2016年08月26日

感動をありがとう!

 「勝って騒がれるより負けて騒がれるようになれ」と大相撲の安芸の海に師匠出羽の海親方は言った。

 果たして。
 今回、誰もが金メダルは当たり前だとどこかで思っていた(本当はそんな簡単じゃないことは本人も周囲もよく知っているのだが)。どこかで吉田沙保里は霊長類最強で間違いないと安心しきっていた。多分、本人以外は。
 結果、決勝で敗退した。何度も謝る姿に、こちらこそ「当たり前」だと思ってしまって更なるプレッシャーを与えていたことに、謝りたくなってしまった。銀メダルだってすごいのに、あれほど謝らせてしまって、一国民としても申し訳なさでいっぱいである。
 オリンピックの正式種目からレスリングが外されそうになって、身体を張ってレスリングを残すことに必死になっていたこともあったし、レスリングの知名度をあげるためにバラエティ番組などにも多く出演していた。
 それも負けた要因のひとつだと言われればそれまでかもしれないが、誰よりもレスリングのことを想って、レスリングを引っ張ってきたのだ。吉田選手や伊調選手のV3、V4がなければ、ここまでメジャーな競技になっていなかったかもしれない。
 今回の五輪でも、結果のみでしか取り扱ってもらえなかった競技がいくつもある。地元やその業界では五輪にむけて恐らく壮行会やら開催されて背中を押されてリオ五輪にきたのだろうけど、結果が残せなかったら、スポーツ紙ですら結果のみの扱いになってしまう無情な世界なのだともいえる。

 故に。今回銀メダルでも、いや、だからこそ1面ジャックをした吉田選手なのだろう。冒頭の「負けて騒がれる」選手になるまでレスリングを背負ってきた吉田選手に、「ありがとう」と「おつかれさま」を伝えたい。そして。プレッシャーを跳ね除けて4連覇を成し遂げた伊調選手には、文句なしの「アッパレ」である(すみません、上から目線で)。

 それからもうひとつ。
 「アッパレ」な銀メダル。これはもう、鳥肌モノだった…。
 男子400メートルリレー。元々陸上は好きだが、これほど感動させられるとは思わなかった。改良に改良を重ねてつないだバトンパス。予選でもうまくいったが、それ以上を求めてさらに決勝では改良してバトンパスでつないだ。
 自分のなすべきことをそれぞれが行い、バトンで次につないでいく、それだけのことが人にこんなに感動をあたえてくれるのだなと改めて感じさせられた。
 第3走者の桐生選手がラストのケンブリッジ選手にバトンを渡した後に「いけー‼」と叫んでいた姿は、今でも印象に残っている。そしてケンブリッジ選手も憧れのボルト選手の隣を生き生きと走っている姿は観戦している私たちをもさせてくれた。
 勇気と希望をありがとう、リオ五輪&出場した選手たち。


 それにしても。話が随分逸れるのだが。
 天才は1%の才能と99%の努力でつくられるっていうのは、ちょっと違うと思うのだ。
 何故なら、1%の才能がまず何なのかを見極めるのと、それを引き出してくれる環境があるかっていうことの運も必要なわけだ。
 もし、ジャマイカのボルト選手が、1998年、日韓W杯での日本VSジャマイカ戦での勝利を見て感動し、「オレもサッカー選手になるぜ‼」と思っていたら、運動神経は抜群だろうからそこそこの選手にはなったかもしれないが、こんなに世界の歴史に名前を刻む人にはなっていなかっただろう。
ケンブリッジ飛鳥選手だって、あの端正な顔立ちと姿から、やはりモデルのスカウトをされたことがあるらしい。スカウトマンは、たしかに彼の仕事としては間違っていなかっただろう。ケンブリッジ選手、実際のところモデルとしてもやっていけただろう。だが、こんなに世界の大舞台で大活躍するほどの人にはなっていなかったかもしれない。
例えば、高校野球の清宮君だって、お父さんの影響でラグビーにしか興味を持つことがなかったら、高校野球であれほどスポーツ紙の1面をかざることはなかっただろう。お父さんがラグビーと野球と両方をさせてきたのが、今の清宮君を作ってくれたのだ。
錦織選手も、もし同じラケット競技で卓球に興味を持っていたら、これほど世界的に有名な選手にはなっていなかったかもしれない。そして、彼のジュニア時代にこの子は世界で活躍する子になると一目見て感じたコーチに出会っていなければ、アメリカにジュニア時代から留学なんて考えなかっただろう。

すべてはその競技との出会いと、引き出す環境だなと思う。
それを考えると、重量挙げの三宅宏実選手が最後にバーベルにハグしていた姿や、ボルト選手がトラックに何度もキスしていた姿が、とても心にしみてくるのだ。
今までの、出合ってきたすべてに感謝。わたしも、常日頃から色んな事に感謝していようと思う。





posted by 調査担当 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。