2016年06月24日

飽きられはじめた総選挙

 今週の話題はと言えば。色んな意味で選挙だろうか。
 日本の参院選も、イギリスのEU残留をかけた国民投票も、もちろん注目を浴びている。
 が、こちらのブログで言えば、スポーツ紙愛読者からの注目度で言えばAKB総選挙だろうか。もうご存知の通り、指原莉乃が貫禄を見せて連覇した。ちなみに中間発表では2位だったのだが。
 結果、24万超えの票(東京都港区の人口と同じくらいなのである)を獲得し、2位の渡辺麻友に6万票以上の差をつけて圧勝した。
 この総選挙の開催日18日、たまたま秋葉原に上陸していたのだが、AKB48の前はかなりの人だかりだった。会場は新潟なのにという話を一緒にいた連れと話していたのだが、
サッカーをパブリックビューイングで見守るような気分なんだろうと思っている。

 が、1面の結果を見る限りではそろそろ飽きられ始めているように思う。
 年々増加傾向にある得票数にダマされてはいるものの、何となく新鮮味にかけるのか、注目度(世間話のネタとしてのおもしろみ)がどんどん下がってきているように思う。
 故の結果か、今年はこれほどぶっちぎりの1位を獲得したにも関わらず、総選挙で1面にしていたのはサンケイスポーツただ1紙のみだった。そしてテレビ中継をしていたのがサンケイスポーツの親元、フジテレビなのだから、サンスポは1面にせざるをえまい。
 それを考えると、ほぼスポーツ紙の記者の興味関心は既にAKBらアイドルから離れつつあるのではないかと思う。最近ではももクロなどといった他のアイドルも見かけなくなったし。やはり常に1面に載るようなパフォーマーでいることは至難の業なのだろう。
 秋元康先生はそろそろ次の手を考えているのだろうか。
 彼なら考えているかもしれない。
 彼の頭の中はどうなっているのか、たまに不思議に思う。美空ひばりに詞を提供するかと思えば、アイドルの曲(古くは小泉今日子やおニャン子クラブ、現在ではAKBら)だったり、とんねるずら芸人にも提供していたりする。大体、いい歳したおっさんが、「カチューシャ」やら「フォーチュンクッキー」やら、よく思いつくな、と。感心しきりである。

 随分話が逸れた。が、年々1面を飾る紙数が減り、とうとう1紙になってしまったのだから、来年は何とかせねばならないという焦りはどこかに持っているのではないだろうか。先を見通せる秋元先生なら、来年の今頃、もしかしたらまたAKBが1面をジャックするところまで引き上げているかもしれない。

 秋元先生のお手並み拝見といきたい。



posted by 調査担当 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。