2016年12月02日

1面に載る悦び

 今週の出来事と言えば、まあ多分、ほとんどの人が連日ニュースで続報が流れている歌手のASKA被告の覚せい剤使用容疑での逮捕だろう。何せ、自分で「盗聴されている!」と110番しちゃったわけで。
 もう転落の一途を辿っているなあと思わざるをえない。ドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌「Yah Yah Yah」や、「101回目のプロポーズ」の主題歌「SAY YES」など、名作ドラマの主題歌を担当してヒットを重ねてきたのに…。相方のチャゲさんも気の毒である。

 それにしても「Yah Yah Yah」の出だし、覚せい剤逮捕後の今読むと、何て意味深なんだろうと苦笑いしてしまっているのは私だけではないだろう。私ら世代の人なら一度は耳にしたことがあるはずだ。
「必ず手にいれたいものは 誰にも知られたくない  百ある甘そな話なら 一度はふれてみたいものさ  勇気や愛だと 騒ぎ立てずに その気になればいい」
で、このあと有名な「これから一緒に(×2)殴りにいこうかー」に続いていくのだが。

夜21時すぎにニュース速報が流れてきたくらい、ビッグニュースだったのだが、結果としてはトーチュウとデイリースポーツを除く4紙が1面だった。

この話題は恐らく今後もちょくちょく出てきそうなので、今週はスルーしようと思う…と言いつつ、前置きで長いこと書いてしまったのだが。

今週は、オリックスからFA宣言して阪神に移籍した糸井選手について書こうと思う。
35歳にして4年契約。ここからしてすごい。年齢的に、阪神に骨をうずめる覚悟なのだろう。
契約が決まったデイリーの1面は今にも踊り出さんばかりに、見出しには「糸井 入団会見 キャリアハイで監督胴上げ スポーツ紙1面ジャック」とあった。
本人もコメントで「13年間やってきてこんなに1面に載ることがなかったので」と言っていたが、いやいや、阪神に移籍したら、いい時も悪い時も連日1面である。まあそれも、水を差すようで申し訳ないが、あえて言わせてもらえば、デイリースポーツだけである。
ただ、そのことをデイリースポーツは認めていないことが、今回発覚した。
というのも、「(タイガースは)マスコミの追う数が12球団で随一」と書いてあったり、記者会見での糸井選手のコメントも「マスコミのイメージが強くて、新聞の大半を占めているというイメージ」と載せたりしているが、大半でいうなら、やはり巨人に勝るものはないんじゃなかろうか。あとは最近では大谷選手率いる日本ハムか。
連日1面って…。それはデイリースポーツの1面というだけであって。
糸井選手、そこで喜んじゃ、後がもたないのでは?調子悪ければ、デイリースポーツは1面でつるし上げにしてくるのだから…。心して、4年間全うしていただきたい。
まあでも、優勝して金本監督を胴上げ出来たら、正真正銘の1面ジャックになることは間違いないと思うので、そこは是非とも目指していってもらいたいと調査隊も願うばかりである。





posted by 調査担当 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。