2017年06月23日

恐るべし、14歳。

 21日は、まさかまさかの将棋界の歴史を塗り替えた日になった。公式戦連勝記録を最年少棋士にして歴代最多タイに並んだ。
 そう。藤井聡太四段。まだ中学三年生。将棋を始めたのは6歳という。

 28連勝を記録し、今では連勝記録をどこまで伸ばせるか、常にメディアの注目の的になっている。対戦相手も非常にやりにくいことこの上ないだろう。なんといってもスポーツの世界でも、仕事でもそうだが、どれだけ平常心で臨めるかが、いいパフォーマンスに繋がると思うのだ。将棋ともなれば、雑念がどれほど集中力を切らしてしまうか。
 私自身はかじる程度にしか将棋をたしなまないが、相当脳味噌をフル回転させていることと思う。

 このタイ記録に並んだ対戦の翌日22日の朝刊、なんとデイリースポーツもトーチュウも、1面で藤井棋士だったのだ。
 これは1面ジャックか‼と思いきや、思わぬ伏兵、サンケイスポーツが。
 なんと単なる競馬予想。
 将棋はスポーツ・芸能とは一線を画したいのか、サンケイスポーツ。いやいや。今までも政治ネタが1面になったことだってあるだろう。スポーツ紙に限らず、1面は世間の注目度の高さを推し量るものだ。どう考えても、ここは藤井四段だろう‼とツッコミたくなったのは、私だけではあるまい。デイリー、トーチュウなら「あ、やっぱりね」と思えるものを…。

 それにしても、彼が対戦の時に必ず持っている「大志」と書かれた扇、ものすごい売れ行きらしい。今年産まれた男の子の名前ランキングに「聡太」が急浮上するのも、間違いないだろう。日本中の将棋教室がパンク寸前になるくらいに生徒が殺到するのも間違いないだろう。
 14歳にして、社会に与える影響の大きさは計り知れない。恐るべし、14歳。

 ちなみに彼は、新聞を1面から社会面まで毎日じっくり読むのが日課らしい。
 …我々、毎日何紙も何紙も1面から社会面まで読んでますが…、将棋は強くなれるんでしょうか(笑)。
 26日から始まる竜王戦で、新たな歴史的1ページとして記録を打ち立ててくれるのだろうか。その時は、サンケイスポーツも1面から外すということはないだろう。1面ジャックはすぐそこまできている…‼


posted by 調査担当 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック