2017年03月17日

デイリーを制する者は1面を制す

 予選リーグを、初めて無傷で突破した侍ジャパン。
 まずはおめでとうございます。

 予選リーグ最後のイスラエル戦、4番の筒香選手が膠着状態の中を特大弾を叩き込んで、流れを呼び寄せた。4番としての仕事をきっちり成し遂げていた。
 数年前まで横浜DeNAから4番打者が出るとは思いもしなかったな、と日本代表メンバーが発表になったときは感慨深く思ったものだが、こうなると、俄然、今の大黒柱は筒香しかいないでしょ、と言い切れるくらいにいい働きをしている。やはり、4番はここぞというときに仕事をこなせる人が必要なのである。
 そして、それに応えるように、なんとあのデイリースポーツも1面で筒香選手を取り上げた。タイガースの選手の活躍ではないのに1面とは、かなりの好待遇である。それだけ今回のWBCでの活躍を評価しているということである。
 従って、デイリーを制する者は1面を制す、ということで、16日付1面を筒香選手が無事ジャックしたのである。
 前日にハリルジャパンも日本代表選手を発表したのだが、こちらは全くもって1面で触れられていない…。筒香選手の陰に隠れてしまったのか、それともこれまでの成績からスポーツ紙からあまり注目を浴びなくなってしまったのか。
 それは今後に期待して、1面でお目見えしたときにまたブログにしたいと思う。

 ちなみに。
 毎年、生命保険会社の明治安田生命が理想の上司ランキングを発表しているのをご存じだろうか。6位にイチローが入っているのは、きっとストイックに自分を高め、自分の仕事をこなす姿が憧れの的になっているのだろう。女性部門だと、3位に吉田沙保里選手がはいっていて、こちらも同じような理由だろう。
 このままWBCで筒香選手が活躍して注目を浴びるようならば、彼の名前も急浮上してくるに違いない。小久保監督の名前もあがるかもしれない。
 そしてこのランキング、番外編で上司にも「部下にしたい著名人」を調査している。1位はなんと、大谷翔平選手。あんな走・攻・守が揃った出来すぎる部下、確かに欲しい。数週間前にアメトークで「大谷翔平芸人」特集(大谷選手が大好きな芸人のフリートーク)をやっていたのだが、ホントに好青年なのである。あれを見て、今まで二刀流の凄い選手、くらいしか思っていなかった私まで、現在応援したくなる選手のひとりになっている。
 この部下にしたい著名人、女性部門は新垣結衣さん。こちらはついこの前まで話題になっていたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の影響も多大にあるだろうが。
 上司も結構、我儘なものである。




posted by 調査担当 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。