2015年10月20日

第51回報道健保野球大会(準決勝・決勝)

前日まで、しとしとと降っていた雨は、
次第に薄日がこぼれる秋の空へと変わっていきました。

2015年10月18日、ジャパン通信社野球部「クリッパーズ」は、
早朝からの準決勝、続く決勝へと勝ち進み、
見事優勝の栄冠に輝くことができました。

準決勝はまさに死闘というべき試合展開。
対戦相手は過去に優勝経験もある強豪チーム。
クリッパーズは打線が奮起し、序盤に点を重ね4点のリード。
ところがその直後、1回戦から鉄壁の守備を誇っていた外野陣に、
緊張のあまりか突如守備の乱れが。
立て続けに点を取られ、同点に追いつかれてしまいました。
その後も対戦チームの怒涛の攻撃にあい、
あっという間に逆転。
とうとう6回表に3点差をつけられてしまいました。
審判の方も時計を確認しつつ、この6回裏の攻撃が最後とのこと。

「絶対勝つぞ!」
恒例になったベンチ前の円陣。
キャプテンの掛け声で皆の心が一つに。
「ミラクルクリッパーズ」がまたまたキセキを起こしました。
対戦チームの抑えピッチャーは剛速球の本格派。
恐れず何とかくらいつく野球初心者の下位打線。
好調の上位打線も続きチャンスを広げ得点を重ねます。
そして相手悪送球の間に一気に逆転!
そのままサヨナラ、7対8と見事逆転勝利を収めました。

2005年の夏、ジャパン通信社野球部「クリッパーズ」は発足しました。
ほとんどが野球経験のない素人集団。
数少ない経験者もそれは遥か昔、思い出の一幕という状況でした。
初勝利は2年後の2007年9月、
何度も試合相手を買って出てくれたニホンモニター様との練習試合でした。
その後、なかなか有望選手も現れず、
負けては、負ける。負けて、負けて、たまに勝利の繰り返し。
素人集団は年齢にも勝てず、徐々に試合数も減少。
一度も勝利できないという年を幾度も経験してきました。

あれから10年。
いつしか新しい有望メンバーも加わり、
10年間地道に野球を続けてきた素人集団は、
まがりなりにも経験者集団と生まれ変わりました。
「勝ちたい、勝てる、絶対勝つぞ」とチーム全員が思えるほどに。
そうして、ついに決勝の舞台へと勝ち進むところまで成長したのです。

決勝戦の結果は12対2の勝利。
ゲームセットの瞬間、
今大会、一人で投げぬいたエースがいるマウンドへ、
チーム全員が駆け寄り、優勝の喜びが薄日をつたり、
神宮の秋空へと響き渡りました。

野球部発足に尽力された当時の経営陣、
陰ながらチームを支えてくれた応援団、スタッフの皆さま、
未熟なチームに試合の機会を与えてくださった対戦チームの皆さま、
本当に、ありがとうございました。

そして、最後まで勝利をあきらめなかった「クリッパーズ」、
キャプテンを中心に、よく頑張り、よく野球を楽しんでいたと思います。

「クリッパーズ」、初優勝おめでとう。


IMG_2667.jpg


代表M


posted by 調査担当 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。