2011年03月31日

石巻日日新聞(いしのまきひびしんぶん)

3月25日付、読売新聞の最終32面に宮城県石巻市の「石巻日日新聞」が紹介されました。創刊は1912年。約30名の従業員で1万4000部の発行部数です。

「石巻日日新聞」はこの震災により印刷工場の入る社屋が被災しながら、12日からの6日間は手書きで号外の新聞の発行を続けました。写真はもちろん無く壁新聞のような体裁で。

「石巻日日新聞」は過去、昭和の戦争中を除き、1度も休刊をしたことがないという。そこには「新聞と途絶えさせるわけにはいかない」という社長の強い信念と、「事実を伝えるのの大事だが、希望を持てるようなニュースが書きたい」いう記者達の姿があるからだ。

こんな情熱と心意気のある新聞社をみると、胸が熱くなります。

我々ジャパン通信社もモニタリング会社として、正確にスピーディーに求められている情報をクリッピングし届けつづけなくてはと実感するのであります。
頑張ります!




posted by 調査担当 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の記事(調査部より) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。