2011年09月17日

クリッパーズその3

今年も東京都報道事業健康保険組合の野球大会が開催されました。
もちろんジャパン通信社のクリッパーズは参加です。

会場はいつもおなじみの神宮外苑(軟式グラウンド)であります。
ケヤキ球場.jpg


プレイボール!今回は後攻です。
プレイボール.jpg
(15時過ぎなのに日差しが強い)


1回の裏。クリッパーズ打線がいきなりの猛攻!!
打って打って打ちまくりました。
14番.jpg25番.jpg7番.jpg
(Go!Go!)

そしてホームイン!
ホームイン.jpg
(ドスコイっ!)


その後も猛攻はまだ続き…。
総務部長.jpg調査部長.jpg


1回の裏。打者一巡で5点先取。
なかなかいいペースであります。
1回裏.jpg
(今回は勝てるんじゃないか?)


その後はピッチャーの好投、ナイスプレーな守備が続いたのですが…
好投.jpg


あっという間に試合終了。
逆転されました。
燃え尽きた…。
試合終了.jpg
(詳しいことは聞かないでください。)


今年も暑い夏が終わりました。
来年も頑張ります!
クリッパーズの勝利への道のりは続くのです。

相手チームの皆様方、ありがとうございました。


posted by 調査担当 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ついに入手!!

今さらかもしれませんが、昨日iPhoneをやっと入手しました。

しかも●●●カメラで手続きし待たされること1ヶ月。
店員が言ってた以上かかりました。
長かったexclamation×2

携帯携帯電話の絵文字すら使わない私なので箱を開けた瞬間から悪戦苦闘の連続。

ちなみに旧ケータイのアドレス帳本移行もできてません。

現在、Mac People付録「iPhone4 mini パーフェクトガイド」と後輩からの指導のもとカスタマイズ中。

職業柄ついつい「産経新聞」アプリをすぐチェックしてしまいました。

これからtwitterにも参戦予定。

これからはサーフィンと同様にいろんな波に乗り遅れないよう心掛けたいと。


バティ
posted by 調査担当 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

クリッピングで『貢献』してみる・・・〜スペシャルオリンピックスとジャパン通信社〜

 3月12日、オリンピックに引き続いて2010年バンクーバーパラリンピックが開幕しました。
なかでもノルディックスキースキー距離男子10キロクラシカル立位に出場した新田佳浩選手の活躍は、日本勢初の金メダルぴかぴか(新しい)を獲得したということで大きく報道されました。
3月25日の全国紙5紙の【首相の1日】欄では、首相が電話で新田選手を祝福したことが報道されています。
なかでも毎日新聞は、首相が「ごめんね、少なくて」と国の支援体制の不備をわびた、と伝えています。それに対して、新田選手は「海外選手は高い報酬をもらい、ワールドカップやパラリンピックにかけている。目の色が違う」と国の支援拡充を訴えていたそうです。
このように、世界レベルで競い合うパラリンピックはその支援も国庫レベルが求められます。厳しい世界ですね。

話はかわりまして、わがジャパン通信社では、ささやかながら社会貢献活動の一環としまして、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本の支援活動、いわゆるボランティアをしております。

感謝状.gif

次回は、わたしたちのしている支援活動についてお伝えします。


調査部 湯いい気分(温泉)
posted by 調査担当 at 09:36| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ゴールデンウィーク

休みボケがおさまらず、本日も適度にだるいですね。
みなさまは、先日までのゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?

さて休み前からメディアでは1000円高速で遠出しよう! と叫ばれていましたね。
ということで、私もサービスエリア情報などかき集め、
同窓会のため友達とクルマでレッツ・ゴー! してきました。

ここで問題。 5/1(金)22:30 二子玉川出発で、四日市まわりで、
いったい私たちは何時に大阪に着いたと思いますか?

ハイ。 途中、浜名湖あたりで2時間の仮眠、奈良で2時間の食事&入浴つきで、
5/2(土)15:30デス。

5/2の東京新聞・夕刊での高速道路利用者の声に
●電車よりも断然安い
●割引があったから旅行を計画した
との声もあれば、
◆いつもより混雑していてくたびれた(毎年、東京から滋賀まで帰省する人)
◆こんなに(66km)混雑し、わしらにとって1000円はマイナス(トラックの運転手)
ともありました。 どちらの言い分にも納得です。

私もこれまでゴールデンウィークに遠出ドライブはさけていたんです。
毎年毎年メディアデとりあげられる、高速での渋滞状況。
「混むのわかってるのに、なんでクルマで出かけるんやろかぁ?アホやなぁ〜」
な〜んて、笑ってたんですから。 毎年、毎年。

1000円帰省から1週間が経った今、思うのは、イライラするし時間もかかったけど、
道中は[峰子's show time♪]あり、車中睡眠あり、温泉あり、
おまけにSAのご当地名物にもありつける。


ときらた、こういうのも年に1回くらいならアリじゃぁ、、ない、ですか?


峰藤子
posted by 調査担当 at 16:11| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

Zの部屋へようこそ 3

 昨年9月に「VOGUE HOMMES」「NYLON guys JAPAN」という海外発行ファッション誌の日本版の男性版(長…)11月には「Precious」の男性版「MEN’S Precious」が相次いで創刊されました。

 やはりターゲットの絞られた雑誌の男性版ということで、女性側がパートナーに薦める、ということも大きいのではないでしょうか。夫婦は似てくる、と言われますが、カップルであっても、感性は似ていると思いますので、お互いが楽しめる、ということもあると思います。相乗効果で部数等に変化はあるのか?興味深い創刊になります。

 創刊繋がりでいくと、先月、「amarena」「GINGER」というあまりなかったと思われる30代向けの女性誌が2誌創刊されました。既存の女性誌が苦戦する中、新しいターゲットを狙った雑誌がどう健闘するのか、これも気になる所ではあります。
 そして「STORY」から派生した「美STORY」が月刊化されます。元気な40代以上の女性。彼女達のあくなき美への要求を満たすこの雑誌には、最近の美しい女性達(本当に年を聞いてびっくり、の人が増えている気がします)の秘密が隠されているのかも?と思わせる特集で埋め尽くされています。

 不況とは言いながらも、元気な雑誌が増えれば、業界も活気付くはず。そういう雑誌が増えることを願っています。
posted by 調査担当 at 14:52| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

三都”味”物語 in東京 [神戸編]

さて、京都編と同じ基準での神戸編。

参考にしたネタはHanako WEST 5月号の神戸特集です。
芦屋や夙川といった高級住宅地が広がる土地柄、
手みやげにも安心できるスイーツ系のお店を中心にご紹介しますね。

●「ビゴの店」 中がもちっとしたバゲットで有名。@プランタン銀座。

●「カファレル」 キュートなパッケージのチョコに胸キュン・@東京駅グランスタ。

●「フロインドリーブ」 サクサクッとしたパイに虜となること必至。最寄駅:広尾

その他、デパ地下にはユーハイムをはじめ、すでに手みやげ常連組の神戸老舗がありますね。
ハズレなし、贈る相手にもほぼ100%で喜ばれる名品は私たちにとってなじみすぎているほど。

ちなみに神戸で桜をみるなら、断然、夙川沿いの桜並木。
桜のきれいさにうっとりするのはもちろん、下流から上流に歩けば、まわりの景色(家々)もじょじょに変わっていく様も、(神戸)らしい一面です。

大阪出身 藤峰子
posted by 調査担当 at 13:21| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

三都”味”物語 in東京 [京都編]

すっかり桜もほころぶ季節となりました。

先週の三連休、私は趣味の西国三十三カ所巡りのため、和歌山の青岸渡寺へ行ってきました。
大阪ー高野山ー龍神温泉ー本宮ー勝浦ー白浜と、和歌山グルリ一周してきたわけですが、ぽかぽか陽気だったせいか、本宮を通る熊野川沿いの桜は、満開そのものでした。

さて、この季節ともなると京都の桜でも、とお出かけの方もいらっしゃるハズ。
と思えば、忙しくてなかなか行けないサラリーマン&OLさんもちらほら。
京都特集の雑誌を手元に、夢だけ描くのは残念そのものなのでは?

さて関西に編集部を置くマガジンハウスからでているHanako WEST 4月号での京都特集。

厳選され紹介されているあの店、この店ですが、いろんな雑誌を読んでいると、あるわあるわ、「本店・京都、支店・東京」。

ということで、京都に行けない方のために「都内で愉しむ京都の味」をご紹介。

●「ガスパール」 京都ではフレンチの名店として知られる。最寄駅:麻布十番
同系列で「ガスパールザンザン」 手みやげにグレープフルーツプリンをどうぞ。
相模大野ステーションスクエア。

●「イル・ギオットーネ」 予約が取りにくい笹島シェフのイタリアンで有名。@東京ビルTOKIA

●「イノダコーヒー」 砂糖とミルクの甘味でほっとひと息つけるコーヒーにやみつき。
モーニングの「京の朝食」はボリューミー。@大丸東京。

その他、銀座・鳩居堂には愛らしい和文具が揃ってます。
デパ地下でも京都の逸品を見かけたりも。

実際、京都は八坂神社や賀茂川の桜を見るのが気分も最高だけれど、こんなお店に行くのも話のネタになるハズ。


大阪出身 藤峰子
posted by 調査担当 at 11:36| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

銀座百景   〜地域限定紙誌の紹介「銀座編」〜

調査2部Uです。今回はジャパン通信社のお膝元である銀座発信の媒体を紹介します。

歴史もあり今もなお日本の文化発信の地でもある、銀座ならではの情報が満載されている『Ginza net Times』『ギンザタイムス』等 幾つかありますが、私のお薦めは『銀座百点』です。

創刊は1955年、発行元である銀座百店会は「サービス・信用とも百点の街を目標に、銀座の発展に寄与し、<世界の銀座>の実現に努力する」(HPより抜粋)と、高い志を目的とし結成され名だたる老舗の名店が会員となっています。(発行部数12万部)

誌面では、世界の銀座!にまつわる小説や対談・エッセイ等が豊富で、多彩な執筆陣が顔を揃え、銀座の大人の香りが漂ってきます。一部紹介しますと…
「銀座が映画の主役だった(川本三郎)」「着ること着ないこと(浅井慎平)」「銀座八丁おもいで草紙(池部良)」等々…

2月号の「一杯の珈琲から(村松友視)」では、あのジョン・レノンが歌舞伎座横の珈琲店「樹の花」(私も何度が訪れています!)へふらりと立ち寄った際のエピソードが、より詳しいものがたりとして語られていて楽しい。http://www.hyakuten.or.jp/pick/index.html

ここで、〈銀ブラ〉とは…?談義です。
1月号「九十翁との対話(半藤一利)」によると、「…なにをするといってもアテもなく、ただブラブラして、店をのぞいて歩くだけ。これが〈銀ブラ〉の神髄である」 
一方、2月号「詩人と珈琲(三田完)」では「大正のはじめ、銀座の喫茶店パウリスタでブラジル直輸入の豆を用いた珈琲を飲む、という新風俗が当時の学生たちの間で流行し〈銀ブラ〉と呼び称された」そうです。 

『銀座百点』をはじめ他の2誌も今年からジャパン通信社のクリッピング対象誌となりました。ジャパン通信社では銀座以外でも全国津々浦々の地域限定紙誌、フリーペーパー等も多数クリッピング調査しています。今後、このBlogでもいくつか紹介して行きたいと思いますので、お楽しみに!
posted by 調査担当 at 18:00| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

「Chiba」

ご無沙汰をしております。
主に地方紙の調査を担当している、東乗です。

弊社のブログでも最近話題になっている、廃刊・休刊の相次ぐ流れ。
「そんななか最近、新たに新聞協会に加盟した新聞社があるんだ!」
と奈良県の基本装丁8ページの歴史ある新聞、「奈良日日新聞」を紹介しようと思っていたのですが、
角川クロスメディアの「Chiba Walker(千葉ウォーカー)休刊」というニュースが入ってきたため
千葉県在住の私はショックを隠しきれず、今回はこのニュースを伝えることにします。

「千葉ウォーカー」は「東京ウォーカー」の千葉版情報誌として1999年に発行されました。
当時学生だった私は「地方が元気になるメディアの一つに」と個人的に応援・期待していたので、とても残念なニュースになりました。千葉ウォーカーを見て出かけた場所がとても懐かしい。

実は半年ほど前に、「千葉ウォーカー」と同様、神戸の情報誌「神戸ウォーカー」が休刊をしています。
残る地域は「東京ウォーカー」や「横浜ウォーカー」など5紙。
これらの地域は長続きし、更に発展していけば…と願うばかりです。


余談になりますが、いよいよ野球のワールドカップ・WBCが開幕しました。
関西大学宮本教授の調査によると優勝なら経済効果は約500億円にもなるとか。
(2月27日付 スポーツニッポンなどに掲載)
新聞の調査を始める際、1面から明るい話題が見られることを、今から楽しみにしています。

posted by 調査担当 at 14:07| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

ワールドベースボールクラシック(WBC)と宮崎

久しぶりの調査部2課HENRYです。

不況の嵐が吹き荒れています。
北から南まで、日本列島のあらゆる地方紙を担当している2課で日々仕事をしていると、そのことを痛感いたします。

毎日のように紙面を飾る「工場閉鎖」「リストラ」の文字。
日本は今本当に元気がない・・・と思いきや、好景気に沸く土地が。

宮崎です。

東国原知事効果?いえいえ、それだけではありません。
日本全国が注目しているワールドベースボールクラシック(WBC)のキャンプ地なのです!!
私が所属している2課は、地方紙だけでなくスポーツ紙も担当していますので、WBCの熱気がその両方から伝わってきます。
2月5日付の西日本新聞には、「昨年に続き、高い観光熱」とありました。
昨年は経済効果とメディア露出によるPR効果で155億円だったとのこと。
2月16日付のサンケイスポーツでもWBC特需について1面で触れられています。
こちらでも経済効果83億円、PR効果71億円(合わせて154億円)とあり、今年は例年以上に期待が集まっているとのことです。
(※ちなみに、メディア露出によるPR効果の換算については、弊社も行っております。

詳しくはコチラ

WBCの日本代表にはあらゆる面から期待がかかっています。
スポーツ紙のここ最近の一面にもそれが表れています。
スポーツ紙の一面というのは、スポーツ・エンターテイメントでの世間の注目度を計るには、大変面白いものだと思っています。
2008年夏のオリンピックの時期に分析をしたこともありますが、最近新たに1面の分析を始めています。
日本人は野球が好きらしく、もともと野球が一面にくることが多かったのですが、二月に入ってからは八割がWBCに関わるネタです。
それだけ世間が、野球の日本代表の動向を知りたがっているということではないでしょうか。


是非とも日本を元気づけるためにも、頑張ってもらいたいです。
好景気を、日本全土に(宮崎だけでなく)!!

頑張れ、日本代表。
日々の努力が実りますように。

ジャパン通信社もみなさまの発展に力添えできるよう、さらなる質の向上を目指して、日々努力していきます。
posted by 調査担当 at 09:25| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

雑誌の連載

ジャパン通信社で毎日雑誌を黙々と読んでいると、
この雑誌にはあの人の連載が、あの雑誌には著名な人が毎回登場してる、
など雑誌の傾向が丸見えです。
特筆すべきは多くの女性誌&美容系雑誌での連載をもってらっしゃる斎藤薫さん。
「女とは?」を心のもちようの面から教えてくださる、
もはや美容ライターというには申し訳ないほどの”女師匠”です。

”女師匠”といえば、2008年、私の心をかっさらっていった方がいます。
ファッション誌[steady.]に、総合誌[新潮45]などで連載をもっている方です。

その名は、マツコ・デラックス。

一度は耳にしたことがあるでしょう。
また彼女(?)はテレビでも活躍されてらっしゃるので、
ご存知の方もきっと多いはず。

まず、彼女(?)のプロフィールより。
「美容師や雑誌編集者を経て、現在はエッセイスト、コメンテーターとして活躍。TBS系『ピンポン』の金曜レギュラー、MXテレビ5時に夢中」水曜レギュラーとして出演中」
(steady.の連載「マツコ・デラックスのイイ女養成講座」より抜粋)

私がプッシュするマツコさんのいったい何がいいのか? というと、
毒です。毒。 オネエ言葉による、誰とも比較しようないほどの強烈な毒は、
私にとっては“愛”と感じられるのです。
(私が偏った読み方をしているかもしれません。ご了承ください。)

例えば、東京・京都間の新幹線での話。
あなたならどういったことを書きますか?

新幹線が700系になり、しかもJR東海管轄の車両と西日本管轄の車両とで、
若干シート幅が異なっていることなんて、
毎週出張しているリーマンでもなかなかわからないでしょう。
しかし、マツコさんは身をもって感じるのです。

巨漢だから。

そのおかげで管轄している車両にあわせて新幹線に乗車するというマツコさん。
たまたまいつもと違う管轄車両に乗ったところ、
グリーン車のゆったりしたシートのはずなのに、
マツコさんのお尻(のお肉)は1席分ではおさまらない始末。
無理矢理おさめたところで、隣の席の京都旦那によるズバリ一言。

「もう無理なんちゃいますか〜。普通車で2席とった方がいいんちゃいますか〜」

詳しくは新潮45の8月号にありますので、取り寄せてご覧下さい。
文体も軽快で読みやすく、状況も細かく描写されているのでとても読みやすいです。

視点が違う人の感覚や考えを知ることが、
こんなにも面白く思えたのは久しぶりでした。

ということで女性自身1/20号で「有名人を“ばっさり斬る”ライター」今井舞さんも、
2009年オススメのおねえキャラタレントとしてプッシュされているマツコさんを、
今年も引き続き注目し、見守っていきたいと思います。

藤 峰子
posted by 調査担当 at 16:57| Comment(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

夕刊廃止

調査部2課のデラです。
ごぶさたしておりました。
年末年始にかけ、様々な仕事で忙しくしておりました。
それは年末年始という時期的な要因もありましたが、自分の調査する媒体が増えたりなど、任せられる仕事が多くなってきたこともありました。
思えば、私が入社したのは昨年2月の半ば。
早いもので、もうすぐ1年が経とうとしています。
新人もたくさん増えてきました。
自分もついこの間まで新人と呼ばれる立場だったのに、最近M部長に「デラくん、ピチピチ感が無くなってきたね!」とよく言われます。
仕事を覚えてきたね!と言われているのか、フレッシュさが無くなってきたね!と言われているのか、複雑な気持ちだったりします。


1年もたつと、自分が担当している新聞に愛着がわくものです。
先日、沖縄を代表する2紙・琉球新報沖縄タイムスが、3月から夕刊を廃止すると発表しました(沖縄タイムスは1月22日付、琉球新報は1月28日付紙面に社告として掲載)。
驚きました。それとともに、寂しくなりました。
自分の1年間担当していた新聞が大きな転換点を迎えたことは、さすがに衝撃が大きかったです。

理由は2社とも、広告の減少と原材料の高騰を挙げています。
広告収入について琉球新報は、03年の収入を100とした場合、08年は73・91%まで落ち込む、との見通しをしています。加えて、新聞用紙やインクの資材費が値上がりしたという事情が重なったことで、経費削減など内部努力のみでは限界となりました。かといって、購読料を値上げして読者の負担を増やす選択もしたくなかったことで、夕刊廃止を決定したようです。
廃止後は、朝刊の紙面を増やし、月の購読料を3160円から2990円に引き下げる(両社とも同じ)としています。

朝刊の紙面増についてですが、昨年10月に夕刊を廃止した秋田魁新報を使って、廃止前と廃止後に媒体がどう変化するか、独自の調査を行ったことがあります。
その結果として、夕刊の内容が朝刊に凝縮されたことで、一日を通した紙面の密度はそれほど変わらなかった、ということが分かりました。
沖縄の2紙も、朝刊の記事を充実させることで夕刊の廃止を補う、としています。
頑張ってほしいものです。
私は今月末まで、両社の夕刊をじっくり味わって読むことにします。


今回は沖縄の2紙をとりあげましたが、不況と原材料高には、各新聞社とも頭を悩ませていることでしょう。
ときには、大事な経営判断に迫られるかもしれません。

しかしそんなときだからこそ、ジャパン通信社から業界を元気にできないか、とも思うのです。
誠実に仕事をすることに加え、常に面白いものに挑戦していくことで、情報と活気の総合発信基地としてジャパン通信社があればいいなあ、と思っています。
そういうわけで、日々の調査をバリバリこなしながら、調査という仕事の特性やジャパン通信社全体の特性を利用して、何か面白いことできないかなあ、と考えていたりもします。
posted by 調査担当 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

新年あけましておめでとうございます。

2000年の春に入社して、10年が経とうとしています。

入社して「」わったこと。

会社が茅場町から築地に移転したこと

社員の数が2倍になったこと

売上が2倍になったこと

有望な後輩が増えたこと

会社を引っ張っていく立場になったこと

同期が水戸で新たな道でがんばっていること

去年、結婚したこと

体重が10キロ増えたこと

入社して「」わってないこと。

仕事に対する情熱

新聞が大好きなこと


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

調査1部 M部長
posted by 調査担当 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

育児と仕事

今回のBlogは、少々趣を変えて書かせていただきます。 私事も含まれていますことをご了承ください。

私Uはジャパン通信社に勤めてから〇〇年経つベテランではありますが、育児に関してはまだまだ新米ママです。 現在の日本では、働く母親の環境が厳しい状況にあると思います。 古くからある男社会の名残でしょうか? 逆に育児をする父親に対しても、なかなか理解を得るのが難しい世の中です。

「育児=家庭を守る」 こんな図式が社会にはあるのではないでしょうか? しかしながら、私を含め働く母親は増えている現状があります。 0歳児からの保育が可能な保育所もあります。 それだけ仕事に対してやりがいを感じて働いている母親がいます。 育児にやりがいや幸せを感じる父親もいることでしょう。

どうも家庭から一歩、外に出てしまうと会社中心の社会になりがちではないでしょうか? 自分たちが育った環境が下地にあることを忘れて・・・。 親に育ててもらい、またその子供たちは自分たちの子供を育てる。 それが自然な流れのはずなのに、どうしてもこの様なことが蔑になりがちですね。 もっと社会の中の育児が認められる世の中になってもらいたいです。 お金で潤う社会ではなく、もっとメンタルな部分が潤える世の中になってもらいたいです。

幸いなことに私は、かなり育児に対して理解のある会社に巡り合えていると思います。ジャパン通信社では育児を社会貢献の一環として考えています。 大きな枠で考えれば当然のことのように感じるかもしれませんが、企業がこのような体制をとるということは大変な企業努力が必要です。 これは会社側が長く勤めてもらいたいという願いが込められています。 私も自分が育児をする立場になり、このことを強く感じるようになりました。 仕事に対する意気込みは、育児を始めてからも変わりません。 育児に対しての気持ちも他の母親同様にあります。 
「育児=社会」 ジャパン通信社内でのこの図式は崩れて欲しくないですね。 

このような体制を維持できるのも、社員一人一人の協力があってのことと思います。 働く母親として、本当に皆さんに助けられていると思います。 いつもありがとうございます。 私はジャパン通信社で働けることを誇りに思います。 また、みんなが同じ気持ちで働けるような会社になるように努力していきたいと思います。

調査2部 U
posted by 調査担当 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

南仏テーマの新作がズラリ

みなさんはポロシャツといえばどこのものを着ていますか?
ラルフローレン? フレッドペリー? ポールスミス? ラコステ

私が男性にオススメしたいのはダントツでラコステです。
しかもプレーンな無地タイプ。
細かいチェックの細みパンツの組み合わせで
街を颯爽と歩いている男性を見かけると
どんな人なのか確認しないではいられない衝動にかられます。
たいがいしっくり着こなしているのはダンディな紳士か、
知的な男性くらい、というのが持論なのですが。。。

さてさて、最近ラコステからはデザインに凝ったタイプが
期間限定で販売されていたりしますね。

そこで見つけた、Esquire 1月号の「the style」にてラコステが!
ポロシャツだから特に目新しいわけではないのですが、
色やボーダーの間隔が素晴らしい。
襟で色を切り替えた淡い色合いのポロシャツに、スカーフをプラスするだけで、
「ただポロシャツきてみました」ファッションから、
「ちょっと洒落てみました」ファッションに様変わり。

ポロシャツをこうやって着こなすには偏差値70くらい必要ですが、
買う段階で本気を出すタイプ(ボーダーなど)なら偏差値はグンと下がるでしょう。

そんな中で私の心をトキメかせたのが、2月上旬発売の
ホワイト地にヨットのプリントが施されたタイプ。
プレーンじゃ物足りないけどボーダーまではいらない、
そんな気分に最高の一枚となるでしょう。

モデルは首にバンダナを巻いていますが、
紳士に着てもらうならネックレスでさりげなく、が希望。
「爽やかで清潔、でもちょっと楽しんでみました!」
それでこそ大人の男性のさりげない茶目っ気だと思うのは
私の勝手な思い込みなのでしょうか?

それとも、そもそもカメラマン三部さんと
モデルのブリティッシュボーイに騙されているんでしょうか?

そこはあえて答えをださないことにして、
2月から続々と投入される新作ポロから、早くも目が離せません。

藤 峰子

esquire0801.jpg
posted by 調査担当 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

朝バナナ

全国紙を担当しています調査1部1課のKです。

突然ですが、皆さんは朝ごはんは何を食べていますか?
ご飯にお味噌汁・魚に納豆の純然たる和食派、パンに目玉焼き・サラダの手軽な洋食派、
昨晩の残りから、ケーキまで、それぞれこだわりがあるかと思います。
ちなみに、パン派だった我が家の現在の朝食はバナナ。
きっかけは、9月26日の朝日新聞
「ダイエットに効く?バナナ品薄 テレビで特集、ブームに火」
9月19日にTBS系で放送された特集番組「ドリームプレス社」で「朝バナナダイエット」が紹介され、巷でバナナが品薄になっているという趣旨の記事です。
ご存知の方も多いかと思いますが、バナナダイエットとは、朝ごはんにバナナと水をとるというもの。他に、夜ごはんを早めに、日付が変わる前に寝るなど、細かい注意はありますが、朝バナナと水をとるのが基本です。
手軽で効果的なダイエット(という期待)にとびつく人が多かったのか、記事が出た頃、確かにスーパーからはバナナが消えていました。

朝バナナダイエットは2006年SNSのミクシィが初出。
やがて雑誌に掲載されるようになり、今年の6月にはお嬢様方御用達の「おもいっきりイイテレビ」で特集。この頃からバナナの売れ行きが伸び始めました。
そして9月の「ドリームプレス社」でピークを迎えます。
ネットの口コミから雑誌、TV、新聞と情報が伝播している絵に描いたようなブーム。
よく新聞に載るのはブーム終了の合図というような事がささやかれますが、今回の事例を見る限り、新聞はブームの頂点で報道しています。ブーム終了間近になるのは、賞味期限の来た情報を遅ればせて掲載しているためではなく、社会現象になって初めて取り上げるため。記事になる程の社会現象は、誰もが知るところであるが故に情報としての新鮮さとブームとしての魅力を失ってしまうのでしょう。
11月4日、yahooニュースに次のような記事がありました。
「バナナダイエット」ブーム 1ヶ月程で終焉、売り上げ通常に」
どうやら、スーパーの在庫不足や価格の高騰を招いたブームは終了したようです。

私事ではありますが、朝バナナのその後。
飲み物が水でなく紅茶だったり、夜遅い時間にごはんを食べたりと基本を無視した中途半端な朝バナナ生活でマイナス1.8キロという結果になりました。
巷のブーム終了を尻目に、しばらくはバナナのお世話になる日が続きそうです。
posted by 調査担当 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

日経平均株価銘柄のニュース

おはようございます。
営業管理部 ハシです。

本日は、ジャパン通信社とも関係が深い、ワイズワークスプロジェクト社が行なっているWebクリッピングからです。

ワイズワークスプロジェクトの「あいしーM」さんは、ほぼ毎週日経平均株価銘柄のニュースについての調査をされています。

一部を抜粋してみましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<10/28(火)〜11/03(月)>
・コメント
 前回2位だった新日本石油が1位にランクUPされています。
 社会人野球の田沢氏に関する記事が多く露出しています。

<10/27(月)〜11/02(日)>
・コメント
 前回4位だったアサヒビールが1位にランクUPされています。
 決算報告記事が多くを占めていますが、それ以外としては元会長の村井氏死去に関する記事などが見られています。

<10/24(金)〜10/30(木)>
・コメント
 前回8位だったNTTドコモが1位にランクUPされています。
 株価に関する記事や、携帯製品・サービスに関する記事が多く露出しているようです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あいしーMさんからのコメントです↓。
報道は企業発だけではないので、報道数推移から時事的背景などが読み取れると面白いかなと。


詳細のランクもありますので、簡単な世情調査にもなると思います。

特に世情が安定しない昨今。1週間に一回のblogチェックで、日本の動きを読み込んでみませんか。
posted by 調査担当 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

2008年度グッドデザイン賞の受賞

こんにちは。調査2部3課のKです。
少し前の話ですが、10月8日、2008年度グッドデザイン賞の受賞結果が発表されました。大賞は11月8日発表です。
トヨタの「iQ」やリコーの「RICOH GR DIGITALU」が大賞候補になっているのはテレビのニュースなどでも知られていますが、広島県にあるアトム株式会社の「らくらく長靴大地」をご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
専門紙を調査していると、そんなレアなニュースに出会えることがあります。

ということで、3課のみなさんから「私が見つけたレアなグッドデザイン賞」を募集しました。

 N澤さんは保健産業新聞でアロカ株式会社の超音波診断装置「
プロサウンドアルファ7」と骨粗しょう症診断装置「DCS-600EXV」を発見。操作性などで高評価を受けたそうです。さらに「機器の色彩も、被検者が安心できる」んですよ!

M江さんからは株式会社マルタカの「モテるんパックセンターイン」を紹介していただきました。日本農業新聞によると、米袋の1辺に不織布の持ち手をつけたものだそうです。米袋は重くて持ちづらいので、持ち手がついたら便利ですよね。

 こうして毎日クリッピングの仕事をしていると、世の中にはまだまだ自分の知らないことがたくさんあるんだなぁと変に感心していまいます。
これからも日々是、クリッピング道を極めるために精進していきたいです。
3課のブログ当番はひとまずこれでおしまいです。
読んでくれた方、ネタを提供してくれた方、ありがとうございました。
posted by 調査担当 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

3課の5人姉妹

 こんにちは。調査2部3課のKです。

前回は自分の趣味の話ばかりしてしまったので、今回は3課のみなさんを紹介させていただきます。
3課は5人で産業経済紙と業界専門紙、雑誌を担当しています(一部の専門紙は他課の調査員が担当しています)。
余談ですが全員女性で、偶然にも全員が仕事中はメガネ着用です。

 まずは、課長のN澤さん。医薬・粧品、電気・電波、土木・建築といった専門紙のなかでも難解なジャンルを読みこなし、産業経済誌のチェックも担当。さらに社会人大学に通う努力家であります。
そして、日刊工業新聞と農林・水産、交通・運輸、鉄鋼・機器、雑貨の一部を担当するM江さん。さまざまなジャンルを調査するので業界研究に余念がありません。以前、弊社クライアントからクリッピング依頼のあったゴルフ場をすべて見やすい一覧表にまとめてくれました。ゴルフ雑誌を調査することのある私は、その表がとても重宝しております。
お次は日経産業新聞と食品担当のAちゃん。3課に異動する前は1課で日経新聞を担当していたこともあり、調査のスピード・質ともに申し分のないスーパー調査員です。ちなみに「はにわ」が大好き。入社1年目のY本さんはフジサンケイビジネスアイと経済・商業、雑貨の一部を担当。弊社の調査員はクライアントから依頼のあった調査テーマをまずノートにまとめてから調査、クリッピングをしているのですが、そのノートの美しいことといったら!日々の努力の結晶であります。
最後に私Kは日経MJと石油・化学、娯楽を担当しております。

 それぞれ違うジャンルを担当していますが、調査テーマによっては複数のジャンルに重なるものもあります(例えばタイヤ業界の動向が石油・化学系と交通・運輸系の新聞に掲載されたり、商業施設の動向が経済・商業系と土木・建築系の新聞に掲載されたり)。
また、専門紙に掲載されたことがきっかけで他の媒体(全国紙や雑誌)に掲載されることもあります。
そういう場合、お互い注意を促してミスを未然に防ぐようしています。一見、個人プレーに見えるクリッピングの仕事ですが実はチームプレーも大切なのです。
以上、3課の5人姉妹・四女のKでした。
posted by 調査担当 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

Zの部屋へようこそ 2

まずはお詫びというかお知らせから。
先日ご紹介した『diaries』10月1日の11月号を持って休刊と相成りました。
面白い所もあったんですが、やはり『東京カレンダー』との差異が打ち出せなかったのでしょうか。残念です。

 気を取り直して、最近出版された雑誌の中で、紹介したいと思ったのがKKベストセラーズから出版された『Groom』。要は男性向けの『美的』と言おうか、身だしなみ全般の製品満載のムック本です。思えば、男性誌に化粧品が載るようになったのは、いつの頃からだったでしょう。『LEON』辺りで連載が始まった後からは、様々な雑誌にも普通に紹介され、市民権を得てきたようですが。そう考えると、ついにここまできたかーという思いの反面、なぜ今までなかったのかという感じもします。肝心の中身はと言えば、これ一冊で身だしなみの悩みは全て解決、これから身だしなみにも気をつけなければ、と思っている男子には教科書的な、ヘアケア、スキンケアからムダ毛処理、エステまで、となっています。プレゼンで勝つ爪の作り方などは、女子的にも参考になるのではないでしょうか。続いて出るかどうかは微妙なようですが、これもあり、なのではないかと思います。

 ジャパン通信社では、この時期、広告関係者には一家に一冊!のMEDIA手帳の改訂を行っています。ぎりぎりまで新鮮な情報をご提供したいとがんばりましたが、いかんせん次から次へと変更が…今回は作業も遅れていたので、関係各所にはご迷惑をおかけいたしました。ですが、年末にはいつも通りお届け出来ると思います。そして来年は今年の反省を踏まえ、更に良いものを作っていきたいと思っています。

posted by 調査担当 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査部より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする