2008年08月05日

クリッピングができるまで 〜その3〜

とりあえず連載ができて良かった……、と安堵している営業管理部ハシです。
進むごとにお仕事紹介になっておりますが、ジャパン通信社での内情が少しでも見えてきたかな?と思います。

さて本日は、記事をクリッピングするだけではないジャパン通信社の「加工部門」となります。
この部門はクリッピング後の「ファイリング」「広告換算」「冊子作成」等を中心に行なっております。
様々な方々にご贔屓いただいている部門です。

さてサービスその1は「ファイリング本」。
新聞記事を切り抜いているので、現物の形はまちまちです。
手元に届いても、自分たちで資料として保存するにはそのままでは良くない=手間隙がかかる。
オプションひらめきではありますが、紙に記事を貼りこんでファイリング後、顧客の手元に届けるサービスがあります。
意外にファイリングは大変あせあせ(飛び散る汗)です。
新聞はタブロイドやブランケット版。
専門紙はそれこそ様々なサイズです。
雑誌も統一した大きさではありません。
明らかに通常サイズファイルでは貼り切れない記事の大きさで掲載があったりします。

そんなお客様の手元に、開くだけで情報が整然ぴかぴか(新しい)と並んでいるファイルをお届けすることができるサービスです。

サービスその2は「広告換算」。
上記に加え、記事をデータ表におこすサービスです。
記事量を測り、広告効果を金額にて換算します。
これもお客様の手元作業を減らすため、ご希望が多いサービスの一つ。

新聞・雑誌問わず、ジャパン通信社で取り扱っている媒体ほぼ全てを網羅したデータに基づき、エクセルにて広告効果金額を算出しお届け。

5mm単位にも拘って記事量を算出しています。
また記事をエクセルで管理できる部分も、ご好評いただいています。

サービスその3は「冊子作成」。
集めた記事を冊子本にして配りたい! 
そんなご要望にもお答え。
昨今著作権問題が大きく取り上げられています。
冊子にする場合、著作権に沿う形で出さなければなりません。
そんな面倒な著作権交渉から冊子まで。ジャパン通信社が一括して承っています。
元々著作権には敏感な会社です。
各新聞社につながりが強い。
詳細はお問い合わせ下さい(CMでするんるん)。

加工サービス紹介をしたところで。
恒例の担当者から(強奪している)コメントをご紹介。
今回は加工部門統括のバティさんです。

-------------
加工課のミスターXことバティです。誰も呼んでくれませんが。

当社は新聞・雑誌からほしい情報をお届けするのが基本ですが、
「新聞記事が大量に送られてきても全部見れないし整理できない。時間がない」ってことはよくあることだと思います。
HPにも載せておりますが、加工課では一覧表作成・広告換算作業などのデータ入力、その他クリッピング記事の整理やファイル冊子を作成する業務などを行っております。
やはり、記事のボリュームが多いほど整理する時間も膨大になっているかと思います。
納品形式もお客様に合うようにカスタマイズも可能ですので、ぜひご一報を。

-------------
バティさん、ありがとうございました。
出稿分析やWebクリッピング、TVモニターなど、まだまだ細かいサービスを提供しておりますが、それらはまたの機会に。


次のblogは調査部blog企画担当の東乗がアップしてくれます。
お楽しみに!
posted by 調査担当 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック