2016年10月14日

ハリルジャパンの新聞各社の評価 & おまけ「全国紙の読者層」考察

 スポーツの秋。盛り上がるスポーツ紙‼
 クライマックスシリーズが、絶好調である。毎日のように1面を飾っている。日本の期待の星、大谷投手も投手でもバッターでも絶好調。スーパーヒーローである。

 そんなクライマックスシリーズがスポーツ紙1面を席巻している今週、ある大きな大会の予選があった。…もう負けられない、サッカー日本男子代表の、ロシアW杯出場をかけたアジア予選である。今回の相手はオーストラリア。そしてアウェー戦。背水の陣で臨んだこの1戦。結果はというと、ドロー。

 さて。この結果を、スポーツ紙各紙がどうとらえたか。
 それによって、物事の見方というのは変わってくる。
 よく自己啓発本やビジネス書にある、「コップに入っている半分の水を、まだ半分あると捉えるか、もう半分しかないと捉えるか。それによって、その後の行動に大きく変化が現れる」というものと似ている。

 ちなみに、このハリルジャパンの敵地でのドロー試合を1面で取り上げたのはデイリースポーツを除く5紙。各紙の見出しは以下の通り。

スポニチ:喜べない勝ち点1 3戦連発 PK献上
スポーツ報知:組織で封じた豪の「高さ」 ドロー奪った‼自主的5バック 脱ハリル
サンスポ:年内続投!延命ドロー ハリル監督
日刊スポ:選手交代も無策ドロー ハリル監督進退会議
トーチュウ:してやったり‼敵地で豪州と1−1 ハリル監督 上出来ドロー

 ドローで終わったことを評価しているのがスポーツ報知、サンスポ、トーチュウ。ドローで終えたことを非難しているのがスポニチと日刊スポーツ。見出しだけでもわかる。
 この5紙のどれを選ぶかで、その購読者のハリルジャパンに対する評価は自ずと変わってくるだろう。ちなみに、東京本紙の総合発行部数(2015年度メディアデータ参考)、評価側3紙合計1,689,798部。対する非難側総合発行部数(同上参考)、2紙合計1,656,775部。
発行部数=購読者数とはもちろん言えないが、結構拮抗しているではないか‼

 これでデイリーがどちらにつくかで1面合戦の決着が着いたのだが。

 こうしてみると、1面を見比べる面白さを改めて感じる。全国紙ではよく比較されるのが社説での考え方だったりするのだが、スポーツ紙はそこまで一貫した社内での思想があるのかはわからない。それでも、試合結果ひとつとってもこうして真逆の見出しに分かれるのだから、やはり人間の考え方は十人十色なのだなあと思ってしまうのだ。

 次のハリルジャパンの結果次第で、その新聞それぞれの考えに一貫性があるのかどうかも、恐らく出てくるだろう。…と、今更ながら1面調査隊らしく分析してみた。

 ここから先は、おまけ。

 東洋経済新聞社の記事に、面白いものがあったので。
 スポーツ紙の論評について上で語ったので。読者層の偏りが地域によってあるのか否かということに焦点を絞った記事。

 東京都53市町村と神奈川県横浜市18区と川崎市7区でそれぞれ最も読まれている新聞を、フリーライターの小林氏が独自で調査したものである。オフィスが集中する東京都港区・新宿区・渋谷区・中央区・千代田区のザ・ビジネス街では当然のごとく日経がトップ。その他東京13市区・横浜8区・川崎1区では朝日がトップ。なんと販売部数全国1位を誇る読売はその他の市区町村でトップという結果になった。
 先のスポーツ紙のところでも書いたが、必ずしも購読者=発行部数ではないこと、販売店に卸している部数にしても、営業力の差というものもあるので、全てが社会情勢を反映しているとは限らないことだけ、念のために付け加えておく(筆者の方もそのようにことわりを入れている)。
 そして朝日新聞がトップになっている13市区を見ると、JR中央線エリアの市区沿線だそうだ。このJR中央線エリアは首都圏でも高学歴層が多いエリアだという。大学卒の割合が、他の鉄道沿線エリアに比べると突出しているようである。そういえば、大学入試では必ずと言ってよいほど「天声人語」を予備校でも推奨されたものである…。朝日新聞は必読だと、思い込まされていた気もする。
 面白い結果がもう一つあって、荒川区では王者朝日を抜いて2位、墨田区・足立区・江戸川区・葛飾区・板橋区では読売・朝日に次いで3位につけたのが、なんと産経新聞。
 筆者の方の分析では、2002年8月まで「下町版」というのが存在しており、下町の情報を手厚く扱ってきたからではないかとしているが、つい先日まで仕事上産経新聞を調査していた私が考えるに、1部110円という安さ、文字の大きさ、カラー記事の多さから、ご年配の方々にも読みやすい紙面になっているからではないかと推察する。

 こうした、全国紙が読まれている地域性も、分析してみると、非常に奥が深いものがある。新聞社それぞれの論調とともに、読む側の視点というものも大いに新聞の発行部数に関わってくるのであろう。




posted by 調査担当 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。