2010年04月21日

クリッピングで『貢献』してみる・・・〜スペシャルオリンピックスとジャパン通信社〜

 3月12日、オリンピックに引き続いて2010年バンクーバーパラリンピックが開幕しました。
なかでもノルディックスキースキー距離男子10キロクラシカル立位に出場した新田佳浩選手の活躍は、日本勢初の金メダルぴかぴか(新しい)を獲得したということで大きく報道されました。
3月25日の全国紙5紙の【首相の1日】欄では、首相が電話で新田選手を祝福したことが報道されています。
なかでも毎日新聞は、首相が「ごめんね、少なくて」と国の支援体制の不備をわびた、と伝えています。それに対して、新田選手は「海外選手は高い報酬をもらい、ワールドカップやパラリンピックにかけている。目の色が違う」と国の支援拡充を訴えていたそうです。
このように、世界レベルで競い合うパラリンピックはその支援も国庫レベルが求められます。厳しい世界ですね。

話はかわりまして、わがジャパン通信社では、ささやかながら社会貢献活動の一環としまして、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本の支援活動、いわゆるボランティアをしております。

感謝状.gif

次回は、わたしたちのしている支援活動についてお伝えします。


調査部 湯いい気分(温泉)


posted by 調査担当 at 09:36| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。