2016年08月26日

感動をありがとう!

 「勝って騒がれるより負けて騒がれるようになれ」と大相撲の安芸の海に師匠出羽の海親方は言った。

 果たして。
 今回、誰もが金メダルは当たり前だとどこかで思っていた(本当はそんな簡単じゃないことは本人も周囲もよく知っているのだが)。どこかで吉田沙保里は霊長類最強で間違いないと安心しきっていた。多分、本人以外は。
 結果、決勝で敗退した。何度も謝る姿に、こちらこそ「当たり前」だと思ってしまって更なるプレッシャーを与えていたことに、謝りたくなってしまった。銀メダルだってすごいのに、あれほど謝らせてしまって、一国民としても申し訳なさでいっぱいである。
 オリンピックの正式種目からレスリングが外されそうになって、身体を張ってレスリングを残すことに必死になっていたこともあったし、レスリングの知名度をあげるためにバラエティ番組などにも多く出演していた。
 それも負けた要因のひとつだと言われればそれまでかもしれないが、誰よりもレスリングのことを想って、レスリングを引っ張ってきたのだ。吉田選手や伊調選手のV3、V4がなければ、ここまでメジャーな競技になっていなかったかもしれない。
 今回の五輪でも、結果のみでしか取り扱ってもらえなかった競技がいくつもある。地元やその業界では五輪にむけて恐らく壮行会やら開催されて背中を押されてリオ五輪にきたのだろうけど、結果が残せなかったら、スポーツ紙ですら結果のみの扱いになってしまう無情な世界なのだともいえる。

 故に。今回銀メダルでも、いや、だからこそ1面ジャックをした吉田選手なのだろう。冒頭の「負けて騒がれる」選手になるまでレスリングを背負ってきた吉田選手に、「ありがとう」と「おつかれさま」を伝えたい。そして。プレッシャーを跳ね除けて4連覇を成し遂げた伊調選手には、文句なしの「アッパレ」である(すみません、上から目線で)。

 それからもうひとつ。
 「アッパレ」な銀メダル。これはもう、鳥肌モノだった…。
 男子400メートルリレー。元々陸上は好きだが、これほど感動させられるとは思わなかった。改良に改良を重ねてつないだバトンパス。予選でもうまくいったが、それ以上を求めてさらに決勝では改良してバトンパスでつないだ。
 自分のなすべきことをそれぞれが行い、バトンで次につないでいく、それだけのことが人にこんなに感動をあたえてくれるのだなと改めて感じさせられた。
 第3走者の桐生選手がラストのケンブリッジ選手にバトンを渡した後に「いけー‼」と叫んでいた姿は、今でも印象に残っている。そしてケンブリッジ選手も憧れのボルト選手の隣を生き生きと走っている姿は観戦している私たちをもさせてくれた。
 勇気と希望をありがとう、リオ五輪&出場した選手たち。


 それにしても。話が随分逸れるのだが。
 天才は1%の才能と99%の努力でつくられるっていうのは、ちょっと違うと思うのだ。
 何故なら、1%の才能がまず何なのかを見極めるのと、それを引き出してくれる環境があるかっていうことの運も必要なわけだ。
 もし、ジャマイカのボルト選手が、1998年、日韓W杯での日本VSジャマイカ戦での勝利を見て感動し、「オレもサッカー選手になるぜ‼」と思っていたら、運動神経は抜群だろうからそこそこの選手にはなったかもしれないが、こんなに世界の歴史に名前を刻む人にはなっていなかっただろう。
ケンブリッジ飛鳥選手だって、あの端正な顔立ちと姿から、やはりモデルのスカウトをされたことがあるらしい。スカウトマンは、たしかに彼の仕事としては間違っていなかっただろう。ケンブリッジ選手、実際のところモデルとしてもやっていけただろう。だが、こんなに世界の大舞台で大活躍するほどの人にはなっていなかったかもしれない。
例えば、高校野球の清宮君だって、お父さんの影響でラグビーにしか興味を持つことがなかったら、高校野球であれほどスポーツ紙の1面をかざることはなかっただろう。お父さんがラグビーと野球と両方をさせてきたのが、今の清宮君を作ってくれたのだ。
錦織選手も、もし同じラケット競技で卓球に興味を持っていたら、これほど世界的に有名な選手にはなっていなかったかもしれない。そして、彼のジュニア時代にこの子は世界で活躍する子になると一目見て感じたコーチに出会っていなければ、アメリカにジュニア時代から留学なんて考えなかっただろう。

すべてはその競技との出会いと、引き出す環境だなと思う。
それを考えると、重量挙げの三宅宏実選手が最後にバーベルにハグしていた姿や、ボルト選手がトラックに何度もキスしていた姿が、とても心にしみてくるのだ。
今までの、出合ってきたすべてに感謝。わたしも、常日頃から色んな事に感謝していようと思う。



posted by 調査担当 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

あえてのSMAPなのか、この時期に

 このリオ五輪真っ只中、そして日本勢メダルラッシュの中、社会的には終戦記念日・お盆が近づいてきている中、よもやの発表。半年前に収束したかにみえたSMAPの解散。
 結局、本当に解散という結末になった。

 うがった見方をすれば、リオ五輪の最中だから、きっとスポーツ紙もワイドショーもそちらを大きく取り上げるだろうという考えがあったのだろう。また、週刊誌もこの時期、合併号などで発売がずれることが多い。それを狙ったのではないかというコメンテーターもいた。

 だが、それはこの前の解散騒動の反省ができていないと、私は思った。
 何故なら、NHKの錦織圭選手が準決勝でマリー選手に劣勢で苦戦中の中、ニュース速報が入るくらいだったのだ。そして翌日のスポーツ紙はデイリースポーツもガッツリ一面で、文句なしの1面ジャックだった。
 1日前の13日の1面、水泳女子200M平泳ぎで、24年ぶりの金メダルを獲った金藤選手ですら、デイリーが阻んで5紙止まりだった。この14日だって、柔道男子で原沢選手が銀メダル、女子柔道で山部選手が銅メダルと、輝かしい成績を残したのである。
 それでもなお、SMAPだった。社会的大損失といえば、そうなんだろう。実際、大きく芸能関係・音楽関係の株価は大きく揺らいだ。だが、オリンピックのメダルだって、負けないくらい日本経済に大きく影響するではないか。あまりにメダリストたちが不憫である。

 …それとも柔道ではダメだったのだろうか。今回の柔道代表は選手の若返り、井上監督のネームバリューからしても1面を獲れる可能性はしっかりあったのだが。やはり日程的に体操の絶対王者内村選手の活躍の影になってしまったのだろうか。
 もはや内村選手の輝きは、他のスポーツのメダリストらをも陰にしてしまうようだ。
 実際、個人総合で奇跡の大逆転金メダルを内村選手が獲った翌日の12日朝刊は、当たり前のごとく、1面ジャックだった。まあ、本当に観戦しているこちらもドキドキハラハラ、ワクワクさせられて熱狂したのだが。1面ジャックもうなずける面白さだった。

 他の競技も面白かったのだが、1面ジャックにはあと一歩というところだった。96年ぶりに日本男子テニスで日本にメダルをもたらした錦織選手ですら、5紙止まりである。しかも‼驚くべきは、阻んだのはデイリースポーツではなかったのである。なんとも中立的立場であるはずのサンケイスポーツに阻まれたのである。この日のサンスポの1面は…元プロ野球選手豊田泰光さんの訃報だった。…いや、まあ、訃報記事にイチャモンつけようってわけではないのだが。この、「おお!デイリーも1面‼それじゃあっ」ってノリに乗った瞬間だったため、拍子抜けしてしまったというか。
 ここは、世界ランキングに影響しないのにあえて日本代表として壮絶な戦いをしてメダルをもぎ取った錦織選手に1面ジャック賞をあげたかったなあと思うのは、私だけではあるまい。

 それにしても、今回の五輪は、記者の方々も困るくらいに全般的に活躍してくれている。もちろん、ロシア勢が全くいないというのも、多少はあるだろう。それでも、色々なスポーツで、今までの努力が実ってメダルに繋がっているというのは、やはり嬉しいものである。
 一人でも多くの笑顔のアスリートが増え、一人でも多くの国民が勇気づけられるような、そんなスポーツ紙1面を、残り1週間もないが、期待している。


posted by 調査担当 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

日本人金1号、日本人スポーツ紙ブログ1号

いよいよリオ五輪が開幕した。治安やデング熱やらで開幕までは不安だらけの五輪だったが、開幕して見ればやはり世界のスポーツの祭典で、ナショナリズムの血が騒ぐってものである。
 
 今週はオリンピックの話題で持ちきりである。
 が、ここに食い込んできたのは、イチローのメジャー通算3000本安打の大記録達成。ちょっと時期が悪かったかな、と5紙1面で終わってため考えたのだが、実際はいつものデイリースポーツに阻まれただけである。デイリースポーツはとくにリオ五輪を1面にしていたわけではなく、現在絶不調の阪神タイガースの金本監督のインタビューを載せているのである。…イチロー、元はオリックスだったのに。というわけで、1面ジャックは惜しくもならず、結果、リオ五輪にブログは集中していきたい。
 本当は水泳の萩野選手に続き、既に金メダリストが誕生しているのであるが、今回は見送らせていただく。
 現状のところ、体操が団体で金、速報で個人総合で内村選手が金、15日の種目別のゆかでの白井選手と内村選手の決勝の結果待ちもあったりして、それはそれで内村選手の種目別あわせて3冠なんか獲っちゃったりしたら…なんて妄想は無限大に膨らんでくるわけで。
 ゆえに、日本金メダリスト第1号獲得の萩野選手に焦点をあてさせていただく。

 いや、年をとってますます涙もろくなったせいか、萩野選手と瀬戸大也選手(自由形400銅メダル)のライバルでありながら親友でもあるという、青春そのもののこれまでの歴史などが新聞でもテレビでも紹介されると、やはりグッと胸にくるものがある。
 ただでさえ、4年に一度というプレッシャーの世界で最も有名なスポーツの祭典である。緊張しないわけがない。それでもふたり揃ってワンツーフィニッシュと誓っていたという。彼がいたから今の自分がいるとお互いが認め合っている。そういう関係が、とても羨ましいとすら思う。
 どのメダリストのインタビューを見ていても思うのだが、やはり色んな辛いことや困難を乗り越えてきた彼らだからこその言葉の重み、言葉が詰まったその沈黙すら、苦難を乗り越えてきたであろう過去を想像させられ、観ているこちら側も泣けてきてしまう。
 スポーツというのは、どんな人でも感動させられるということが改めて感じられた。

 日本時間で21時くらいに始まって、丁度良い時間であり、朝起きたらメダルラッシュなんていう日も続いている。朝から感動と笑顔で出勤できるという日本国民へのご褒美のような彼らの活躍に、ここ最近は感謝しまくりである。
 まだまだ五輪に出場しているアスリートの闘いは続いている。慣れない土地での疲れもあると思うが、今までの練習の成果を十分に出して、日本に勇気と感動を分けていただきたく、地球の裏側から熱い声援を届けたいと思う。
 ファイトだ、ニッポン‼
posted by 調査担当 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

悪童にも愛された角界の神様

 ここ最近、ブログで訃報を扱うことはあえて避けてきた。
 が、今週は扱わざるをえない。

 千代の富士が亡くなったのである。まだ61歳の若さであったから、現役時代の記憶もまだ我々の中にしっかりと残っている。
 8月1日の朝刊はこの元横綱千代の富士が5紙1面だった。惜しかった。デイリースポーツがやはり阪神を1面にしていたのだが、見出しの横の部分に差し込みの中面見出しを載せていて、そこには「千代の富士死す」とあった。隣の1面見出しのフォントと同じ大きさで、黄色と赤を基調にしたデイリースポーツには珍しく、白地に紺の文字だったから、実際は本見出しよりも目立っていたかもしれない。駅売りによくあるような斜めにくるっと巻かれたスポーツ紙の売り場の並び方だと、1面ジャックに見えていたかもしれない。

 「巨人、大鵬、卵焼き」の元横綱大鵬が亡くなったのは2013年1月19日。翌日、大鵬のときは1面ジャックだった。
 それに匹敵するくらいの扱われ方だったと、千代の富士及び千代の富士の関係者の方は思っていただいてよろしいかと思う。
 いや、寧ろメディアの露出では、記憶に新しいだけに、若いアナウンサーたちも思い入れを語っていたのが印象的だった。
 例えばTBSの朝の情報番組の司会を務める夏目三久アナも、彼女の祖母も母親も千代の富士の大ファンで、小さなころから自分もファンになっていたとコメントしていた。彼女の祖母は、幼き夏目アナに「本当の男の色気っていうのは、こういう人を指して言うんだよ」と伝えたそうだ。
 また、日本のメディアや相撲界と決していい関係を築いてきたわけではなかった元横綱朝青龍が目を潤ませながらコメントしていたのも心に響いた。Twitterでも「涙が止まらない」とか「モンゴルにきてイトウを釣る約束は?」とか「憧れの力士、角界の神様、横綱たちの横綱」とコメントしている。
 いかにこのやんちゃな悪童に愛されていたかが分かる。
 実際、朝青龍は目標とする横綱は千代の富士だったようで、後輩の力士らにも、千代の富士のビデオを見せ、勉強させたという。

 そんな千代の富士の訃報記事は、やはりデイリースポーツの扱いを見ても、準1面ジャック賞と呼んでも相応しいだろう。
 我々からはそんな賞しか差し上げられないが、どうか心安らかに。ご冥福を、一同お祈り申し上げる所存です。


posted by 調査担当 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする