2017年03月31日

新横綱、1面ジャック

 新横綱として初の土俵入りした稀勢の里が、昇進後の初場所で逆転優勝を飾ったことは、このブログをご覧の方ならすでにご存じのことと思う。

 13日目の取組で左肩を負傷した稀勢の里だったが、残りの取り組みが危ぶまれた中、痛みを押して土俵に上がり、2連勝して逆転優勝を飾ったのである。
 正直言うと、前場所での優勝で横綱になった時、日本人横綱を誕生させるためのゴリ押しにしか見えなかったのだが、今回はきちんと新横綱としての注目度も含めて、自分のなすべきことを成し遂げた稀勢の里を見て、これでよかったのだと思わされた。寧ろ、「ちょっと早いんじゃない」と思ってしまった自分が、ちょっとひねくれていたようで、お恥ずかしい限りである。
 そんな新横綱へのエールと賛辞を含め、優勝翌日27日のスポーツ紙の1面は、あのデイリースポーツの壁すら打ち破っての1面ジャック。
 素晴らしい。日本のスポーツ紙6紙を味方につけた稀勢の里は、今後も横綱としての活躍を期待されることであろう。プレッシャーを打ち破って、是非とも1面ジャック回数を伸ばしていってもらいたい。

 そして、今週のブログにあげる内容の次席として、ハリルジャパンの活躍があった。
 ロシアW杯の最終予選。タイとの試合で、久保や香川が、こちらも自分の仕事をきっちりこなして、点をあげ、大量得点で予選リーグ1位突破を果たした。
 残念ながら、こちらはデイリースポーツの壁を打ち破れず、5紙1面止まりであったが、それでもここ最近、侍ジャパンの筒香選手にしても、稀勢の里にしても、自分の役割をきちんとこなす選手へ、それに見合った評価として1面にされていると思う。
 ここのところの成績不振もあって、冷遇されていたようなハリルジャパンだが、侍ジャパンの活躍にも刺激を受けたのか、それとも本田頼みだった代表選出がその路線を変えたのが功を奏したのか、いい具合に結果を生み出している。
 相乗効果でスポーツ紙1面も盛り上がっている。
 やはり新たなスターがどのスポーツでも必要とされているのかもしれない。
 そしてスターには1面がお似合いである。もし、迷走しているスポーツがあれば、是非とも新スターを、ルーキーを発掘するとよいだろう。
 そのスターが活躍さえすれば、必ずや、1面で大々的に宣伝されることであろう。





posted by 調査担当 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。