2016年11月24日

11月の大雪がもたらした1面

 本日、朝からみぞれ混じりの雨だったのが、雪に変わり、東京では54年ぶりの11月の初雪を観測した。
 降るぞ、降るぞと2,3日前から予報では言われていたけれど、最近結構天気予報が外れることもあったので、さほど気に留めていなかったのだが、本当に雪になった。

 さて。東京に初雪をもたらしたこの寒気。数日前にすでに北海道には強い寒気がなだれ込んでおり、23日には最高気温−4度という11月とは思えぬ極寒の気温を記録している。そうなってくると、やはり北海道をもってしても「聞いたことがない」くらいの11月としては異例の猛吹雪に見舞われているのである。

 この北海道の大地をホームグラウンドをおくのが、先日大谷翔平選手の大活躍によって日本一の栄光を手にした日本ハムファイターズなのだが、一時は大学にまでメディアが押し寄せていたほど有名人だったハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が所属している。
 もう既にスポーツ紙の1面ではお目見えしなくなってきた彼だが、なんと野球とは別の話題で1面に取り上げられたのだ。
 それが、北海道美瑛町で起きた横転事故による人命救助。漫画のような、本当にあった出来事。対向車線を走っていたミニバンがスリップ、横転した際に、ミニバンから運転していた男性を助け出したというもの。
 23日のスポーツ紙朝刊では、なんとスポーツニッポンと日刊スポーツの2紙が1面に取り上げられていた。もちろんスポーツ紙だけでなく、テレビのスポーツニュースやネットでも話題になっていた。スポーツニュースでの記者に対する受け答えは昔の好青年の面影を残すような「居合わせただけで大したことはしていないが、人としてできることをしただけ」と優等生コメントをしていたが、どうやらネットの住人達には辛辣なコメントをされてしまっているようだ。
「プレーでも活躍してほしい」なんてものは序の口。「プロ初白星が人命救助」とか「戦力外通告されているかと思ったら人命救助してた」なんてものから、ひどいのは「斎藤佑樹に助けてもらってまで生きたいとは思わない」とか。
…斎藤佑樹が可哀想とかそんなんでもなく、別の意味で人間性を疑ってしまうのはわたしだけだろうか…。
そんなんだから、スポーツ選手も芸能人も「エゴサーチ」を自ら禁じている人が多いのだろう。いいじゃないか、素直に「人命救助、すばらしいね」で。本人だって、プレー以外でプレー以上の注目を浴びているのはいたたまれない気持ちもあるだろうし、そこをわざわざ他人が匿名でほじくり返すのは、大人げないと思うのだが。

スポーツ紙の1面が、素直に「人命救助」として1面で称えていてくれたことが唯一の救いであろうか。

 めげるな、ハンカチ王子‼ファンでは決してないけれど、悪意あるネットコメントには屈してもらいたくないのが、スポーツ紙1面調査隊なのである。




posted by 調査担当 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。