2016年09月30日

祝‼優勝×2

 早いもので、もう9月も最終週。

 今週はスポーツ紙1面にとっては山場だった。
 何といっても優勝ニュースがふたつあったのだから。

 ひとつめは豪栄道。日本の国技、大相撲での14戦全勝での千秋楽待たずしての優勝。
 圧倒的強さを誇る横綱白鵬が休場とはいえ、ほか二人の横綱にも勝利しての優勝は、アッパレの一言につきる。しかも聖地国技館。
 これには館内も大いに沸いたようである。
 負けじとスポーツ紙1面も大いに沸いていた。何と、あの東京中日も豪栄道の優勝を1面に持ってきていたのである。名古屋場所などであればいざ知らず、あまり見ない1面だったので、逆に驚いてしまった。とはいえ、さすがのデイリースポーツは崩せなかったようである。25日朝刊の1面は全勝ならず!
 しかしながら豪栄道は、他のスポーツ紙の1面よりも何よりも、トーチュウの1面をがっつり飾れたことを、誇りに思ってよいだろう。

 二つ目は、セ・リーグにやや遅れてようやくパ・リーグの覇者となった日本ハムファイターズ‼
 こちらは、東京中日が豪栄道を1面にしたのよりももっと驚きの、何とデイリースポーツが大谷投手を1面にしていたのである。
 かといって、1面ジャックにならないのが難しいところである。ここは東京中日スポーツがジャックを阻んだのである。
 それにしても29日付の1面、日本ハムの1面とはいえ、大谷、大谷、大谷の連続で、少しばかり栗山監督が可哀想になってしまったのは私だけだろうか。
 確かに優勝を決めたゲームでの先発も大谷投手だったし、この優勝の立役者は間違いなく大谷選手なのだが。広島カープが優勝した時は、1面の見出しや写真が、黒田投手だったり緒方監督だったり、まあバランスが取れていたわけなのだが。今回の日本ハムの優勝に限って言えば、デイリーも含めてみな大谷イッポン。
 …大谷投手以外の選手も、でもまだ、クライマックスシリーズでの戦いぶり如何によっては、きっと大谷選手や栗山監督を抑えての1面の可能性は残されている‼はずである。よって、ここからの巻き返しを1面調査隊としても期待したい。
 知名度的には大谷投手であるが、どこまでの活躍をみせたら、大谷投手を抑えて1面を獲れるのか。それとも大谷投手の活躍がそれほどでなければ特に日本ハムを1面にすることもないのか。
 いろいろな意味で興味がある結果になりそうである。是非とも、クライマックスシリーズでは選手全員の全力投球がみたいものである。





posted by 調査担当 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。