2008年10月31日

2008年度グッドデザイン賞の受賞

こんにちは。調査2部3課のKです。
少し前の話ですが、10月8日、2008年度グッドデザイン賞の受賞結果が発表されました。大賞は11月8日発表です。
トヨタの「iQ」やリコーの「RICOH GR DIGITALU」が大賞候補になっているのはテレビのニュースなどでも知られていますが、広島県にあるアトム株式会社の「らくらく長靴大地」をご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
専門紙を調査していると、そんなレアなニュースに出会えることがあります。

ということで、3課のみなさんから「私が見つけたレアなグッドデザイン賞」を募集しました。

 N澤さんは保健産業新聞でアロカ株式会社の超音波診断装置「
プロサウンドアルファ7」と骨粗しょう症診断装置「DCS-600EXV」を発見。操作性などで高評価を受けたそうです。さらに「機器の色彩も、被検者が安心できる」んですよ!

M江さんからは株式会社マルタカの「モテるんパックセンターイン」を紹介していただきました。日本農業新聞によると、米袋の1辺に不織布の持ち手をつけたものだそうです。米袋は重くて持ちづらいので、持ち手がついたら便利ですよね。

 こうして毎日クリッピングの仕事をしていると、世の中にはまだまだ自分の知らないことがたくさんあるんだなぁと変に感心していまいます。
これからも日々是、クリッピング道を極めるために精進していきたいです。
3課のブログ当番はひとまずこれでおしまいです。
読んでくれた方、ネタを提供してくれた方、ありがとうございました。


posted by 調査担当 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。