2016年06月17日

やっぱり、イチローは超人だ

 すごい。スゴイの一言だ。
 日本の東京都議会で「セコイ」話でチマチマ言い争っている中、イチローは着実に安打数を伸ばしていた。
 そして日本時間6月16日、とうとう元大リーガーP・ローズ氏の持つ歴代1位の安打数の記録を抜いた。まあ、日米通算なので本国アメリカでも賛否両論あるようだが。それでも、この記録はスゴイだろう。
 本来ならばこの1面調査隊、木曜日に1週間の調査を締めて、そこまでの集計でブログを書くのだが、今回ばかりは絶対イチローでしょうと思い、金曜日に書くことにしたのである。
 さて。その成果はあったのか。
 なんと。
 残念ながら1面ジャックならず!5紙1面だったのは言うまでもない。
 もちろん、ジャックを阻んだのはデイリースポーツである。なんとイチロー超えをしたのは、藤浪選手。どんだけデイリースポーツの1面を飾れば気が済むんじゃい…って思うのは、デイリースポーツ・阪神ファン以外では、私だけではあるまい。

 42歳のイチローは、今度アメリカでの3000本安打を目指す。
 全てが偉大な記録であることは間違いない。
 大リーグの記者会見を見た。イチローは言う。「(記録などは)大したことじゃない。だけど、(記録をだしたときの)チームメートやファンのああいう反応(ものすごく喜んでいる姿)がすっごく嬉しかったですね。それがなかったら何も大したことじゃない」と。
 イチローが言うと、全て名言に聞こえる。まあ、それだけの結果は残しているのだが。
 そんなことを言ってくれたイチローに、日本くらい諸手で称賛してあげようという気にはならなかったのだろうか、デイリーは。それともP・ローズと同じく「日米通算じゃ納得いかず!」的な精神なんだろうか。
 アメリカで賛否両論持ち上がるのはわかっていたことだ。日本でも王貞治のホームラン記録が塗り替えられそうになると、バッテリーが敬遠するようないやらしいことがあったのだし。ナショナリズムが生まれるのは仕方ないことだ。そんな中でも王さんのホームラン記録を塗り替えたヤクルトのバレンティンも、(日米通算ではあるけれど)イチローも、素晴らしいと思う。
 ここはお互い気持ちよく、塗り替えられた方も塗り替えるほうも、尊敬し合えばいいと思うのだ。

 最後になったが、イチロー選手、おめでとうございます。




posted by 調査担当 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。