2017年05月26日

珍しく、ボクシングが1面席捲

 今週、1面を賑わせたといえば、ボクシングの村田諒太選手だろうか。
 5月20日に行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ。相手のフランスの選手アッサム・エンダムとの試合で、誰もが判定勝ちと思っていた村田諒太選手だが、判定が出てみると、なんと2‐1での判定負け。これにはWBAの会長も激怒し、再試合をオファーしているというし、エンダム選手の母国フランスのメディアでも、試合後不可解だとされていたくらいである。
 
 私自身も何ラウンドか実際にテレビで試合を見ていたが、4Rでは村田選手の右ストレートがエンダム選手の顎をとらえて、ダウンを奪う場面もあった。ボクシングファンでなくとも、いいストレートだったと思う。柔道で言えば有効とか。
 翌日から1面は村田選手の判定負けに対する抗議ともとれる1面が続いた。X5を達成した翌日の井上尚弥選手ですら、村田選手の仇討ちをした、的な1面見出しになっていたくらいである。X5は二の次で。
 象徴的なのは、あのジャイアンツ新聞のスポーツ報知が、このプロ野球開幕後にも関わらず、3日連続で村田選手を1面にしていたことだ。
 これこそ、どれほどこの村田選手の判定負けがボクシング界に影響を与えたかということが窺える結果ではないだろうか。

 まあ、ボクシングの判定について、熱く述べられる私でもないので、5月中に発行を予定していた社内報にものせているのだが、5月中に発行できるか微妙になってきてしまったので、ここで先に4月の1面見出し掲出ランキングを発表してしまおう。

 ジャパン通信社調べ。(東京発行のスポーツ紙1面のみ)
 1位 浅田真央 16回 やはり、強い。引退後から、スポーツ紙以外でも特集が組まれるほどの注目ぶり。
 2位 菅野智之 9回。1位と大きく差がついたが、やはりジャイアンツの選手強し。
 3位 金本監督 8回。デイリースポーツがある限り、金本さんは常に上位に食い込むだろう。
 4位 阿部(巨人)選手、高校野球の清宮(早実)くん、男子フィギュアスケートの羽生君。7回で並んでランクイン。清宮君は、高校野球初ナイターで注目度の高さがうかがえる。
 このあと続くのが糸井選手の6回。デイリースポーツがある限りは、阪神の選手は常にチャンスがあるということだろう。

 5月は、村田選手が食い込んでくることは間違いないだろう。頑張れ、ボクシング界のためにも‼年間1面賞も夢ではない…かも。


posted by 調査担当 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック