2016年10月28日

黒田VS大谷 1面対決も延長戦

 今週から、日本シリーズが始まった。
そして思いがけず先週に引き続き黒田VS大谷という構図になった。
 しかも、黒田選手は投手としてだが、大谷選手は何と代打での1面である。
 日本シリーズ第3戦、黒田投手が先発したこの試合で、延長10回、代打で回ってきた大谷投手が、なんとサヨナラ弾を放ったのである。
 なんと「持っている」男なんだろうか。
 第1戦に先発出場も、完全アウェーの広島の熱気に気おされたのか、3失点KOで黒星がついてしまった大谷投手。それで逆に打者として火がついたのかはわからないが「とられた分の倍はとりたい」といって、有言実行した形だ。半沢直樹ばりではないか。「やられたらやり返す‼倍返しだ‼」というセリフを是非に言っていただきたかった。
 日本シリーズが始まる前に黒田投手は今季限りでの引退を発表していた。この第3戦は事実上の最後の試合だった。6回に足の張りを訴えてマウンドを降りたが、他のナインたちも含めて黒田投手に勝利を捧げたかったであろう。その広島の選手やファンたちの気持ちをも圧倒する、大谷選手の運と実力。
 野球の神様がいるなら、愛されているだろうなあと思わざるをえない。
 まあ、黒田投手も自分が引退するからって対広島戦で手加減されても、逆に引退しても後味が悪くなってしまうだろう。
 あれだけのスーパースターに全力で向かってこられた最後の試合は、黒田投手にとっても思い出深い、プロとして最後の試合にふさわしいと思えるものになったであろう。

 プロとプロとの本気のぶつかり合いで、2−2のタイまで持ち込んだ今年の日本シリーズ。野球ファンのみならず、皆がわくわくできるような、そんなシリーズになっているようだ。いよいよ、再度場所を広島に移して、最終決戦が行われる。これで、名実ともにどちらが1面ジャックに値する器か、判明する…。
 来週の結果に、乞う、ご期待あれ。




posted by 調査担当 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。