2010年09月24日

讀賣新聞(仮)移転in銀座

おはようございます。ハシです。
本日は、Henryさんコラムはお休みさせていただき、代理でハシが書かせていただきます。

さてさて本日の話題は、表題にあるように「讀賣新聞」本社が銀座に移転しているニュースです。


ハシが出勤するルート(銀座駅→ジャパン通信社walk)には、旧nissan車(セダン)ビルがあります。
と言いつつも、nissanがリーマンショック後横浜に移転してしまい、ビルは空っぽ。
このような大きいビルにどんな会社が入れるのか……、と思っていました。
(nissanビルだったので新車がディスプレイされていたスペース等、他社が使うには難しい感じのビルなのです。

少し前から、ビルにメンテナンスが入っていることには気づいておりました。
(帰社途中に見上げると、煌々とライトがついていたので。)

そうして気がつくと、ビル内に人とデスクが。
(これも帰社途中に確認しました。)
「???」
と首を傾げていたのです。
どんな会社が入るのか、興味深々で見守っていました。

するとある日の朝。
さりげなくビル正面に「讀賣新聞」という控えめな社名が!

見た瞬間「……?? はい?!」
と仰天しました。

讀賣新聞社2.gif 讀賣新聞社.gif

慌ててニュースを探すと、以下にてお知らせが。
・読売新聞 一時移転のおしらせ
http://www.yomiuri.co.jp/info/info20100823.htm?from=yoltop

9月27日以降、全ての部署が移動してくるようなので来週頭から稼動する、とのことです。



ちなみに、何度か紹介させていただいた「山下書店in東銀座」は、讀賣新聞仮社屋とジャパン通信社のちょうど中間地点の場所にあります。

加えて、朝日新聞社も徒歩5分圏内。

閑話休題。

ジャパン通信社は、2014年の讀賣新聞新社屋が完成するまでの4年間、ものすごくラッキーな場所にいるのではないでしょうか。

徒歩2分もかからない場所に来てもらったので、折角なので親密な関係を築けると良いなぁ、と思うハシでした。


posted by 調査担当 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座Walk Fromジャパン通信社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。