2011年01月19日

国会図書館とマイクロフィルム

皆さんは国会図書館に行ったことはありますか。
永田町にあり日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存しています。

ジャパン通信社ではクリッピングの為に取り扱っている2,293紙誌の新聞・雑誌は常に社に届きます。しかし膨大な数が社内にあるわけではなく、クリッピングが終わった後の新聞・雑誌に関しては過去数ヶ月間は社内保存し、その期間が過ぎたものは随時処分しています。

クリッピングは基本、事前にご依頼いただき、今後発行されるものを対象におこなってゆくのですが、過去の掲載記事が確認したい。というご要望が少なからずあります。
そのような場合は別途バックナンバーを購入するのですが、それでもあまりに古いものは購入できません。発行元にも在庫がない場合は、過去のものが保存してある図書館を利用し掲載を確認することがあります。

そこで出向くのが図書館。
国会図書館では過去の新聞に関して、一定期間がたつと原紙ではなくマイクロフィルムという形態にて収められています。
マイクロ画像.jpg

マイクロフィルムは、このようなリール状に巻かれており、
閲覧したい場合には希望の新聞、年月を指定し、貸し出してもらいます。

閲覧の為には専用のブースがあり、このマイクロフィルムをリーダーにセット。
(これが慣れないと難しい)
そしてピントや位置を調整し、あとはくるくると回転させながら紙面を確認してゆきます。
マイクロフィルム着.jpg


これがコツが掴めるとなかなか面白い。
我々はクリッピングのプロですから、読むのも該当箇所を見つけることはお手のもの。
リールをく〜るく〜るくるっ!と高速回転し、目的記事をぴしゃりと見つけます。
マイクロフィルム回転.jpg


館内にはリールの回転音が響き渡ります。

マイクロフィルムの終点(採録紙面の終わり)はこんな感じになっています。
マイクロフィルム終.jpg


見終わった後は逆回転でフィルムをもとに戻して返却です。
もちろん希望の箇所の複製も出来ます。
マイクロフィルム案内.jpg


なかなか面白いので一度、体験してみてください。
過去の紙面、自分が生まれた日の紙面なんかも確認できますよ。
(昔はこんな記事や広告が載っていたのか〜なんて、感慨に浸ったり)

おっと、日曜日や祝日などは休館ですので行かれる際はご注意を。


posted by 調査担当 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

今年度のスケジュールご報告

師走とは良く言ったものです。
ジャパン通信社も年末に向け、ラストスパート中です。

さて、営業管理部ハシからの、今年度のスケジュール報告です。

2010年度手帳ですが、本日12月21日から順次配布させていただきます。
どうぞご確認下さい。

また今年の最終記事発送日は12月24日となっております。

今年も後10日を切りました。
頑張って過ごしたいと思います。


それでは短いですが、本日はここまでで。
posted by 調査担当 at 10:25| Comment(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

クリッピング FAQ

今年は冷夏ですね。
35度を超えないと身体が楽で嬉しいのですが、農作物の実りが心配です。

さて、本日のトピックは「FAQ」です。

実はジャパン通信社のHP、少し前に一新されております。
そのタイミングで、実は「FAQ」ページを作成いたしました。

例えば……

----------------------
Q.クリッピングとは何ですか?
A.お客様のご依頼されたテーマに応じて、新聞・雑誌から選び採られ収集された記事のこと。
  形など詳細は下記ご参照下さい。
http://www.japan-tsushin.co.jp/clipping.html

Q.どうやって調査され、クリッピングされるの?
A.取り扱いの約2200の新聞・雑誌を、人が読み込んで適切な記事を選び採って調査しています。記事がふさわしいか確認後、

各顧客にクリッピングされ届けられています。

Q.広告のクリッピングはできる?
A.どんな内容でも、新聞・雑誌に掲載されるものであればなんでも承ります。
  ご相談下さい。
  もちろん、広告のクリッピングも可能です。
----------------------

など、よくお問い合わせいただく質問をアップしております。

意外に知られていないようだったので、ここでお知らせさせていただきます。

それでは、本日はお知らせのみにて。


<ICM通信報>
7月4日の「ICM通信」は……「「古賀淳也」日本新で銀」でした。

posted by 調査担当 at 11:16| Comment(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

クリッピングができるまで 〜その3〜

とりあえず連載ができて良かった……、と安堵している営業管理部ハシです。
進むごとにお仕事紹介になっておりますが、ジャパン通信社での内情が少しでも見えてきたかな?と思います。

さて本日は、記事をクリッピングするだけではないジャパン通信社の「加工部門」となります。
この部門はクリッピング後の「ファイリング」「広告換算」「冊子作成」等を中心に行なっております。
様々な方々にご贔屓いただいている部門です。

さてサービスその1は「ファイリング本」。
新聞記事を切り抜いているので、現物の形はまちまちです。
手元に届いても、自分たちで資料として保存するにはそのままでは良くない=手間隙がかかる。
オプションひらめきではありますが、紙に記事を貼りこんでファイリング後、顧客の手元に届けるサービスがあります。
意外にファイリングは大変あせあせ(飛び散る汗)です。
新聞はタブロイドやブランケット版。
専門紙はそれこそ様々なサイズです。
雑誌も統一した大きさではありません。
明らかに通常サイズファイルでは貼り切れない記事の大きさで掲載があったりします。

そんなお客様の手元に、開くだけで情報が整然ぴかぴか(新しい)と並んでいるファイルをお届けすることができるサービスです。

サービスその2は「広告換算」。
上記に加え、記事をデータ表におこすサービスです。
記事量を測り、広告効果を金額にて換算します。
これもお客様の手元作業を減らすため、ご希望が多いサービスの一つ。

新聞・雑誌問わず、ジャパン通信社で取り扱っている媒体ほぼ全てを網羅したデータに基づき、エクセルにて広告効果金額を算出しお届け。

5mm単位にも拘って記事量を算出しています。
また記事をエクセルで管理できる部分も、ご好評いただいています。

サービスその3は「冊子作成」。
集めた記事を冊子本にして配りたい! 
そんなご要望にもお答え。
昨今著作権問題が大きく取り上げられています。
冊子にする場合、著作権に沿う形で出さなければなりません。
そんな面倒な著作権交渉から冊子まで。ジャパン通信社が一括して承っています。
元々著作権には敏感な会社です。
各新聞社につながりが強い。
詳細はお問い合わせ下さい(CMでするんるん)。

加工サービス紹介をしたところで。
恒例の担当者から(強奪している)コメントをご紹介。
今回は加工部門統括のバティさんです。

-------------
加工課のミスターXことバティです。誰も呼んでくれませんが。

当社は新聞・雑誌からほしい情報をお届けするのが基本ですが、
「新聞記事が大量に送られてきても全部見れないし整理できない。時間がない」ってことはよくあることだと思います。
HPにも載せておりますが、加工課では一覧表作成・広告換算作業などのデータ入力、その他クリッピング記事の整理やファイル冊子を作成する業務などを行っております。
やはり、記事のボリュームが多いほど整理する時間も膨大になっているかと思います。
納品形式もお客様に合うようにカスタマイズも可能ですので、ぜひご一報を。

-------------
バティさん、ありがとうございました。
出稿分析やWebクリッピング、TVモニターなど、まだまだ細かいサービスを提供しておりますが、それらはまたの機会に。


次のblogは調査部blog企画担当の東乗がアップしてくれます。
お楽しみに!
posted by 調査担当 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

クリッピングができるまで 〜その2〜

おはようございます。営業管理部ハシです。

本日は「クリッピングができるまで」連載、第2回目となります。

前回は注文を受ける営業部を紹介いたしました。
本日は、実際に記事をクリッピングする現場「調査部」をご紹介いたします。
まずはどんな部署なのか、写真にて。

all-research.gif

これが調査部全体画像となります。1フロアほぼ全体を占める調査部隊です。
ジャパン通信社調査部が行なうのは、実際の記事を読んでクリッピングをすること。
データーベースでの検索等ではありません。人が読み、判断したものをクリッピングします。
前回でも記載されましたが「新聞/575紙318版。雑誌/1307誌。計2200紙誌」を、40人前後で毎日読んでいるのです。

newspaper-yama.gif 一人あたり、毎日これくらいひたすら読んでいます。

インターネットの発達による情報提供により、どのようなサービス提供にもスピードが要求されるようになりました。
時代に合わせつつ、1紙1誌丁寧に、かつスピーディに。1800以上あるテーマから瞬時に情報を、人の頭脳だけで取捨選択しなければなりません。概念的なテーマもあります。本当に小さな記事もあります。また欲しい記事の問い合わせがあれば、この山から該当記事を探し出す作業を、毎回行なっております。
必要な記事だけ1日中、担当15紙誌以上を隅々まで読み込みひたすら選び採っていく、頭を酷使する部署でもあります。

2200媒体取り扱っていても、まだまだ日本には沢山の発行物があります(営業部にたくさんの問い合わせが舞い込んできます)。
これらに加え、毎日発売される書籍をも読みこなせる日本人の知識レベルは、世界的に見ても本当に素晴らしいのでしょう。

さてここで、来週から2週間、本blog更新担当責任者になる調査部課長Henryさんに(これまた無理やり)コメントをいただきました。

-------------------------------
はじめまして、調査部2課のHenryです。調査歴、ちょうど6年。
この課は前回営業のHさんからご紹介にあずかりました
北は網走タイムズから南は宮古毎日新聞まで、の地方紙部隊です。
プラス全国のスポーツ紙を扱っています。
私の中で、今日本に地方紙ブームを巻き起こしたくてたまりません。
なぜなら、映画「クライマーズハイ」を見て触発されたから。
(営業部長に我々の業界のバイブルといわれて観た)
ああ、地方紙って熱い!!地方紙には地方の誇りと情熱が詰まっている!!と
感じながら、日々新聞と向き合っています。
仕事に誇りを持つというのは重要なことです。
それはモチベーションにも繋がると思いますから。

デラくんの話にもありましたが、調査部とは何をしているところ?と友人によく聞かれます、私も。
みんなが思い浮かべるのは交通量調査みたいなもの?という感じらしいのですが。
近からず遠からず、というところでしょうか。
膨大な台数の自動車やらトラックやらが行きかう道路を調査し、必要なナンバーだけを数えていく・・・・・・
うちの仕事であれば膨大な媒体の中から、
お客様が必要としている記事を採っていく・・・・・・。
ただ、その顧客の必要としているテーマが1800項目以上ありますから、
直球ど真ん中で採れるテーマもあれば、ストライクゾーン広めに設定してあるテーマもあり、結構苦戦を強いられることもあります。
しかし、そこがアナログ(人の目を通して記事を採る仕事)の腕の見せ所です。
機械での検索とは違い、微妙なニュアンスや抽象的なテーマなどにも対応できるようにはしてあります。

そしてそれには努力の積み重ねと鍛錬が必要です。

まあ、ブログのタイトルにもあるように、日々是クリッピング道ぴかぴか(新しい)、で邁進していく所存です。

ono-san.gif
-------------------------------
Henryさん、ありがとうございます。
上の写真の状態の時、声をかけてコメントをいただきました。
お邪魔して申し訳ありませんでした……。

さて、次回は「クリッピングができるまで 〜その3〜」。
「加工部門」となります。
この部門はクリッピング後の「ファイリング」「広告換算」「冊子作成」等を中心に行なっております。
次回も是非、ご贔屓に。
posted by 調査担当 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

クリッピングができるまで 〜その1〜

営業管理部ハシです。
本格的に暑くなってきました。
あまり冷房設備のよくない我が社は、うだるような熱気がこもっております……。

さて今回からは「クリッピングができるまで」を、3回に分けて連載したいと思います。
お客様へオーダーいただいた記事が届くまでのプロセスのご紹介。
データーベースではない弊社の魅力をお伝えいたしましょう。


まずは営業部。こちらでお客様からの発注をいただきます。
(外回り中なので、写真内に営業部全員はいませんが…)
eigho.gif
随時1800以上のテーマと8000以上のお客様から受注をいただいた実績を元に、注文の相談・適切なテーマの設定・記事の到着までを受けている、我が社の窓口です。
また新聞や雑誌のみならず、Webサービス・TVモニターの受注も全てこちらで承っております。

現在のメンバーは5人。ハシ以外は偉い人ばかりだったりします。
このblog立ち上げにも支援していただいた、ハシの上司Hさんに(ほぼ無理やり)下記blogコメントをいただきました。

----------------------------------------
こんにちは、営業管理部のHです。

調査部で5年、その後営業部に移り8年になります。
営業として、顧客と話をしていて意外と驚かれることが多々あるのですが、そのなかで2、3挙げますと、

1) クリッピングは全て人の目を通して行っているということ。
→PCやケータイのように機械的に検索するのではなく、調査部の約40名の社員によって、新聞・雑誌の全ページに目を通し記事を選び採っています。人が判断できるものであれば、クリッピングの対象は抽象的な内容のものでも、写真のみ掲載のもの、広告でも可能です。難しい内容でもまずはご相談ください。調査部デラ君の回に記されていたように、クリッピングされた記事には、社員ひとりひとりの判断と、熱い想いも込められています。

2) クリッピング対象媒体数の多さ。
→新聞で575紙318版。雑誌で1307誌。計2200紙誌。個人ではここまで読めません。地方紙ですと北は網走タイムズから南は宮古毎日新聞まで、業界紙ですと日本農業新聞や半導体産業新聞。雑誌ですと文藝春秋から小悪魔ageha等。全国津々浦々のローカルな話題から専門的な内容のもの、最新の動向記事まで。国内で販売している多種多様なメディアを全て購入し、クリッピングしているのです。

3) ジャパン通信社は築地にある。
→クリッピング記事は郵送にて届けられるので、所在地は意外と気にされていないようなのですが、東京都中央区築地にあります。築地場外市場はもちろんのこと、銀座へも5分圏内という場所です。業務は9時からなのですが、お近くにお越しの際はぜひ来社ください。

その他、ご相談等ありましたらお気軽にご相談ください。
----------------------------------------

Hさん、ありがとうございました。

さて、次回は「クリッピングができるまで 〜その2〜」。
我が社の主動部隊である「調査部」の案内となります。
どうぞ引き続きご確認下さい。
posted by 調査担当 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クリッピング業務とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする