2017年02月24日

いよいよ…

 今週は、これでもかというくらいに侍ジャパン一色だった。
 あのデイリースポーツだって、阪神の選手が侍ジャパン入りとなれば話は別だ。猫まっしぐら、猪突猛進くらいに侍ジャパン一色だ。

 53勝という驚異的な記録をあげた、スキージャンプの高梨沙羅選手の勝利ですら2紙どまりだった。

 そんな侍ジャパンだが、海外組も次々と辞退し、日本球界いや、世界の野球界から熱視線を送られる男・大谷選手も怪我のため辞退となってしまった今、軸はこの人!というのが欠落しているようで、それがスポーツ紙1面にも如実に表れている。色んな選手が1面の見出しに出てくるのだ。
 そして、可哀想なのが小久保監督で、選手で注目を浴びる選手がいなくても、第1回・第2回は監督の名前だけでも日本代表を引っ張っていけた。何といっても王監督、原監督というビッグネームは強かった。見出しにも監督の名前が日々使われた。

 だが、WBC連覇によって、次期監督の重圧は相当なものとなっていって、第3回からは文字通り、難航した。候補に挙げられた監督らも、次々辞退して、結果、山本監督になり、そして優勝を逃した。優勝を逃したことで第4回目からは肩の荷がおりるのではないかと思われたのだが、この優勝を逃したときの日本全国からの糾弾は、ますますプレッシャーとなったようだ。
 何せ、優勝を逃した翌日の見出し、実際に1面ジャックしているが、「3連覇逃す」「丸投げ采配」「走塁ミス 涙」「3連覇夢散」「侍自滅」と、かなり傷口に塩を塗る内容だ。帰国後、これを目にした選手たちはトラウマになるだろう。
 そして、これに輪をかけて代表を追い込んだのが、侍ジャパンの帰国の際、空港で出迎えたのが、たったの100人という事実。これまた、1面見出しにされている。

 これは、第4回以降の監督も難航するだろうとは思ったが、実際、難航していた。
 その中で引き受けた小久保監督は、かなり勇気がいったことだろうと思う。小久保監督の気持ちを慮ってか、王元日本代表監督が小久保監督を激励した。「東京五輪まで小久保監督‼」と。
 今まで、スポーツ紙1面がアスリートのモチベーションに繋がることは熱弁してきたが、あまりに辛辣すぎるとモチベーションを下げかねないのも事実だ。
 ここは、温かく、長い目で見守ってあげるのも、メディアのひとつの役割ではないだろうか、と1面調査隊は思うのである。
 そして今日、2月24日から強化合宿がスタートする。
 来週からはスポーツ紙1面もヒートアップすることだろう。選手が切磋琢磨できるような、刺激的な1面を期待したいと思っている。



posted by 調査担当 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

ブログは言論の自由はあれど…

 今週は、とても書きにくい。
 何やら、テーマが決まらない。
 いや。書きたいことはたくさんある。

 しかしながら、タブーな話題で持ちきりなのだ。
 単なるブログだから何を書いてもいいじゃないか、という人もいるかもしれない。

 でも。

某国の指導者の兄が毒殺って…。言いたいことはたくさんある。スポーツ紙も15日の朝刊3紙、ガッツリ1面にしていたし。ツッコミどころは満載である。見出しを読みながら、イマドキ毒殺かい、とか。女二人にってハニートラップにイマドキひっかかるんかい、とか。
 他にも、堂々2紙1面を飾って、「出家」「守護霊」って…。というのも、信仰というのはあまり揶揄すべきところではないと思うので…。ここもこれくらいにせねば、と自重してツッコミをヒッコメてしまう。

 大人な対応というよりは、後ろにあるものが怖い、ただそれだけである。
 いや、寧ろ1面で堂々と「毒殺」とか「出家」とか、文中でも揶揄しているようなスポーツ紙記者は、実に勇気があると思われる。こんなブログですら躊躇している私からすれば、拍手ものである。

 イチサラリーマンの調査隊としては、会社のブログが炎上されるのも申し訳ないし、それこそ選挙とかで言う「刺客」じゃなく、戦国時代とか武士がいたころの本物の「刺客」が会社に乗り込んでくるのではないかと戦々恐々としてしまうのである。
 
 と言いつつも、他にこれといった話題が1面になるわけもなく。何故なら、今プロ野球はオフシーズンだからだ。ゴルフも先週松山選手の連覇を書いてしまったし。今週で話題になったゴルフというと、安倍首相とトランプ大統領のゴルフ外交くらいだろう。
 何だか二人とも上機嫌だったが、特に大統領は気分屋とお見受けするので、今日の友は明日の敵にならないように、と密かに祈っている次第である。

 やはり、今週はブログと言えども、言論の自由はここにはないと感じられるので、この辺で終了させていただきたい。
 本当はもっとつっこみどころ満載なのだが、それは遠い未来、いつか笑ってオープンにできる日が来たら、ここに書き込みたいと思う。



posted by 調査担当 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

24歳にして…

 今週、日本を沸かせたのは、男子プロゴルファーの松山英樹選手だろう。
 あれよあれよという間に一気に米ツアーで4勝をあげ、3勝でタイだった丸山茂樹選手のもつ日本人米ツアー最多勝を抜き、単独首位に躍り出た。
 そのうえ、このフェニックスオープン、どうやら相性がとても良いらしく、今回連覇として取り上げられているが、その前2回も2014年4位タイ、2015年2位タイと、実は好成績を残している。この相性の良さに、海外メディアから「フェニックスに家を買ったらどうですか」とまで言われて、松山選手本人も、「そうですね」と満面の笑みで応えていた。

 今回の連覇は逆転勝ちでの劇的勝利だったこともあり、デイリーを除くスポーツ紙5紙が1面で称えていた。寧ろジャックをとっても良かったのではないかと思うくらいの素晴らしい成績だ。
 海外メディアも「全盛期のタイガー(ウッズ)を彷彿とさせる」と報道しているくらいなのだ。
 デイリースポーツが、こういうコメントをうまく使って、タイガースの虎とリンクさせて松山選手を1面にするとか、ひねった見出しを作れば、いくらでもタイガース以外の選手にも光を当てられると思うのだが…。結局この日デイリースポーツが1面にしていたのは金本監督である。そしてその中身は毎度のごとく、日常のタイガース日記である。
 デイリースポーツが、あくまでそれを貫くというのであればそれはそれでよいのだが。稀勢の里の時は2日も連続で1面にしていたのに、腑に落ちないのだ…。
 そして思い当たった。そういえば、海外スポーツに関して、デイリーはとても弱い。
 恐らく宜野座での阪神のキャンプに記者のほとんどをつぎ込んで、他の記者を海外に派遣する余裕がないのではないだろうか。国内だったらまだまかなえても、「アリゾナは遠すぎる‼」という…。

 それにしても、スポーツ紙1面で堂々とトロフィーを掲げる松山選手をみても、全国紙で1面を飾る松山選手をみても感じるのだが。
 …24歳には見えん。
 堂々たる風格である。そして貫禄。
 孤独な海外での挑戦が彼を大人びて見せているのは100も承知だが、それを差し引いても24歳には見えん。
 卓球の福原愛選手なんかは、いつの間にか28歳だが、松山選手よりも年下に見える。
 まあ、愛ちゃんと比べてはいけないのかもしれないが。
 これからゴルファーとして伸び盛りの年齢を迎える松山選手。米ツアー日本人最多勝は今後も彼自身が記録を塗り替えていくと思う。そして、タイガーウッズと直接対決して勝ったりすることがあれば、おそらくデイリースポーツも便乗見出ししてくるに違いない。
 その時こそ、念願の1面ジャックは間違いない‼



posted by 調査担当 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

WBC辞退

 今週は、横綱に昇進した稀勢の里の、明治神宮での奉納土俵が話題となったが、先週2日連続1面ジャックをした稀勢の里も、さすがにここまでデイリースポーツを引っ張ることはできなかったようだ。

 2月に入り、続々とプロ野球球団のキャンプ入りが始まった。
 これからしばらくは、こちらメインの1面となるに違いない。
 スキージャンプの高梨沙羅選手の50勝も、あの年齢で、あの試合数での50勝到達はもの凄い記録だったのだが、2紙1面どまりだった。ちなみに、勝率(しかも、ここでいう勝率は、優勝の率で、表彰台にあがるということでもない)が、5割を超えているのだ。棒高跳びの世界でブブカが鳥人とよばれたなら、スキージャンプの世界では、高梨選手が鳥人とよばれても過言ではないだろう。

 プロ野球が1面メインになっていくのは予想していたのだが、そのプロ野球界に衝撃が走る発表が2月初っ端からあった。
 大谷選手の、WBC投手辞退というものである。もともと状態のよくなかった右足首が、日本代表の強化合宿で悪化したとのこと。これを侍ジャパン側ではなく日ハム球団側が発表したことも波紋を広げているが…まあ、それはさておき。
 日本だけでなく、海外でも大きく報道されている。「WBCで観客を呼べる選手の一人が辞退」と。…他の選手に大変失礼な報道だが、それだけ大谷選手に国内外からの注目が高かったとも言えるだろう。
 その発表は、トーチュウ・デイリーを除く4紙の1面を大々的に飾った。
 
 大谷選手としては、今のところ投手としての出場を辞退ということらしいのだが、足首の状態がこれ以上悪化しないためには、そもそもの出場辞退をとりやめたほうがよいのだろう。
 WBC自体、大リーグ側だって、ネームバリューのある中心選手の出場をさけている。本来のプロ野球ファンの人は、日本だって煙たく思っている。いや、これは本当。
 日本人は、ナショナリズムを大切にするから、案外WBCでの世界一にかけているのかと思っていたのだが、つい先日、長年日本ハムの大ファンの人と知り合う機会があったのだが、「WBC、本当になくなってもらいたい。オリンピックも、野球、復活しなくていい。あんなんで怪我でもされて、シリーズに出られなくなったら最悪だ」と本気で言っていた。
 ファンの球団がある人にとっては、意外にも日本代表はどうでも良いことらしい。この日本ハムファンの彼にとっては、大谷選手は投手だけでなく、打者としても出場辞退してもらいたいというのが本音であろう。
 どんどんネームバリューのある、田中将大投手、前田健太投手やらが辞退していっているなか、大谷選手の打者としての出場も雲行きが怪しそうだ。監督が少し可哀想にもなるのだが、開催当初から色々問題を抱えていたWBC、そろそろ考え直す時がきたのではないだろうか。
 WBC、無くなったらやっぱり1面ジャックなんだろうかと、1面調査隊としてはそこに思いをはせてしまう。


posted by 調査担当 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする