2017年06月29日

藤井君フィーバー

 ご存知かと思うが…。乳がんで闘病生活を送っていた、歌舞伎俳優市川海老蔵氏の愛妻、小林麻央さんが先週、亡くなられた。非常に心に響くブログで「生きる」意味をもう一度考えさせられた人も多いだろう。
 海老蔵氏の印象は、実は昔はよくなかった(麻布のBARでの暴行事件は、このブログでも取り上げたこともある)。だが、この麻央さんの乳がん発表後からの献身的な夫婦愛を見ていたら、本当に温かい家庭を築いて、かなりご自身、変わられたんだなと思わせられた。憔悴しきって、涙も隠さず麻央さんの死去を会見で話す海老蔵氏の姿は、日本中の心を打ったことであろう。
 それは、デイリースポーツですら例外ではなかった。
 そう、1面ジャックしたのである。ただ、これらは追悼の意を表して、という意味で、この場を借りて、1面調査隊からも心よりご冥福をお祈りしたい。残された小さなお子様二人も、健やかに育っていっていただきたいと思う。

 今週は、もう一つ大きな出来事があった。こちらは喜ばしいことである。
 史上最年少、前人未到、公式戦29連勝を果たした藤井四段棋士。
 今や時の人である。聡太といったら藤井だろう。
 大きなお世話だが、東京スポーツには、俳優の福士蒼汰の陰が薄くなり、改名の危機に陥っているとか何とかまで書いてあった。いやいや、ないない。と突っ込みながらも、今年産まれた男の子に「そうた」と名付ける親がいたら、きっと迷わず「聡太」にするんだろうなとも思う。
 そしてこの29連勝を果たして歴代1位となった翌日、1面ジャックはなったのか。

 なんと‼…デイリースポーツがその道を阻んだのである。前回の28連勝1位タイ記録の際はサンケイスポーツに阻まれたのだが、新記録を樹立したにも関わらず、1面ジャックにならないとは…。トーチュウはというと、何せ藤井君の出身地が愛知県瀬戸市だから、地元愛から、彼を外すことはまずないだろう。このまま連勝し続けて、中日ドラゴンズも天のいたずらでリーグ優勝したとして、その二つが被ってしまった翌日であれば、もしかしたらドラゴンズに軍配があがるかもしれない。

 それにしても、今の藤井君フィーバーで一番悔しい思いをしているのは、「週刊将棋」の編集長かもしれない。この週刊将棋、将棋人気の陰りをうけて、2016年3月に惜しまれつつも休刊になってしまったのである。まあ、ほとんどの人が「そんな媒体、あったんだ」くらいにしか思わないだろうけど。しかも、新聞ということすら知らないだろう。
 1年後の藤井君出現を予測できたなら(1年前も藤井君、将棋指してはいたが、これほどの強さではなかった)、まだ発刊していたんだろうなと思うと、編集長の悔しさは、察するに余りある。いや、また発刊しようと今、水面下で動いているのかもしれない。
 発刊するなら、今でしょ‼(林修先生風に)


posted by 調査担当 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

恐るべし、14歳。

 21日は、まさかまさかの将棋界の歴史を塗り替えた日になった。公式戦連勝記録を最年少棋士にして歴代最多タイに並んだ。
 そう。藤井聡太四段。まだ中学三年生。将棋を始めたのは6歳という。

 28連勝を記録し、今では連勝記録をどこまで伸ばせるか、常にメディアの注目の的になっている。対戦相手も非常にやりにくいことこの上ないだろう。なんといってもスポーツの世界でも、仕事でもそうだが、どれだけ平常心で臨めるかが、いいパフォーマンスに繋がると思うのだ。将棋ともなれば、雑念がどれほど集中力を切らしてしまうか。
 私自身はかじる程度にしか将棋をたしなまないが、相当脳味噌をフル回転させていることと思う。

 このタイ記録に並んだ対戦の翌日22日の朝刊、なんとデイリースポーツもトーチュウも、1面で藤井棋士だったのだ。
 これは1面ジャックか‼と思いきや、思わぬ伏兵、サンケイスポーツが。
 なんと単なる競馬予想。
 将棋はスポーツ・芸能とは一線を画したいのか、サンケイスポーツ。いやいや。今までも政治ネタが1面になったことだってあるだろう。スポーツ紙に限らず、1面は世間の注目度の高さを推し量るものだ。どう考えても、ここは藤井四段だろう‼とツッコミたくなったのは、私だけではあるまい。デイリー、トーチュウなら「あ、やっぱりね」と思えるものを…。

 それにしても、彼が対戦の時に必ず持っている「大志」と書かれた扇、ものすごい売れ行きらしい。今年産まれた男の子の名前ランキングに「聡太」が急浮上するのも、間違いないだろう。日本中の将棋教室がパンク寸前になるくらいに生徒が殺到するのも間違いないだろう。
 14歳にして、社会に与える影響の大きさは計り知れない。恐るべし、14歳。

 ちなみに彼は、新聞を1面から社会面まで毎日じっくり読むのが日課らしい。
 …我々、毎日何紙も何紙も1面から社会面まで読んでますが…、将棋は強くなれるんでしょうか(笑)。
 26日から始まる竜王戦で、新たな歴史的1ページとして記録を打ち立ててくれるのだろうか。その時は、サンケイスポーツも1面から外すということはないだろう。1面ジャックはすぐそこまできている…‼


posted by 調査担当 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

小さな巨人・・・?

 先週、13連敗という不本意な記録更新をしてしまったジャイアンツだが。
 このブログだけではあるまい、メディアでも相当叩かれていたようだ。さすがの巨人も奮起したようで、13連敗で記録を止めた。
 翌日の6月10日付はトーチュウ・デイリー除く4紙が1面。普通に1勝しただけなんだが…。「笑った‼止めた‼由伸監督」の見出しばかり。ただ、冷静に考えてみれば16日ぶりに勝ち星って…。その1勝、1面にするほどでもない、フツーの1勝では?と思ってしまうのは、私だけではあるまい。

 この若き監督を更迭も何もできないのか、巨人は別の動きを見せた。
 それがGM交代。堤氏が辞任し、鹿取元ヘッドコーチがGMに就任。小さいな、巨人。GMが交代したところで、選手のモチベーションは上がらないと思うし、結果に表れるとは思えないのだが。まあ、由伸監督を更迭したところで「結果を出せない俺らのせいだ」ともならないだろう。
 もともと大金をはたいて選手を集めているから、おカネでモチベーションというわけにもいかないだろうし。
 ただ、この上部刷新が、なんと3紙も1面を獲得した。どうやら注目度は高いらしい。色々な意味で注目を浴びている巨人。注目を浴びることで、逆に選手を奮起させるつもりなんだろうか。それに応えられる選手たちであればよいのだが。WBCなどをみていても、日本の選手はメディアに注目を浴びれば浴びるほどプレッシャーでいい仕事ができないタイプが多いのではないかという懸念もある。

 どうすべきか迷走している巨人を見ていて、見出しが頭に浮かんだ。今期、とりあえず連続ドラマで視聴率1位を獲得しているTBSの「小さな巨人」。全然別の意味の「巨人」だが。ああ…変なところで番宣をしてしまった。ちなみに、今週末最終回。半沢直樹の警察版。
 小さな巨人。9月には大きな巨人(巨人だから大きくて当たり前か)になってもどってくるのだろうか。がんばれ、巨人。


posted by 調査担当 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

とうとう更新!

 更新ときいて、グッドニュースと思うなかれ。
 バッドニュースもあるのだ。

 タイガースファンからしてみればグッドニュースかもしれないが。ここ数日、スポーツ紙1面を賑わせている記録更新。
 なんと、あの読売巨人軍が、木曜日のナイターで記録更新し、13連敗爆走中。いや、迷走中なのである。
 これまでは長嶋巨人だった時代につくった12連敗だったのが、長嶋さんの黒歴史を塗り替えてくれたのだ。巨人の1軍選手の年俸、恐らく他球団の倍以上のはずだが。それでも勝てない今年の巨人。
 ここ最近では永遠のライバル(と、虎ファンは思っているだろう)タイガースの調子もとても良いこともあり、ライバルとすら思われていないだろう。

 ただただ、日々○〇連敗中という見出しが1面を飾っている。監督・コーチの若返りをはかったのが、裏目に出てしまったのか。
 そもそも思うのだが、選手として能力が高い人=監督として能力が高いというのは間違いなのである。サッカーのオシム監督や岡田監督だって、選手だったときはパッとしなかった(と、思われる)。きっと成功までの道筋をカラダではなく、考えることに長けている人だったのだろう。まあ、イコールで結べる人もいるだろうけど。チャンピオンズリーグで先日優勝を果たしたF.C.バルセロナのジダン監督は、選手としても名を挙げた。原監督も連覇していたし。ただ、バルセロナも巨人も、相当選手集めにお金をつぎ込んでいる。原前監督が指揮していた以前から、高年俸の選手ばかり集めているので、勝てて当たり前のような球団である。それでこの13連敗はいただけないであろう。

 この連敗記録が続く限り、1面はどこかしらのスポーツ紙で飾ることができるだろう。このまま20連敗とかしてしまった日には、1面ジャックも夢ではない。不本意だろうが。

 由伸監督に、そんな黒歴史(あ、でも記録更新した時点で既に黒歴史か)を作らせないように、ジャイアンツの選手よ、奮起して差し上げようではないか。


posted by 調査担当 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

引退宣言

 今週の衝撃的出来事といえば、宮里藍選手の引退発表だろう。
 情報ニュースでも何度も記者会見の様子も流れていたし、スポーツ紙のみならず、全国紙でも大きく取りざたされた。
 宮里藍選手は、当時の最年少アマチュア優勝記録を打ち立て、渡米し、アメリカ女子ツアー参戦の今の若い子たちのパイオニアとなった存在だった。
 あまりに若い時から活躍していたので、まだ31歳だったというのが、不思議である。
 その引退理由も、「モチベーション」というから、切ない。幼いころからゴルフクラブを握ってきたその生活を、すっぱりと断つといういうのは、相当な覚悟がいることであっただろう。
 フィギュアスケートの浅田真央選手の時ほどではなかったが、今までの苦労をねぎらうかのように、彼女の笑顔とともにスポーツ紙各紙1面でも引退発表を取り上げていた。結局、デイリースポーツやトーチュウには阻まれたが(トーチュウは、インディカーレースで佐藤琢磨選手が優勝したので、致し方ないとするが)。
 高齢になっても続けられるスポーツのひとつだと思っていたゴルフで、31歳の若さで引退というのは、今現役で続けている人たちにとっても衝撃が大きかったことと思う。ここ最近、その業界をずっと引っ張ってきた人たちの引退宣言が続いており、少しばかり寂しい気持ちになる。

 さてさて。引退繋がりと言えば、弊社でも引退に関わる大きな出来事が。
 35歳の若手管理職だったOさんが、5月31日をもって、退職したのだ。転職ではなく。物書きになりたいということで。
 これは事実上の引退宣言にも捉えられるではないか。
 だが、彼の新しい人生への一歩へ向けて、ここでも一言、エールを送らせていただきたい。
 今まで、色々有難う。Oさんらしい生き方を見つけてください。彩り豊かな、実りある人生になりますよう、祈っています。


posted by 調査担当 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする