島県民をおちょくっているわけではなく、カープ愛に寄り添うカタチで書いてみたところ、こうなっただけである。

 そう、大リーグから日本のプロ野球に戻ってきた黒田投手が今週、ようやく日米通算200勝をあげた。日米通算で200勝の大台にのったのは、野茂英雄以来2人目だそうだ。パイオニア野茂から何人もの投手が海を渡ってチャレンジしてきたが、200勝というのは、結構大きな壁なようだ。
 ちなみに、日本国内のみでの投手だと、200勝以上上げた選手は24人である。
 
 イチローが日米通算で大記録を成し遂げたときは、一部の関係者から日米通算は認めない的な発言が飛び出したものだが、今回はそれをパロってイチローからも祝福の声が届いた。「日米合算なんて俺は認めない‼」と。もちろん、祝辞である。

 その黒田投手の200勝目の相手は何とデイリースポーツの推し団、阪神タイガースである‼7月24日の朝刊、これは久々の1面ジャックなるか⁉

 案の定、デイリースポーツは「黒田に200勝目を献上」と負けた側から目線の1面だったが、1面が黒田の200勝だったことには変わりない。
 これで…と思ったがやはりもう一枚の壁は厚かった。トーチュウである。
 しかもファンに平田が怒鳴っている写真が1面。見出しは「竜ファンも選手もイライラ」。今週、タイガースと最下位争いを続けている中日ドラゴンズ。ファンがビシエド選手へヤジを飛ばしたことに怒った平田が観客席に向かって怒鳴ったのである。
 まあ、水曜日には最下位タイになっているときなので、黒田の200勝おめでとう、どころではなかったのだろう。

 1面調査隊からひとつ言えるのは、どうぞ、選手とファンは仲良く、ということだろうか。阪神ファンはタイガース愛だからと結構ヤジを飛ばしているイメージが強いが、どうも他の球団となると心配になってしまう。それにトーチュウの記者だって、トーチュウの読者層はほとんどがドラゴンズファンかモータースポーツファンのどちらかだろうから、ファンが球団離れしていくのは避けたいところだろう。
 イライラするのはわかるが、ここはひとつ、スポーツ紙の未来のために。仲良くしていただけたら、と思う1面調査隊であった…。


posted by 調査担当 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

さよなら、PL。また逢う日まで

 タイトルそのままの本日のブログになるのだが。甲子園春夏7度の優勝経験のある野球部名門PL学園が、東大阪予選の初戦であえなく敗退した。
 
 どうやら「廃部」ではないらしく、「無期限休部」ということらしい。

 それでも、学園本体自体の存続も危ういという話もあり、復活への道のりは厳しそうだ。数年前から、野球部内での校内暴力が問題となって、対外試合が禁止となったり、厳しい世論にさらされてはいたのだが、よもや休部になるとは…。
この最後の試合にはPL学園出身のOBらが駆けつけ応援したようだが、その声も届くことなく敗戦となった。
 ちなみに、PL出身の選手、名門だけに大物ばかりである。ドジャースのマエケンをはじめ、福留孝介選手、松井稼頭央選手、そして有名な「KKコンビ」、桑田真澄氏、清原和博氏ら。
 さすがにこの名門が初戦であっけなく散ってしまったとはいえ「無期限休部」となり、スポーツ紙記者も胸に訴えるものがあったのだろう、初戦敗退結果でありながら、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、日刊スポーツの3紙が16日朝刊の1面で別れを惜しんでいた。
 皮肉にも、PLの校歌には最後のサビの部分「ああ PL PL 永遠の学園 永遠の学園」とある。…野球部は永遠の野球部とはならなかったようだし、学園自体の存続危機もうわさされている。
 永遠の学園となるのか、否か。

 とりあえず、スポーツ紙1面記者からは1面をプレゼントという形で餞別を送ったようなので、1面調査隊もそれに便乗してブログにて贐の言葉を贈らせていただきたい。
 さらば、PL。また逢う日まで。


posted by 調査担当 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

オコエ君VS清宮君、次世代の怪物対決

 プロ野球では、年に一度、セ・パに分かれてオールスターゲームが開催されている。
 そして昨日14日、その前夜祭として、その年のドラフト1・2位で入団した選手、話題性のある選手を極力出場させ、東西に球団を分けてゲームをするフレッシュオールスターゲームが開催された。こちらも毎年、盛り上がっている。
 ちなみに、高校生からドラフト入りした年にMVPを獲った選手には、大リーグで活躍するイチロー選手や青木選手、日本ハムの中田翔選手がいる。

 今年の話題は、もちろん楽天イーグルスに入団したオコエ選手。ああ見えて18歳(ああ見えては失礼か)。いつも明るく元気で、非常に応援したくなる選手である。…願わくば、このままの明るさで野球界を引っ張っていってもらいたい。
 話が逸れるが、イチローやマー君も、若かりし頃はものすごく物腰柔らかく笑顔の絶えない好青年たちだった…いつごろからかメディアに対してぶっきらぼうになってきたのが、少し寂しい。
 イチロー選手が笑顔でとんがりコーンのCMに出演していたり、日産のCMで「一路(いちろ)、日産へ‼」とダジャレを言っていた(言わされていた?)のをご存じの方も、まだまだいらっしゃるだろう。少し、あの頃が懐かしく思われるのは私だけではあるまい。
 まあ、わたしの勝手な意見であり、職人っぽく、メディアのしょうもない質問には冷たく接する知的な感じを好むという方もいらっしゃるだろうから、そこはゴリ押ししないのだが…。オコエ君には、これからも笑顔の似合う明るい選手でいていただきたく、一言書かせていただいた。

 そんなオコエ君、昨日のフレッシュオールスターで大活躍をした。それなりに他の選出された選手らも、みな甲子園で活躍していた面々である。その中で、中越え二塁打、三盗、タイムリーヒットと、打って走って、の大活躍だったのだ。格の違いを見せつけられた感じである。
 MVPも期待されたのだが、残念ながら3ランを放った巨人の岡本選手が選出され、オコエ選手は優秀賞に終わった。
 それでも記者が取り囲むのはオコエ選手。そして記者からオコエ選手に質問。「新聞の1面に取り上げられそうですか?」
 しかし、オコエ選手、事前に終わっていた東京都の予選で怪物ルーキー早実の清宮君が本塁打を放っていたことを知っていたので、「清宮君には100%勝てないです」と応じた。
 結果はと言えば、オコエ選手のコメント通り、スポーツニッポン、スポーツ報知、日刊スポーツ、サンケイスポーツの4紙清宮君。他はそれ以外。

 まさに清宮フィーバー。オコエフィーバーが起きてもおかしくないくらい、このフレッシュオールスターは活躍してくれたんだけれど。
 これだけ活躍したんだから、少しはスポーツ紙1面で報いてあげたい、と何だか親心のような、そんな気持ちになってしまったのは私だけではないだろう。
 
 がんばれ、オコエ選手‼フレッシュな明日のスターであることは間違いない‼


posted by 調査担当 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

五輪よりも夢

 さすが購読者層、オッサン。
 今週のスポーツ紙1面を見て思ったことだった。
 
 逮捕された当人である高知東生容疑者よりも妻の高島礼子さんの会見のほうが1面を獲った紙数が多かったこと?いや、それもあるが、そういうことではない。
 それは単にネームバリューの大きさではないだろうか。

 7月4日に本人から正式にリオ五輪の出場辞退が発表になった松山選手。それほど今リオ五輪に注目が集まっていないし、出場辞退くらいで…と思っていたのだが。なんと3紙1面。それも、スポーツニッポン、スポーツ報知、日刊スポーツの3紙。
 まあ、100年ちょっとぶりに五輪競技に復活し、しかも近年ゴルフ人口が減少しているようなので、今や日本ゴルフ界のエースとなった松山選手の出場に期待していたのはよくわかる。前々から打診されており、今になって決断したところをみると、松山選手も相当悩んだと思われる。
 スポーツ紙でも論議を醸し出しているが、全国紙でもスポーツ面を大きく割いて論評が載っていたりもする。
 自分がゴルフをたしなんでいないせいか(経験はあるのだが)、それほど大事なことなのか、と改めてメディアの対応を見て考えさせられた。日本でメジャーなスポーツになったのはここ数十年という急成長を成し遂げたゴルフだが、いまや国技である柔道よりもスポーツ紙の1面を獲る時代になってしまった…。まあ、読者層がやはりオッサン世代であることを考えると、スポーツ紙1面というコンテンツは、やはりオッサンに的を絞った作りになっていくのは必至だろう。
 
 スポーツ紙としても、有力な男子ゴルファーが次々と辞退を申し出ているし、彼の事実力ならメダルも期待できるし、1面も飾れるとふんでいたのだろう。また、ゴルフ協会も、そんな期待があったのだろう。やや辞退に関して不満げな様子である。
 しかしながら、私個人の意見としては、本人の意見を尊重すべきだと思う。治安への不安も、今世界各国でテロも暴動もあるし、ジカ熱への不安も、いつだったかの記者発表の際、虫に刺されて顔半分が大きくはれ上がって登壇した松山選手を見る限り、虫に対して人一倍敏感になっていても致し方ないと思う。
 同じゴルフ界で活躍する宮里美香選手も、松山選手を擁護するコメントを発表していたのもうなずける。「屋内でプレーする選手と屋外でプレーする選手(の不安度)は、違うということを理解してもらいたい」とか。
 一方で悪く論じられる理由としては、愛国心よりも自分のメジャーでの成績を優先して考えている、ということだ。だが、それだって日本だからそう受け取られているだけだ。野球のにしたってワールドベースボールクラシックや五輪よりも、大リーガーたちは自国のリーグ戦を優先しているし、サッカーだって五輪よりも自国のリーグやチャンピオンズリーグだ。ゴルファーにとって、五輪よりもメジャー大会を優先に考えて何が悪いというのだろう。恐らく、小学生のころの文集などで書く将来の夢で、ゴルファーを目指している子供が書く言葉とすれば、「将来は、メジャー大会で優勝したいです」とか、そんな感じだろう。実際、以下は石川遼の卒業文集。

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

五輪に関しては一言も触れていない。結局、20歳では達成されていないが、最終的な目標はマスターズ優勝である。
それにしても、恐ろしすぎる細かい人生設定だ。ファイナンシャルプランナーも真っ青だ。そのスポーツの中の一位を目指そうと思ったとき、それは五輪ではないということなんだろう。
ゆえに、松山選手のリオ五輪辞退に関しては、本人の気持ちを尊重してあげるべきだと、3紙の1面に大きく載った厳しい顔で会見に臨む彼の顔を見て思った次第である。



posted by 調査担当 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

これからの日本代表は、脱・平たい顔族‼

 今週も野球ばかりが目立つ1面調査結果だった。
 ゆえに、久々に陸上を取り上げようかと思う。今週末、実は日本陸上競技選手権大会があった。リオオリンピックの選考も兼ねている。
 41歳になるハンマー投げの室伏広治が出場したことでも話題になったが、結果予選12位という不甲斐ない成績で、自身も年齢を感じたとコメントしただけに、そのまま引退宣言となった。まあ、競技に復活したのが約1か月前なのだから、それでハンマーを何十メートルも投げ飛ばすっていうのも大変だろう。41才ならなおさらだ。ちなみにイチロー選手は42歳だが、彼は毎日の鍛錬を怠らない。怠るような人間であれば、今頃怪我くらいはしているだろう。
 まあ、それでも日本ハンマー投げ界(?)を長年背負ってきた室伏広治選手の引退なので、スポーツニッポンは1面で労っていた。本来ならもしかしたらあと、1,2紙の1面掲載があったかもしれないのだが、運の悪いことに、芸能界で大きな事件があったものだから、そちらに盗られてしまったのである。その事件というのは、もう既にご存知、女優高島礼子の夫、高知東生の覚せい剤所持での逮捕。
 まあ、結婚当初から「いつ別れるのか」「なぜ結婚したのか」「格差婚」という、一向に祝福されないワードが常に付きまとっていたご夫婦である。
 ただの別れ話騒動に収まらず、なんと夫の覚せい剤所持で世間を騒がすことになるとは…。この事件に関しては、高島礼子が不憫でならない。

 話が逸れたが、今年の陸上競技選手権大会は室伏だけが注目を浴びていたわけではない。日本男子初の9秒台に最も近いと言われている桐生選手が出場する男子100メートルも大きな話題をよんでいた。
 先日の大会では桐生選手が自己最高記録タイの10秒01というタイムを出して、今回も期待されていたのだが、結果は注目を浴びていた他二人、ケンブリッジ飛鳥選手と山縣選手に越され、3位に沈んだのである(それでも保持記録から、代表には選考されている)。
 翌日のスポーツ紙1面、1紙だけ陸上男子100メートルが代表選手を1面にしていた。
 優勝し、代表に選ばれたケンブリッジ飛鳥選手。…どう見ても日本人じゃない‼
 母親が日本人らしいが。
 芸能界ではかなり昔からハーフの子が活躍していたが、最近はスポーツ界でもハーフの子が勢力を伸ばしてきている。楽天のオコエ選手もそうだし、女子テニスの大坂なおみ選手選手もそうだ。
 ドラゴンボールで、いつだったかベジータも言っていた。混血は優秀な能力を持つと。
 モデルや芸能人を見ても、今や純血よりも混血だ。純血がすべてにおいて好まれるのは犬猫をはじめとする動物たちくらいか(雑種が可愛くないと言っているわけではなく、単に市場での価値として)。

 なんにせよ、今後日の丸を背負ってくれる世代に、我々の希望を託したい。それが、平たい顔族の顔でなくとも…‼(ちなみに、テルマエロマエの阿部寛や北村一輝は、純血の平たい顔族である)



posted by 調査担当 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の記事(調査部より) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする