2016年02月26日

明日の五郎丸

 今週、読売新聞で恒例の全国世論調査スポーツ編が掲載になった。読売新聞は、日本では購読者数NO.1を誇る媒体である(まあ、長きに亘って購読している人・巨人戦のチケットが欲しくて購読している人がたくさんおられると思うので、年配の方・巨人ファンのほうに購読層としては偏りがあるかもしれない)。
 
 そんな読売新聞がアンケート調査を定期的に行っているのだが、結構スポーツ紙1面とリンクするものがあるのだ。
 好きなスポーツ選手ランキング1位は、去年に引き続き錦織圭選手。言わずもがな、男子テニス界で世界トップレベルの能力を有する選手。インタビューでは英語ペラペラなのも憧れる要因の一つだろう。日本人は、外国語ペラペラな人に弱い。
 2位と3位は日本のフィギュアスケート界を牽引する羽生結弦選手と浅田真央選手。
 4位は日本の誇る安打製造機イチロー選手。いつでも冷静沈着に自己管理をして結果を残す男。同年代からすれば、憧れの生きざまではないか。ただ、フツーの人間はあそこまでストイックには生きられない。見ているだけで十分だ。
今年は大リーグでの3000本安打記録がかかっていることもあり、今週の1面は意外にもイチローフィーバーだ。主体で1面にあったのは2紙だけだったが、見出しにも「イチ」が使われ、写真も載っているのを合わせれば、4紙の1面でイチロー選手がお目見えしたのだ。こんなリーグ戦真っ最中でも何でもない時期にしたら、とても珍しい是非ともこの波に乗って3000本安打を達成し、1面ジャックを成し遂げていただきたい。イチロー選手なら、できる‼
そして5位は昨年の13位から大幅にランクアップ。二刀流、大谷翔平選手。こちらも先週から1面の常連さんである。アメリカでのキャンプでもメジャーのスカウトから熱い視線を送られており、それだけで1面を獲っちゃう男である。
6位には内村航平選手。日本体操界の星である。オールラウンダーであり、しかも団体戦では常にチームのことも考えての結果を残せる、頼りになるエースである。そりゃあ、上位になるだろう。
7位。この選手が一番の大躍進だろう。ラグビー日本代表の五郎丸歩選手。多分、1年前の今日、この名前を耳にしても、世の中のほとんどの人が知らなかっただろう(すみません、五郎丸選手)。
だが今や、この名前を知らない人のほうが圧倒的にマイノリティーになってしまったくらい、全国にその名を轟かせた。流行語にもノミネートされ、札幌雪祭りでは雪像にされ、羽子板にもなり、その他さまざまな賞を受賞していた。多分、ラグビーの認知度も上げた。
同じくらい1面に縁がなかった柔道は、未だに1面ではほとんど見かけない。そしてそれはやはり人気バロメーターのスポーツ紙1面が表している結果であり、今回の読売新聞のアンケートでも、見るのが好きなスポーツでは柔道はランク外。ラグビーは上位10項目の中には入らなかったものの、去年の調査から倍に伸びたのだ。
これを見ると、やはり1面の力は偉大だなあと思ってしまうのは、私だけではあるまい。やはり駅やコンビニにズラッと並べられた見出しや写真のインパクトは、相当大きいと思われる。アスリート自身も、そこに自分の顔が載るのは一種のステイタスだろうというのは想像に難くない。

今回の五郎丸選手のようなパターンもある。まだまだ名前の知られていない選手でも、1面に載ることで一気にブレークする可能性を秘めているのだ。それが、1面のパワーなのである。是非とも、未だ名前の知られていないアスリートたちも、明日の五郎丸を目指して頑張っていただければ、と思う。
その時、1面でご対面しましょう。




posted by 調査担当 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。