2017年07月21日

「日本人」であることは、そこまで重要か

 常々思うことがある。
 日本は島国精神が根強い。
 特に、古くからの由緒あるスポーツを見ているとそう思う。ここ最近では、大相撲がその筆頭だろう。まあ、御前試合なんかで帝の御前で取り組みをしたり、神聖なスポーツだったわけで。今も日本人だって女性は土俵を踏めないという、かなり時代に即していないスポーツなわけだ。

 今回、大相撲名古屋場所12日目にして、1047勝をあげた横綱白鵬。つい先日、怪我のため大きな期待を寄せられていた稀勢の里が戦線離脱したところだった。久々の日本人力士だったため、連日稀勢の里報道ばかりだったのだが、白鵬の最多勝利記録更新もかかっている重要な意味を持つ場所だったのである。
 そして、木曜の名古屋場所12日目、とうとう現浅香山親方(魁皇)の記録に並ぶ1047勝をあげたのである。
 本日、金曜日のスポーツ紙1面は4紙が白鵬だった。まあ、デイリーはともかく。4紙白鵬で、少し安堵できた。今までこれでもかというくらい「日本人力士」である稀勢の里一辺倒だったので、そこまで排他的にならなくても…と思っていたのだが。無事に4紙1面で飾ってくれて、調査隊としては良かったと思っている。
 以前からこのブログ、白鵬に肩入れし過ぎなんじゃないかと思われている人もいるかもしれないが、朝青龍関とか、問題を起こしたり、はたまた横綱になっても結果を残せない力士が続出したり、八百長問題、部屋でのパワハラ問題などが勃発して、一時期相撲人気が低迷していたところを、白鵬がひとりで頑張って相撲界を支えてくれたと、私は感じているので、味方になってあげたいというのが、本音である。

 実際はそこまで相撲が好きなわけでも、必死に結果を追い続けているわけでもなく。逆にみなさんのほうが日本人力士に肩入れし過ぎなのでは?と思っているだけのことで。

 そして、恐らく今日か明日か、どちらにせよ近い将来、最多勝記録を更新することは間違いないだろう。
 その時、スポーツ紙はどういう扱いをするのか。
 また、大相撲の世界では、今でも日本国籍を持つものしか親方になれないという規則が残っているのだ。最多勝記録を樹立しても、10年も前に日本人女性と結婚している白鵬でも、日本国籍ではないと親方になれないのだ。
 これほど相撲界に貢献しており、強さも実証済なのだから、そういう凝り固まった日本特有の考え方を改めてはいかがだろうか。きっと、スポーツ紙記者の方々のなかにもそういう考えの方はおられることだろう。
 最多勝記録を樹立した際に1面にするときは、是非、この問題について、大きく取り上げていただきたいと思う。…とはいえ、本日の1面でも結構触れられていたのだが。
 でなければ、なぜ世界各国に出向いてまで、相撲界に勧誘してくるのだろう。大体、引退後に親方になるという道すら阻まれているのだったら、海外から勧誘してくるのはたんなる自己都合にすぎないではないかと、少しばかり苦言を呈したい。

 逆に、今回のこの親方問題は、相撲を世界的なスポーツにできる千載一遇のチャンスかもしれない…と思うのは私だけだろうか。


posted by 調査担当 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ紙情報(調査Henryより) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック