2008年07月29日

クリッピングができるまで 〜その2〜

おはようございます。営業管理部ハシです。

本日は「クリッピングができるまで」連載、第2回目となります。

前回は注文を受ける営業部を紹介いたしました。
本日は、実際に記事をクリッピングする現場「調査部」をご紹介いたします。
まずはどんな部署なのか、写真にて。

all-research.gif

これが調査部全体画像となります。1フロアほぼ全体を占める調査部隊です。
ジャパン通信社調査部が行なうのは、実際の記事を読んでクリッピングをすること。
データーベースでの検索等ではありません。人が読み、判断したものをクリッピングします。
前回でも記載されましたが「新聞/575紙318版。雑誌/1307誌。計2200紙誌」を、40人前後で毎日読んでいるのです。

newspaper-yama.gif 一人あたり、毎日これくらいひたすら読んでいます。

インターネットの発達による情報提供により、どのようなサービス提供にもスピードが要求されるようになりました。
時代に合わせつつ、1紙1誌丁寧に、かつスピーディに。1800以上あるテーマから瞬時に情報を、人の頭脳だけで取捨選択しなければなりません。概念的なテーマもあります。本当に小さな記事もあります。また欲しい記事の問い合わせがあれば、この山から該当記事を探し出す作業を、毎回行なっております。
必要な記事だけ1日中、担当15紙誌以上を隅々まで読み込みひたすら選び採っていく、頭を酷使する部署でもあります。

2200媒体取り扱っていても、まだまだ日本には沢山の発行物があります(営業部にたくさんの問い合わせが舞い込んできます)。
これらに加え、毎日発売される書籍をも読みこなせる日本人の知識レベルは、世界的に見ても本当に素晴らしいのでしょう。

さてここで、来週から2週間、本blog更新担当責任者になる調査部課長Henryさんに(これまた無理やり)コメントをいただきました。

-------------------------------
はじめまして、調査部2課のHenryです。調査歴、ちょうど6年。
この課は前回営業のHさんからご紹介にあずかりました
北は網走タイムズから南は宮古毎日新聞まで、の地方紙部隊です。
プラス全国のスポーツ紙を扱っています。
私の中で、今日本に地方紙ブームを巻き起こしたくてたまりません。
なぜなら、映画「クライマーズハイ」を見て触発されたから。
(営業部長に我々の業界のバイブルといわれて観た)
ああ、地方紙って熱い!!地方紙には地方の誇りと情熱が詰まっている!!と
感じながら、日々新聞と向き合っています。
仕事に誇りを持つというのは重要なことです。
それはモチベーションにも繋がると思いますから。

デラくんの話にもありましたが、調査部とは何をしているところ?と友人によく聞かれます、私も。
みんなが思い浮かべるのは交通量調査みたいなもの?という感じらしいのですが。
近からず遠からず、というところでしょうか。
膨大な台数の自動車やらトラックやらが行きかう道路を調査し、必要なナンバーだけを数えていく・・・・・・
うちの仕事であれば膨大な媒体の中から、
お客様が必要としている記事を採っていく・・・・・・。
ただ、その顧客の必要としているテーマが1800項目以上ありますから、
直球ど真ん中で採れるテーマもあれば、ストライクゾーン広めに設定してあるテーマもあり、結構苦戦を強いられることもあります。
しかし、そこがアナログ(人の目を通して記事を採る仕事)の腕の見せ所です。
機械での検索とは違い、微妙なニュアンスや抽象的なテーマなどにも対応できるようにはしてあります。

そしてそれには努力の積み重ねと鍛錬が必要です。

まあ、ブログのタイトルにもあるように、日々是クリッピング道ぴかぴか(新しい)、で邁進していく所存です。

ono-san.gif
-------------------------------
Henryさん、ありがとうございます。
上の写真の状態の時、声をかけてコメントをいただきました。
お邪魔して申し訳ありませんでした……。

さて、次回は「クリッピングができるまで 〜その3〜」。
「加工部門」となります。
この部門はクリッピング後の「ファイリング」「広告換算」「冊子作成」等を中心に行なっております。
次回も是非、ご贔屓に。
posted by 調査担当 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103789427

この記事へのトラックバック